難波「クレープリー・アルション」で本場フランスのクレープを。

本場のクレープといえば、フランス。本場のクレープは日本のクレープと全然違う、なんて話もよく耳にします。ですが、実は日本でも本場の味を楽しめるお店が大阪にあります。今回はそんな本格的でおしゃれなお店をご紹介します。

クレープといえば、フランス

クレープやガレットと聞くとまずフランスをイメージする人が多いのではないでしょうか?

しかし、大阪・難波には本場フランスのクレープが食べられるお店が。
今回は、今までの概念を覆すようなクレープを提供している人気店をご紹介します。

日本初の本格クレープ「クレープリー・アルション」

大阪・難波駅から法善寺横丁方面へ徒歩5分程の場所にある「クレープリー・アルション」。
活気のあるお店が立ち並んでいる中にありますが、とってもおしゃれな洋館で、まるでパリを連想させるかのようなこちらのお店は、一際目を奪われる外観。

「クレープリー・アルション」の印象的な建物は1952年に3階建てで建設され、内装はとってもあたたかな木調に。
1階がキッチンになっていて、階段をあがった2階、3階がイートインスペース。

なんと実は地下にも隠れたお席があるんだとか。
温かみのある店内は、どこか懐かしくゆっくりくつろげる雰囲気。
特に女性には好かれそうですね。

こだわりのクレープとガレット

本場フランスのクレープ・ガレットを食べられると大人気のこちらのお店ですが、日本とフランスの大きな違い。
それは、フランスのものはパリッと焼かれていながらももっちりとおいしい"クレープ"、そして甘くない塩味のお惣菜クレープ"ガレット"なんだそう。
まさにその違いをこちらのお店では楽しむことができます。ではおすすめメニューを紹介していきましょう。

おすすめメニューをご紹介

ディジョン

ローストチキンといろんなキノコのガレット。
ディジョン地方の名産である、マスタードを使用したソースも絶品!

しボリューミーでしっかりお腹にも溜まるのが嬉しい。

モンブラン

お店一番人気のクレープ。
濃厚マロンクリームがたっぷり絞られていて、栗の渋皮煮がトッピングされています。
中にはバニラアイスが入っていますが、なんとその底にはメレンゲが!
まさに本場のフランス気分を味わえます。

フルーツのミルクレープタルト

特集一覧

SPECIAL CONTENTS