岡山・倉敷「エル・グレコ」は大正ロマンが溢れるレトロな喫茶店

美術館や記念館が並ぶ街・倉敷にある喫茶店「EL GRECO(エル・グレコ)」。大原美術館から近いため、美術館帰りに疲れを癒すのにピッタリな喫茶店です。50年以上の歴史があり、外観も内観もレトロで、思わずうっとりしてしまいます。

大正時代に建てられた「エル・グレコ」

50年以上の歴史を持つ喫茶店「EL GRECO(エル・グレコ)」。

ツタの絡まる喫茶店としてガイドブックに必ず載っているというほどの有名店でもあります。そんな人気の喫茶店を紹介します。
倉敷駅から徒歩約10分、大原美術館の隣にある喫茶店「エル・グレコ」。

緑のツタに包まれてレトロな雰囲気が印象的な外観です。
季節によってはこんなに素敵な外観にも。

緑の爽やかなツタとは打って変わり、落ち着いた雰囲気に。美観地区の喫茶店にふさわしい佇まいをみせています。
白い大きなドアを開けて入ります。天井も高く、落ち着いた室内の配色の店内は、ゆったりとくつろげる空間。

ツタの隙間から優しい光が差し込み、明るく、開放感があります。

歴史を感じる空間で頂く珈琲とスイーツ

出典:www.instagram.com

オリジナルコーヒー/500円

オープン当初からずっと守り続けているというこだわりの「オリジナルコーヒー」。

モカを主体にした4種類の豆で作った深みのある味わいのブレンドです。一杯ずつ丁寧に淹れられたコーヒーは、柔らかくマイルドな味に仕上がりに。

コーヒーの苦みが、疲れた体にじんわりと体に染み込みホッと落ち着きます。

出典:www.instagram.com

ミルクセーキ/650円

ここの「ミルクセーキ」は、『シャリシャリ』系のアメリカンスタイル。

懐かしい味わいで、練乳のようなほのかな甘味が残り、甘すぎないスッキリとした後味です。シャリシャリとしていてドリンクというより、デザートとして楽しむことができます。

暑い日にピッタリの一品。

出典:www.instagram.com

レアチーズケーキ/450円

オーナーがニューヨークで毎日のように食べていたというお気に入りのチーズケーキを、知人のパティシエにお願いして再現してもらったというメニュー。

とろけるようなレア感とさっぱりとした上品な甘さ。トッピングされたブルーベリーソースとの相性も抜群です。

あっさりとしたケーキはペロリと食べられちゃいます!
店内には展示されているコーナーもあるので、お茶を楽しみながら芸術も楽しめる、とっておきの喫茶店です。
美術館帰りにぜひ足を運んでみてください!

店舗詳細

・住所:岡山県倉敷市中央1-1-11
・TEL:086-422-0297
・営業時間 :10:00~17:00
・定休日:月曜日(祝日の場合は水曜日)
・参考URL:http://tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33000050/

特集

SPECIAL CONTENTS