ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

長芋とは?

長芋は、ヤマノイモ科の栽培種で「肥大した担根体」を指します。長芋とよく似ている「山芋」は、長芋・自然薯・大和芋などの総称です。大和芋は、地方や産地によって「伊勢芋」「つくね芋」などと呼び分けられています。

長芋は粘り気がほどよくアクが少ないので、生でもおいしく食べられます。そのまま千切りにしたり、すりおろしたりするのがおすすめ。また、火を通しても食感や味が楽しめます。アレンジ自在な野菜のひとつです。

気になる長芋のカロリー

長芋100gのカロリーは?

長芋100gあたりのカロリーは64kcal。同量のさつまいもと比べるとカロリーが低いものの、じゃがいもや里芋より高カロリーです。(※1)

1本分のカロリー

長いも1本(約500g)のカロリーは320kcalです。(※1,2)

長芋と自然薯の違いとカロリーの比較

自然薯は「自然生(じねんじょう)」とも呼ばれ、その名の通り山に自生している天然のヤマノイモです。近年では栽培が盛んになり、形のきれいなものが市場に流通しています。

長芋とは異なり、自然薯は高級食材で、1本あたり3,000円以上するものもあります。自然薯のカロリーは100gあたり118kcalと、長芋の約2倍です。(※1)

長芋の栄養

長芋には、カリウムをはじめとするミネラルが豊富。また、ビタミンB群やビタミンCなどが含まれています。

さらに、長芋は「ジアスターゼ」や「アミラーゼ」などの消化酵素を含むのが大きな特徴。デンプンの消化を助けるので、胃もたれ対策にぴったりですよ。加熱するとアミラーゼの活性が失われるため、ぜひ生のまま摂ってくださいね。(※1,3,4,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ