今年注目したい!「ブロンドチョコレート」が気になる

第4のチョコとして注目されている「ブロンドチョコ」。このチョコは、なんと偶然から生まれたものなのだとか。香ばしく、ほんのり甘く塩気もあるような独特な味わいが特徴です。どのようにして生まれたのか、どんな商品があるのか、ご紹介していきます!

今、注目の「ブロンドチョコレート」って?

バレンタインが近くなり、世界でもよりすぐりのチョコレートが日本に集結してくるようになりました。さまざまなチョコレートが溢れかえっていますが……最近、第4のチョコレートというものが出てきていることを知っていますか?
「ブロンドチョコレート」と呼ばれているようですが、どのような種類のチョコなんでしょうか。ご紹介していきたいと重います。

フランスのヴァローナ社が作り出した偶然の産物

サロン・デュ・ショコラ(日本各地で開催されるチョコレートの祭典)でも有名な、フランスのチョコレートメーカー『ヴァローナ社』が開発したのが、ブロンドチョコレート。
製作途中で焙炉(ほいろ)に入れっぱなしにしていたホワイトチョコが、10時間後美しいブロンド色に変化していたことがヒントとなり、誕生したんだとか。

キャラメル色のチョコレートというのは前から存在していたのですが、ホワイトチョコをキャラメリゼしたという点が斬新であり、ヴァローナ社は「ブラック」「ミルク」「ホワイト」に続く“4番目のチョコレート”として力を注いでいます。

風味はビスケットに近い?

ヴァローナ社はなんと、7年もの月日をかけてブロンドチョコを商品化するにいたりました。まるでキャラメルとビスケットを合わせたような香ばしさが魅力で、マイルドな甘さとほのかな塩気を感じることができます。
ショートブレッドに似た味わいという声もあるようで、ますますどんなチョコレートか気になっちゃいますね!

各社がブロンドチョコを販売しています!

ヴァローナ社「ドゥルセ」

ブロンドチョコの生みの親といえる、『ヴァローナ社』の商品。やはりこのメーカーが作り出したチョコレートだけに、ぜひ一度味わってみたいものですよね!量はかなり多めで1kgサイズ。自分でアレンジして、お菓子作りにも使えちゃいます。
【少量パックが楽天やイオンで販売されています】
公式サイトのものは正直お値段がちょっと……という方は、スーパーなどで少ない量のものが販売されているようです。まずはお試しで、少量パックから食べてみるのもいいかも?絶妙な味わいがあとを引くようなおいしさなので、次々と食べちゃうかも!
楽天市場では、200gの「ドゥルセ」が販売されていますので合わせてご覧ください。

ガトーフェスタハラダ「グーテ・デ・ロワ ソレイユ」

ラスクの有名店『ガトーフェスタハラダ』では、ブロンドチョコを使用したラスクを販売。
「ロワ ソレイユ」とはフランスの太陽王と称されたルイ14世のことで、偉大な王だったルイ14世の名前がつけられたこのラスクは、ブロンドチョコで贅沢にコーティングしたスイーツとなっています。

プリントされた太陽のマークが、なんとも印象的ですね!写真は1枚分ですが、1箱で22枚入りです。
このお店ではブロンドチョコのみで作られたボンボン・オ・ショコラ『ショコラ・デ・ロワ ソレイユ』も販売しています。お値段もこちらのほうがリーズナブルなので、気軽に手に取れそうです。気になる方は、公式サイトをチェックしてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS