6. カモミールヨーグルトマフィン

320円(税抜き)
ディーンアンドデルーカのパンの中で定評のあるマフィンは、旬のフルーツや人気の素材を使用したおしゃれな商品。様々なフレーバーが常時用意されています。その中から今回選んできたのは「カモミールヨーグルトマフィン」。黄色い花びらと、シュガーレイズドで飾られた表面がおしゃれなマフィンです。 紅茶が香るマフィン生地の中心には、爽やかなヨーグルトクリームがたっぷり入っています。ヨーグルトクリームはクリームチーズにレモンを加えたような味わい。柔らかく甘い生地と、酸味が際立つクリームが合体した、心地良い舌触りが印象に残るひと品。メロンパンの皮のようなさっくりとした表面の食感もおすすめです。

7. バナナクランブルケーキ

380円(税抜き)
朝食やティータイムにおすすめしたいのは、バナナとくるみがたっぷりと入った「バナナクランブルケーキ」です。カットした食パンのような形をしたこちらは、山型食パンほどのサイズ。山の部分には、お砂糖と粉を混ぜて作ったクランブルがザクザクとたっぷりかかっています。 しっとりとした生地には、歯ごたえの良いくるみと甘い香りのバナナが入っていて、フルーティーさとナッツの香ばしさが相性抜群。ドイツのライ麦パンのようなぎゅっと詰まった生地にバナナの自然な甘さが目立ちます。ケーキと名がつきますが 穀物ブレッドのような味わい。お好みでジャムやハチミツをつけても美味しいですよ。

8. プレッツェルクロワッサン

280円
続いてご紹介するのは、プレッツェルに使用する粗塩とクロワッサンを合わせた「プレッツッェルクロワッサン」。約15㎝ほどの横幅と固そうな見た目ですが、中の生地の気泡はひとつひとつが大きく、触れるとシューっと空気が抜けるくらいに柔らかです。 食べてみると、粗塩のしょっぱさが生地の甘みを引き出し、いつまでも食べ続けていたくなる味わい。バターの香りが濃いクロワッサンが好き、という人にもおすすめできる、コクが感じられる風味です。クロワッサンのパリパリとした表面ではなく、口になじむしっとり感。そのままでも、オリーブオイルをつけても美味しく食べられますよ。

9. ハーブクロワッサン

320円(税抜き)
こちらは、スタンダードなクロワッサンにハーブクリームを入れた商品。表面からは、バターのいい香りが漂ってきます。食べるときに散らかるのは嫌だなとおもいつつも、見るからにパリッパリの薄皮に惹かれます。 かじった中は、柔らかなだけでなくしっとりさもある上品な食感。パンの中心に、ハーブが香る濃厚クリームチーズが入っていて、サクサクの生地に絡みつきます。ワインと一緒に合わせたいラインナップ。

10. 岩塩プレッツェル

280円(税抜き)
最後は、焼き色が美味しそうな「岩塩プレッツェル」をご紹介。両手で円を作って少し余るほどの大きさです。プレッツェルというとカリッとした食感をイメージするかもしれませんが、ディーンアンドデルーカのプレッツェルは、もちっとした感触。ちぎろうとすると、粘るように生地が離れます。 食感は、もちもちとしたベーグルのような印象で、商品名に岩塩とつきますが、塩気はおだやか。淡白な味ですが、そのままで食べてもじわじわとほどよい塩気と甘みを感じます。フォカッチャやフランスパンのようにお食事のお供としておすすめです。

おわりに

ディーンアンドデルーカのパン商品、気になるものはありましたか?いつもとは少し違ったパンを食べてみたいときにおすすめです。お近くにお立ち寄りの際は、良かったらちょっとのぞいてみてくださいね。
※ 本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。
(文・写真:蒲原)
▼その他、東京にあるおすすめベーカリーはこちら
Photos:11枚
6. カモミールヨーグルトマフィン
7. バナナクランブルケーキ
8. プレッツェルクロワッサン
9. ハーブクロワッサン
10. 岩塩プレッツェル
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ