ローディング中

Loading...

小学校の頃、給食のおともとして親しまれてきた「牛乳」。栄養豊富で、やさしい味が特徴ですよね。今回は、そんな牛乳の種類や、品種についてまとめました。知って得する豆知識をご紹介するので、ご購入の際に役立ててくださいね。

日々の生活に取り入れられている牛乳

「栄養の宝庫」とも呼ばれ、家庭の冷蔵庫には必ずと言っていいほど置いてある「牛乳」。冷たいままでも、温めて飲んでもおいしいですよね。日常的に飲んでいる牛乳ですが、種類や牛の品質まではよくわからないという人も少なくないのではないでしょうか。

今回は、牛乳について詳しく掘り下げていきたいと思います。お料理に使う時や健康のためにも、牛乳についてより詳しくなりましょう。

牛乳の種類をおさらいしよう

牛乳の種類をどれだけ知っていますか?それぞれの特徴をおさえておくと、その日の気分や使いたい料理に合わせて選べるようになりますよ。

無調整

しぼったままの生乳(原乳)の成分を調整していない牛乳です。調整していないので、季節による成分の変動があります。冬場は成分中の脂肪分が高まり(無脂乳固形分8.7%以上、乳脂肪分4%以上になることがある)夏場は、牛が乳脂肪分の元となる繊維質の含量の少ない青草を多く摂るために、脂肪分が減り、味が薄く感じられることがあるそうです。

学校の給食に出てくる牛乳は、多くがこの「成分無調整牛乳」とのことです。確かに、学校の牛乳って、一年の中で味が変わっていたような気がします。

特別牛乳

大きく分けると、「成分無調整」の中に分類されます。その中でも、「特別牛乳さく取処理業」の許可を受けた施設で製造された牛乳は、特別牛乳として販売されます。

無脂乳固形分は8.5%以上、乳脂肪分は3.3%以上ないと認められません。また、細菌数は1ミリリットルあたり30,000以下、大腸菌群が陰性であることも条件です。もし、加熱殺菌をおこなう場合は、63度~65度で30分間おこないます。

無調整乳の中でも、さらに厳しい基準を設けた「特別牛乳」は、2015年の段階で日本では「想いやりファーム(旧:中札内村レディースファーム)」「雪印こどもの国牧場 」「クローバー牧場」「白木牧場」の4か所でしか製造されていません。とても貴重な牛乳ですね、一度は飲んでみたいです。

調整牛乳

「無調整牛乳」に対して、乳脂肪分の一部を除去したり、水分を一部除去して、濃度を上げるなどして、生乳から乳成分などを除去したもののことを言います。

無脂乳固形分は8.0%以上であることが必須です。ちなみに、「無脂乳固形分」とは、牛乳の乳脂肪を除いた固形分のことです。固形分とは、主にカルシウム、ナトリウム、マグネシウム、リンなどのミネラル類のことだそうです。牛乳の栄養分の高さを表すような数字のようなものだそうです。

低脂肪乳

乳脂肪分のみを調整した牛乳のうち、乳脂肪分0.5%以上1.5%以下のもののことです。スーパーで売っているのを、よく見かけますね。無調整のものより比較的値段が安いので、購入しやすいのもありがたいです。

無調整のものに比べ、カロリーや脂肪分が少ないので、ダイエット中の人に向いています。牛乳の味が薄めなので、無調整のものだと濃すぎて飲めないという人にも好まれています。

無脂肪牛乳

あまり見かけることのない「無脂肪牛乳」は、乳脂肪分のみを調整した牛乳のうち、乳脂肪分0.5%未満のもののことを指します。

カロリーを抑えたいひとには、豆乳も支持されていますが、カルシウムの量は、牛乳の方が多いですよね。そのためカロリーは控えたいけど、カルシウム不足は気になる、という方は、低脂肪乳や無脂肪牛乳の方がよさそうです。

これからの季節、さっぱりと飲めるので、無脂肪牛乳を好む人もいるようです。少し独特の風味などがどうしても気になるというときは、シリアルにかけたり、カフェオレにしたりして飲むと、あまり気にならないようですよ。

成分調整乳

調整した牛乳のうち、低脂肪牛乳・無脂肪牛乳に該当しないもののことで、生乳に含まれている水分や乳脂肪分などを一部除き、成分を調整しています。

原乳の生産者価格が引き上げられた2008年あたりから、この「成分調整牛乳」が市場で増えています。確かに、最近スーパーの牛乳コーナーの多くを占めるようになってきた気がします。

牛乳の4つの品種とブランド

牛乳の種類の次は、牛の品種や、その牛を使った牛乳の商品をみていきましょう。スーパーでよく目にするような牛乳から、なかなか世に出回っていない特別な牛乳など、一度知ったら飲んでみたくなるかもしれませんよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

伝説の焼きアイスも復活!食べなきゃ後悔の「10月コンビニアイス」5選

アイスクリーム まとめ

肌寒くなってきた秋でも、まだまだコンビニアイスが続々と登場しているんですよ!夏のアイスとは違い、濃厚でリッチな味わいが楽しめるのが秋アイスの魅力ですよね。今しか味わえない期間限定のアイスなので、ぜひお近くのコ…

プチプラで上質感♩ナチュラルキッチンのぬくもり系ハロウィングッズ5選!

ハロウィン おしゃれ まとめ

今回は2017年ナチュラルキッチンの注目「ハロウィングッズ」をまとめてご紹介!100円とは思えないクオリティのオーナメントやプレートなど、ファン歓喜の品々が揃っているようですよ♩実例も合わせてご紹介しますので…

今秋のスタバはサボテン!? ちょっと変わった「限定オータムグッズ」10選♩

まとめ

今年もスタバから、毎年大人気の「オータムデザイン」のオリジナルグッズは販売されました!秋の定番、紅葉柄から今年注目のサボテン柄まで、バリエーション豊富にそろえています。マグやタンブラー、ボトルなどの人気商品を…

余った焼きそば&麺のリメイクレシピ15選!主食におかずに大変身◎

焼きそば レシピ まとめ

手軽に作れて人気の焼きそばですが、作りすぎて翌日に「残り物」を食べることってありませんか?今回は、そんな焼きそばのリメイクレシピ15選をご紹介。ひと味違ったそばめしや焼きそばパン、余った麺の活用レシピもありま…

作り置きOK!「ミートソース」のレシピ&アレンジ3選

ミートソース パスタ レシピ 作り置き まとめ

子どもから大人まで人気のパスタと言えば、ミートソースですよね。今回は、基本のレシピや簡単なコツ、さらにアレンジレシピもご紹介。冷凍ストックしておくこともできるんですよ◎ おいしいミートソースを作って、いろいろ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

飲み会でついつい終電を逃してしまった時の対処法「5選」

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

激変!狭いキッチンのおしゃれ収納方法!引き出しや棚下に一工夫しよう

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

卵はスーパーだと常温保存!自宅で冷蔵庫に入れる必要ってない?

卵って販売時は常温で陳列されていますよね。では、皆さんは自宅でどのように卵を保存されてますか。おそらく大半の方が冷蔵保存と答えるのではないでしょうか。この差ってなんでしょうか?今回は、卵の保存に関する疑問につ…

赤ワインを料理で消費!煮込みからデザートまで、おすすめレシピ24選

レシピ ワイン 肉料理 まとめ

赤ワインは、特にお肉との相性が良いので肉料理によく用いられますが、お肉以外にも赤ワインを使った素敵なレシピがあります。ご飯ものやデザートも含めて、ワインマニアの私が赤ワインを使ったおすすめのレシピを24選、ま…

なめたけ以外も色々♩何度も作りたい「えのき茸」レシピ22選

レシピ きのこ まとめ

鍋物やおかずに活用できる「えのき茸」。今回は、自家製なめたけの作り方や、なめたけを使った時短レシピ、旨味たっぷりなえのき茸の人気レシピ22選に加えて、便利で簡単な「えのき氷」の作り方も紹介します。余すことなく…

ページTOPに戻る