【札幌】はちきょう名物 元祖「つっこ飯」が凄い!新鮮なイクラを好きなだけ♪

北海道は札幌にある「海味はちきょう」は1店舗あたりのイクラの消費量が世界一と言われています(現在ギネス申請中とのこと)。日本一過酷な海と言われている北海道の羅臼の漁師たちが撮る新鮮なイクラを「おいさーおいさー」の掛け声でかけ続ける同店発祥の名物「つっこ飯」が凄いと噂なのでご紹介致します。

2017年6月19日 更新

はちきょう発祥の名物「つっこ飯」

北海道は札幌にある羅臼居酒屋「はちきょう」 こちらの店主・小林さんは日本一過酷と言われる海 羅臼の元漁師さんです。 若くして身体を壊して漁師を断念した小林さんは、海へ出る仲間の手助けになりたい、 仲間が捕った美味しい魚たちをたくさんの人に食べてもらいたいという想いから、 漁師時代に小林さんが乗っていた船「第八共栄丸」の呼び名「はちきょう」を名前にしたお店をスタートしました。 海の男の心意気、かっけ〜 (๑˃́ꇴ˂̀๑)

漁師への敬意で全員坊主

スタッフはみんな威勢が良い坊主の兄ちゃんたちですლ(´ڡ`ლ) 過酷な漁師に敬意を払って坊主なんだとか。 男性スタッフは必ず一度は羅臼の漁に出るとのことで その過酷を痛感してるため、自然と漁師への尊敬の念を抱くといいます♪
迫力が凄い・・・笑

「おいさーおいさー」の掛け声と共にイクラをかけ続ける

はちきょう発祥の名物「つっこ飯」は、「おいさーおいさー」という掛け声と共に、 お客さんがストップをかけるまで、ひたすらイクラをかけ続けられるというもの⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ 別名「驚きのいくら丼」とも言われています♪
止めないと溢れんばかりに入れられてしまうので、 見とれてストップと言い忘れないようにしましょう(笑)
こうなります(๑˃́ꇴ˂̀๑) 笑

しっかりルールを守りましょう

そんななんでもあり的な空気の「つっこ飯」ですが、決してノールールではありません(笑) ゲームは、しっかりとルールを守って楽しみましょう♪ とはいえ、恐らく「きれいに完食する」だけしっかりと守ることができれば、 あとは自ずと明日への活力となるでしょう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
愛情感じるルール

それでは迫力のワンシーンを動画でお楽しみ下さい♡

「つっこ飯」以外にも美味しいメニューはたくさんあります

これは間違いないですね、新鮮な魚を刺身で食らいたい(゚∀三゚三∀゚) ウホー!
きんきの煮付け
羅臼ドスイカのゴロ焼き
ほっけの開き
知床鶏ザンギ(唐揚げ)
はちきょうサラダ
鮭ちゃんちゃん焼
はちきょう大漁鍋(塩味)
そして〆はもちろん
羅臼ソフト
いいですね〜どれも美味しそうですね( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS