ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

ラーメン街道「一乗寺」の人気ラーメン店5選

東大路通と北大路通の交差点から北方面に、京都のラーメン激戦区「一乗寺」にはラーメン街道と呼ばれるほど、ラーメン店が集結したエリアがあります。

今回はそんな「一乗寺」にあるラーメン店の中で、特におすすめの人気ラーメン店5選をご紹介します。数ある一乗寺のお店の中でどこに行こうか迷ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. 超濃厚のもったりスープ「麺屋 極鶏」

ランチタイムには行列必至な「麺屋 極鶏」。店名の通り究極の濃度を持った「鶏白湯スープ」の衝撃的ビジュアルのラーメンが看板商品なんだとか。群を抜いたレベルの濃厚なスープを求めて、連日人が集まる人気店です。

一番人気は「極鷄 鷄だく」

極鷄 鷄だく

800円(税込)

ラーメンのメニューは、「鶏だく」「赤だく」「黒だく」「魚だく」の4種類。鶏でありながら豚骨のような重さがあるほど、ドロドロの超濃厚スープです。

スープを口に運ぶと、丸みのある鶏風味が口いっぱいに広がり、こってりした印象が強いですが、しつこさはないのでひと皿ぺろりと食べられるそう。超濃厚肉濁鶏白湯は、一度食べたらやみつきになること間違いなしですよ!

唐辛子が丼ぶり一面にふりかけられた「赤だく」は、もっちりとした麺に、濃厚スープと唐辛子が絡んで、まさに麺とスープが一体化したラーメン。にんにんのマー油が入った「黒だく」は、焦がしにんにくの風味満載の一杯で、食べる前から食欲をそそるラーメンですよ。
店舗情報

2. ツイッターで開店をチェック!「亜喜英」

叡山電鉄叡山本線「一乗寺駅」から徒歩4分ほどのところにある「亜喜英(あきひで)」。開店30分前くらいにツイッターに情報がアップされ、その時間だけ営業し基本は休みです。営業日には行列になることが多いので、並ぶのを覚悟してお店に向かいましょう。

どろっと濃厚なこってりスープ

純濃厚らーめん 750円(税込)
超濃厚なスープは、ポタージュかというくらいドロっとしています。レンゲが沈まないほどのもったり具合で、ひと口食べれば口いっぱいに鶏と豚骨の旨味が広がりますが、臭みがなくあと味は意外にもあっさりしているそうですよ。

チャーシューは厚めで、ホロホロっと舌の上でとろけるタイプ。じっくり煮込まれているのが感じられます。また、トッピングされているメンマは、通常のラーメンの上に乗っているものとは違い、ピリ辛に仕上げているので、濃厚なスープと相性バッチリ!スープのことを考えた、計算された一杯です。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ