【武蔵小杉】地元産たまごで作るとろふわプリンが絶品

今、注目のエリア「武蔵小杉」。東京からもほど近い、神奈川県川崎市。ムサコの愛称で親しまれ、駅前も再開発され賑わいを増す、人気の街です。そんな武蔵小杉にある「コスギカフェ」ではビールや野菜、たまごまで手作りにこだわっています。

今、注目のエリア「武蔵小杉」

東京からもほど近い、神奈川県川崎市。中でも注目のエリア「武蔵小杉」。ムサコの愛称で親しまれ、駅前も再開発され賑わいを増す、人気の街です。
武蔵小杉駅前に、地ビールが飲めるカフェがあると聞いて、行ってきました! 2015年3月にOPENした『COSUGI CAFE(コスギカフェ)』。
場所は武蔵小杉駅の北口から徒歩1分。
このガラス張りのオシャレな建物です。
店名は武蔵小杉の“KO”のところをあえて、“CO”にしています。

その意味は、“共に”を意味する「CO」の輪が広がっ て、 CONVIVIALに、CONNECTし、COLLABORATIONする、ということなんだそう!
ガラス張りで開放感満点の店内は、テーブル席にソファ席があり、その数は50席ほど。
キッズスペースもあり、お子様連れやママ会にも人気です。

ビールから野菜、卵まで手作りしちゃうこだわり!

地元川崎産のクラフトビール『Brimmer Brewing(ブリマーブルーイング)』で乾杯したい!
苦味が控えめで、誰にでも飲みやすいビールは3色のラベルで展開されています。
左側の水色のラベルは、『ゴールデンエール』。軽めでとても飲みやすので、ビールが苦手な方にもオススメ!シンプルな味わいで、幅広い人に喜ばれるビールです。

中央の赤いラベルは、『ペールエール』。色は少し赤みのかかった、クリアーゴールド。“苦味”と“深いコク”が特徴で、フルーティーな香りと、優しい甘みがちょうどいい! 芳醇な香りと深い味わいを楽しめる、飽きの来ないビールです。

右側の紫のラベルは、『ポーター』。他の2つとはまったく違う色をした黒ビール。見た目からは想像できない、驚くほどのまろやかな味わいにびっくり!ほのかに香るチョコレートのような風味が楽しめます。

地産地消にこだわり、体にいいをとことん考える

お店のショーケースにはさまざまな野菜が並び、そのほとんどが地元の農園で採れたもの。

お子様でも安心して食べられるように添加物は使わずに、刺激の強いスパイスなども避け、素材を活かした味付けにしているのだとか。
クラフトビールのお供には、『フムスのパン』がオススメ。
アラビア風のヒヨコ豆のディップに、ふんわりもちもち食感の桐生酵母のパンがセット。
パスタはショートパスタを使い、ソースが絡みやすく、そして食べやすいのがうれしい。
ジェノベーゼとラグーソースの2種類が用意されていますが、ジェノベーゼもバジルから栽培しているんだとか!素材の味をシンプルに堪能できるジェノベーゼです。
ミートボールもひとつひとつお店で手作りしています。
クリームソースのチキン、トマトソースのポーク、デミグラスソースのビーフの3種類のラインナップ。
寒い冬はあったかいデミグラスソースのミートボールでからだもポカポカに。
ごろっと入ったブロッコリーも、もちろん地元で採れた野菜です。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ハツ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう