大宮「アングランパ」は、完成された上質なケーキが食べられる洋菓子店

お店にあるどのスイーツも、これ以上ないというほど研究し尽くされたような味。どれを食べても嬉しい出会いがあるという大宮「アングランパ」のスイーツ。すでに地元の人には口コミで名前が広がっている、注目のお店なんです。

さいたま新都心のおしゃれ洋菓子店

「さいたま新都心」駅から徒歩5分。落ちついたダークブルーの外壁に、白い屋根が映える「アングランパ」があります。

店構えからも分かる通り、かなり本格的なフランス菓子のお店で、メニューも最先端のものが多く、地元の人の注目を集めています。
店内も、外観の期待を裏切らず、まるでフランスの洋菓子店に入ったかのようのなおしゃれな感じ。天井のシャンデリアや壁に掛けてある、デザインが施されたスキレットに、センスを感じます。

また、清掃も行き届いてとても清潔で、お客さんもとても気分がよくなるのだそう。
正面のショーケースから、横に目をやると、そこには焼き菓子やジャム、紅茶などが並んでいます。もちろん、焼き菓子はお店で作ったもので、それに合う紅茶が並んでいるのも嬉しいですね。

おうちカフェに必要なお菓子やドリンクが、ここのお店だけで揃えられます。

人気のスイーツを紹介

「シエル ディ ヴェール」(¥500)

こちらはホワイトチョコとピスタチオを使ったケーキ。ホワイトチョコレートのムースとピスタチオのクレームブリュレがとても滑らかな口どけ。ホワイトチョコが好きなひとは、絶対に食べて欲しいケーキだそうです。

「モンブラン」(¥450)

洋菓子の定番とも言えるモンブラン。こちらはフランス産のマロンペーストを使用しているというこだわりのひと品。マロンクリームは濃厚で、少し洋酒の味がするんだそう。下のタルト生地もサクサクで、おいしいそうですよ。

「フロマージュクリュ」(¥420)

一見「シエル ディ ヴェール」にも似ているようですが、こちらはクリームチーズとフランボワーズのケーキです。ケーキの中にフォークを入れると、中から鮮やかなフランボワーズジュレが出てきます。

濃厚なクリームチーズと、爽やかなフランボワーズの酸味が絶妙なハーモニーなんだそうですよ。

「エキゾチック ノワール」(¥480) ※写真左

ドーム型が可愛い、チョコ好きさんのためのケーキ。濃厚なビターの生チョコでコーティングされた中には、アーモンドなどが入った層を包むようにチョコクリーム、その上にはキャラメルクリームが乗っているという、とても工夫を凝らしたケーキです。

「シュー パリゴー」(¥300)

タヒチ産のバニラを使用した、バニラビーンズがたっぷり入っているカスタードクリームを使用したシュークリーム。カスタードクリームがトロトロで、シュー生地には砕いたナッツがいっぱい。様々な食感を楽しめる、上質なシュークリームです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう