行くべきお店TOP3!ラーメン街道「一乗寺」の人気ラーメン店3選

西のラーメン激戦区といわれている京都「一乗寺」で、絶対に食べるべきTOP3のラーメン店を厳選しました!ラーメン通も驚く濃厚さは、ぜひ一度味わってほしい一杯です。一乗寺に行ったら、ぜひ訪れてみてくださいね。

2017年7月21日 更新

2.極厚チャーシューも人気のひみつ!「亜喜英」

叡山電鉄叡山本線「一乗寺駅」から徒歩4分ほどのところにある「亜喜英(あきひで)」。開店30分前くらいにツイッターに情報がアップされ、その時間だけ営業するそうで基本は休み。ツイッターの情報を見てる人か、お店の前を通った人でないとお店に行けないのに、開店前でも列ができてるんだそう!
営業日には行列になることが多いので、並ぶのを覚悟してお店に向かいましょう。お店の周辺のことを考えて、行列の際私語は禁止にしているそうなので、並ぶ際にはお気をつけください。店内はカウンターの9席のみ。券売機にてラーメンやトッピング、ライスなどを注文する方式です。

純濃厚らーめん(並)750円

超濃厚なスープは、もはやポタージュかというくらいドロっとしています。画像を見てわかるように、レンゲも沈まないほどのもったり具合で、ひと口食べれば口の中に鶏のダシが広がりますが、臭みがなくあと味は意外にもあっさりしているんだとか。
チャーシューは厚めで、ホロホロっと舌の上でとろけるタイプ。じっくり煮込まれているのが感じられます。また、トッピングされているメンマは、通常のラーメンの上に乗っているものとは違い、ピリ辛に仕上げているので、濃厚なスープと相性バッチリ!スープのことを考えた、計算された一杯です。
並(750円)と大(900円)のサイズがあり、味付け玉子や肉にんにくなどのトッピングも追加で選べます。ライスも60円〜用意されているので、麺のあとはライスでしめるのもおすすめですよ♩

店舗情報

■店舗名:らーめんや亜喜英 (あきひで) ■最寄駅:叡山電鉄叡山本線「一乗寺駅」から徒歩約4分 ■住所:京都府京都市左京区一乗寺北大丸町5-2 ■電話番号:なし ■営業時間:ツイッターで投稿された時間帯のみ ■定休日:不定休 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■参考URL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26002155/ ■公式Twitter:https://twitter.com/eigyoakihide_2 ■公式サイト:http://akihide.nh-m.com/

3.女性のお客様も急増中!「高安」

叡山電鉄本線「一乗寺」駅から徒歩4分ほどのところにある「高安」。脱サラ後、高野玉岡町で開業した店主は、2006年の3月にラーメン街道に移転してきたそうですよ。洗練されたおしゃれな外観は、女性のお客さんも多いんだとか。
店内に入ると、スープのにおいや揚げ鶏のにおいが勢いよく鼻腔を刺激してきて、食欲をかきたてます。常に行列だそうなんですが、穴場の時間は閉店間際。並ばずにラーメンを楽しみたいという方は、リスクはありますが閉店間際にトライしてみては?

中華そば 780円

豚骨を20時間以上かけて作り上げるスープは、臭みもなくクリーミーでコク深い味わいだそうです。骨だけで甘みを出すため、野菜は使用しないというこだわりも。そのため、ストレートに豚骨の味わいが感じられます。
麺はしっかりスープに絡み、スープと一緒にするすると入っていきます。チャーシュー、スープ、麺、ねぎの全体のバランスがよく、あっという間に完食してしまうそうです。豚骨が苦手な方でもトライしやすく、あっさりとした味わいが楽しめるのも魅力。

スジラーメン 830円

こちらも外せないメニュー「スジラーメン」。ねっとりトロトロなスジ肉がこれでもか!というほどスープの中に入っています。スープはミルキーで濃厚ですがあっさりしているので、すじ肉の甘い脂と相性がよいんだとか。通常のチャーシューとはひと味違う「スジラーメン」は一度は食べてみたいものですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS