ビーツの栄養効果

むくみ対策(脱塩効果)

ビーツはカリウムを豊富に含み、細胞の浸透圧をナトリウムとともに維持・調整する働きがあります。余分な塩分の排出を促しすため、むくみが気になる人にとっては、積極的に摂ってみると良いでしょう。

美肌効果

美肌作りに欠かせないビタミンCやたんぱく質の分解・合成をサポートするビタミンB群、葉酸や食物繊維も含まれています。コラーゲンの生成に役立つビタミンCは、美肌には欠かせない栄養素です。

血流を良くする効果

ビーツには、NO(エヌオー)と呼ばれる一酸化窒素が豊富に含まれており、血流の循環を良くする効果が期待できます。血行が良くなることで、疲労回復や冷え性・肩こりの改善に役立つとされているんですよ。

腸内環境を整える

ビーツには天然のオリゴ糖も含まれており、食物繊維との相乗効果で腸内環境を整えてくれます。腸内環境を整える善玉菌は、食物繊維とオリゴ糖を餌にして働き、コレステロールの抑制、老廃物を体外に排出する作用があります。

肝臓の機能向上

ビーツには、肝機能を高める効果が期待されています。肝臓への脂肪蓄積を防ぐベタインの働きにより脂肪肝の予防、また、脂肪の解毒作用を促すグルタチオンを増やすことから肝硬変の予防対策が期待できるそうす。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS