「クエン酸」たっぷりの食品10選。健康・美容に役立てよう!

クエン酸を多く含む食品、どんなものがあると思いますか?クエン酸は健康や美容に欠かせない大切な成分で、1日に摂取する目安量は2gといわれています。今回は、クエン酸を豊富に含む食品を10点ご紹介します。

クエン酸の健康&美容効果がすごい!

食品を摂ったときに感じる「すっぱい」と感じる成分、クエン酸。クエン酸は私たちの健康を支える貴重な働きを持っていて、食品から毎日でも摂取してほしい成分です。安価なサプリも出ており、体内の作用は同等でも、食品から摂取することがすすめられます。なぜなら、サプリだとクエン酸しか入っていませんが、食品から摂れば、クエン酸以外の有効成分も併せて得られるからです。

それでは具体的に、クエン酸にはどのような効果があるのでしょうか。「クエン酸回路」というキーワードをもとに、詳しくご紹介しましょう。

クエン酸回路の働き

私たちは食べ物から糖質、脂質、タンパク質を摂取します。これらをエネルギーに変える過程を「クエン酸回路」と呼び、この回路がスムーズに機能していると、エネルギーがどんどん作られます。

クエン酸は、いわば、この回路の潤滑油のような存在。クエン酸を補給することで、体内の老廃物や疲労物質の蓄積を防ぐ効果が期待できます。クエン酸といえば、「疲労回復」効果が真っ先に浮かびますが、それはクエン酸回路を活性化させることで、脂肪や乳酸を分解し、疲労物質の除去に働きかけることができるからなんです。

抗酸化作用

クエン酸には抗酸化作用があることも知られています。酸化とは要するに「老化」のことで、活性酸素という物質が体内で過酸化脂質に変わると、肌、目、血管、内臓、細胞の老化を引き起こします。この過酸化脂質の働きを抑えてくれるのが抗酸化作用で、アンチエイジングにとって欠かせない作用といえます。

クエン酸の摂取目安量

クエン酸を1日に摂る量の目安は、2gといわれています。日常的に運動している人や、疲労を抱えている人の場合、5g程度がよいそうです。正確に定められた摂取量の目安がないものの、クエン酸は健康の根本を支える「エネルギー産生」に不可欠なので、ぜひ毎日きちんと摂るように心がけたいですね。

クエン酸を多く含む食品

エネルギー生産とアンチエイジングという、二つの大きな効果を持つクエン酸。すっぱさを感じる成分ですから、想像がつくように、酸味のある柑橘類やお酢に多く含まれています。それぞれクエン酸の含有量を載せつつ、せっかくなのでクエン酸以外の成分にも触れながら、食品を一つずつ紹介していきましょう。

1. レモン

クエン酸を含む代表的な食品です。果汁100g当たりのクエン酸含有量は6.5gと、食品のなかでも飛び抜けて多くクエン酸を含んでいます。また、ビタミンCも豊富で、免疫力を高めたり、体内デトックスにも役立ちます。

水や炭酸水に割って飲めば清涼感を楽しめますし、お肉料理をさっぱりと食べられる作用もありますね。ケーキの材料としても役立ちます。
▼レモンを使ったおすすめレシピはこちら

2. ライム

レモンと同様に、クエン酸を特に多く含む食品、ライム。100g当たりのクエン酸含有量は約6gです。クエン酸以外にも、ビタミンCのほか、ビタミンEやビタミンBも含んでおり、カリウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富。ビタミン・ミネラル不足が指摘されている現代人におすすめの食品です。

はちみつに漬けたり、アルコールに絞ったり、マリネやグリルのアクセントにするとよいでしょう。
▼ライムを使ったおすすめレシピはこちら

3. 梅干し

梅干しもクエン酸を多く含む食品の代表的存在。100g当たりのクエン酸含有量は、約4gです。また、2種類の食物繊維(不溶性と水溶性)をバランスよく含んでいるため、便秘をよくしたり、腸内環境を整える作用も注目でしょう。利尿作用で老廃物を体外に排出させるカリウムも豊富。ただし、梅干しは非常に塩分が多いので、食べ過ぎは禁物です。

梅干しはシンプルにご飯のおともにしたり、和え物に使ったり、梅肉ソースとしてさまざまなレシピに活用できます。
▼梅干しを使ったおすすめレシピはこちら

4. キウイ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう