ニーズや好みに合わせる「成分調整牛乳」

成分無調整牛乳に対して、乳脂肪分やミネラル、水分の一部を除去して濃度などの調整がおこなわれたものを指します。無脂乳固形分が8.0%以上であることが必須です。スーパーなどで販売されている牛乳の多くが、調整牛乳なんですよ。

味わい

調整牛乳の味は、どの成分をどれだけ除去するかによって変わります。たとえば乳脂肪分の一部を除去した場合はあっさりと薄めの飲み口に、水分の一部を除去した場合は割合として乳脂肪分が増えるため濃い飲み口になります。

カロリー控えめ「低脂肪牛乳」

乳脂肪分のみを除去した調整牛乳のうち、乳脂肪分が0.5%以上1.5%以下のものを指します。スーパーで売っているのをよく見かけますね。無調整のものより比較的リーズナブルで、脂肪分が少ないためカロリーが低いのも特徴のひとつです。

味わい

味わいは無調整のものと比べて薄く、淡白な飲み口が印象的。成分無調整牛乳だと濃くて飲みにくいという方は、一度低脂肪牛乳を試してみるといいかもしれませんね。

脂肪分を大幅カット!「無脂肪牛乳」

低脂肪牛乳よりもさらに脂肪分を取り除いた無脂肪牛乳は、乳脂肪分のみを除去した調整牛乳のうち、乳脂肪分が0.5%未満のものを指します。 カロリーを抑えたい方には豆乳も支持されていますが、カルシウムの量は牛乳のほうが多いですよね。そのためカロリーは控えたいけどカルシウム不足は気になる、という方にとって無脂肪牛乳は救世主とも言える種類です。

味わい

さっぱりと飲める無脂肪牛乳は、好き嫌いが分かれやすいとされています。クセが少なく飲みやすいという方もいれば、薄くて牛乳を飲んだ気がしないという方も。味わいが好きになれない方は、シリアルにかけたりカフェオレにしたりするといいかもしれませんね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS