間違えるとキケン!旬の「新じゃが」の安全な調理&保存法

3~6月は、新じゃがが旬ですよね!料理に使う機会も多いと思います。でも調理法や保存法を間違えてしまうと大変なことになります。今回は、旬の「新じゃが」をおいしくたべるために安全な調理法と保存方法をご紹介いたします。

2016年3月31日 更新

間違えるとキケン!

3~6月は、新じゃがが旬! みずみずしくておいしい新じゃがを、ぜひ親子で味わいたいですね!

ママにとって身近なじゃがいもですが、調理法や保存法を間違えてしまうと大変なことに…! おいしく安全に旬のじゃがいもについてご紹介します。

新じゃがは調理もカンタンで栄養も豊富!

そもそも、新じゃがは普通のじゃがいもと何がどう違うのでしょう? 新じゃがには、ママにとってうれしい2つのメリットがあります!

皮ごと食べられて調理が楽チン!

1つめは、調理がとってもカンタンなこと。そもそもじゃがいもは、ポテトフライやじゃがバターなど、素材そのままの味を活かした料理が多いですよね。

さらに、新じゃがはより皮が薄く皮ごと食べることができます。皮をむく手間もかからないので、忙しいママにとってはうれしい食材です。

ビタミンCたっぷりで疲れや美容に効果アリ!

2つめはビタミンCが豊富であること。ビタミンCは、疲労回復や美容にいいと言われています。じゃがいもにもビタミンCは豊富に含まれていますが、新鮮な新じゃがは特に体にいいんですよ!

調理がカンタンで栄養も豊富なじゃがいも。「自宅にあるのが当たり前」「常備している」というママもいるのでは? でも、意外と調理法や保存法を誤解している方も多いのです。

新じゃがを食べるときに、気を付けるべきポイントをご紹介します!

『芽や緑色の部分に毒がある』というのは本当!

よく『じゃがいもの芽には毒がある』という話を聞くことがあります。これは本当なのでしょうか…?

ズバリ、本当です!

じゃがいもの芽や緑色の部分には、ソラニンやチャコニンという天然の毒素が含まれています。新じゃがは皮ごと食べることができますが、日光のあたるところに置いていると、発芽してしまうので気をつけましょう。新聞紙などで包み、暗くて涼しい場所で保管をするのが安全です。

また、リンゴなどから発生するエチレンガスは、芽を出すのをおさえる効果があるんだとか。一緒に冷暗所で保存すると、もっと安心ですね!

もし、毒素を含んだ部分を食べてしまうと、めまい、頭痛、嘔吐といった症状を引き起こすこともあります…。家族の健康のために気を付けたいですね。

冷蔵庫保存も実は危険!?

『暗くて涼しいところ』がいい。なら、「冷蔵庫が一番安全よね!」と考えるかもしれませんが、実はそれも別の意味で危ないのです。冷蔵保存したジャガイモは、揚げ物などの高温で加熱するのを避けましょう。

冷蔵庫に入れると、じゃがいものデンプンが一部糖に変わってしまいます。そして、揚げ物などの高温調理をすると、発がん性があると言われる化学物質(アクリルアミド)が発生してしまうのです! また糖を含んでいるため、揚げると焦げやすくなり、見た目も残念な結果になる可能性が高いのです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mamaPRESS

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう