目指せカラダ美人!デトックススープの効果とアレンジレシピ集

身体の中を綺麗にし肝機能を高めるのに役に立つと言われているデトックスドリンク。夏は冷やしたデトックスウォーターがおすすめですが、冬は身体も心もほかほかにしてくれるデトックススープが嬉しい時期ですね。基本からアレンジまでレシピをご紹介します。

そもそも「デトックス」とは

みなさん一度は聞いたことがあるであろう「デトックス」という言葉。なんとなく身体に良さそうなイメージがありますが、ちゃんと意味を理解していますか?

デトックスとは、ひと言で表すと「体内に溜まった毒素を排出すること」。人間は、普通に生活していてもいろいろな有害物質が蓄積されてしまうのです。

「毒素」というと怖く聞こえるかもしれませんが、新陳代謝によってできる古い細胞や食品添加物も含まれます。ほかにはタバコの煙や排気ガス、水銀、カドミウム、鉛など……。食事や呼吸をするだけで、身体に悪影響を与える可能性があるものも体内に摂り入れてしまっています。

これらの「毒素」を、いろいろな形で体外へ排出したり無毒化したりすることを「デトックス」といいます。

デトックススープの効果

基礎代謝が上がる

基礎代謝とは、じっとしている状態でも消費する生命維持に必要なエネルギーのこと。基礎代謝量が上がると、何もしなくても1日の消費カロリーが増えるということになります。

基礎代謝量が低下する原因としては、加齢や食生活の乱れ、冷えなどの理由が挙げられます。デトックススープではさまざまな食材をバランス良く使い、身体も温めることなどによって基礎代謝量の増加が見込めます。

便秘対策

デトックススープには、食物繊維が多く含まれる食材をたっぷり使います。食物繊維のなかのひとつである不溶性食物繊維は、水分を吸収して便のかさを増やすはたらきがあります。便が増えることで大腸のはたらきが活発になり、排便がスムーズに行われるようになりますよ。

また、有害物質を吸着して便と一緒に排出するため、デトックスの効果が期待できるのです。

免疫力の向上

毒素が蓄積するといろいろな箇所に悪影響を及ぼす可能性があり、免疫機能が弱まってしまう場合も。免疫力に良い影響を与える食材をデトックススープに使うことで、機能の向上が見込めます。淡い色の野菜やネバネバした野菜に含まれていますよ。

免疫は主に腸内で働いています。腸のはたらきが良くないと免疫力も低下してしまうため、食物繊維をたっぷり摂取して腸内環境を整えることも大切です。

ダイエット効果

基礎代謝量が増えることで、ダイエット効果にも結びつきます。さらにデトックススープはカロリーも糖質も少ないため、自然とダイエット向きの食事に。摂取カロリーの削減と、基礎代謝量アップという両方の効果が見込めるのです。

ダイエットの基本は、1日の摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくすること。摂取と燃焼のバランスが大事なんですね。

デトックススープの基本となる野菜

デトックスの手助けになる食材は、大きく3種類に分類できます。

毒素を包み込んで吸収させない

強い刺激臭が特徴の硫黄化合物(イオン化合物)が、毒素の吸収を抑えてくれます。硫黄化合物は、にんにく、ニラ、玉ねぎ、長ねぎなどに含まれています。

毒素を無毒化する

アブラナ科の野菜に含まれるグルコシノレートという成分が、肝臓での解毒作用を高めてくれます。アブラナ科の野菜は、主にブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、大根など。

毒素を体外へ排出する

食物繊維のはたらきにより、便と一緒に毒素を排出することを促します。食物繊維が多い食材には根菜、きのこ類、海藻類などがあります。

デトックススープの作り方

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう