赤坂「字廼丸山崎屋」で至高の鮨を堪能!はじめから終わりまで大満足の品々!

赤坂に店を構える「字廼丸山崎屋(うのまるやまざきや)」で熟練の落ち着いた鮨を堪能してきたよ!つまみからうますぎて、お酒がすすむ!鮨は同じものをおかわりするレベルでうまかった!カレーマン大満足の品々だったよ!

2019年4月3日 更新

至高の鮨職人の鮨

みんな!カレーマンだよ!
グルメパイセンのお誘いで、至高の鮨職人の鮨を堪能してきたよ!
赤坂は一ツ木通りからお寺の鳥居をくぐった先にある、なんとも風情のある佇まい!
字廼丸山崎屋!!!
今はもう新規のお客さんを取っていないという、齢70を超えた大将が女将さんと2人で営む、風格を湛えながらもどこかホッとする空間だよ!
まずは季節の枝豆から!

実はスーパー大至急食べすぎちゃって、ぶっちゃけこれはカラだよ!
骨せんべいも何枚か食べちゃった後!

はー、こうふんしすぎてしまったよ!
最近流行りの鮨屋とは大きく異なるつまみの数々!

こ、これはうまい…!!
生シラスにはコショウが、たっぷり!
初めての組み合わせがうますぎーーる!!!
てことで大至急ルービーを卒業して日本酒に移るよ!
中落ちの上に乗っているのは、青唐辛子の醤油漬け!
この美味いこと美味いこと!
今晩の最強おつまみはこれやーー!!
と思ったらアワビもうまーーい!!!
蒸すだけがアワビでないということを痛感したよ!
鯖とイカも果てしなく美味!!!
日本酒が進みまくーる!!!
そして本日のつまみ1位を圧倒的大差で塗り替えたのが、このマコガレイ!!
塩昆布で旨味ドーピングした刺身も去ることながら、香ばしく焼いた皮!!
そしていくらでも日本酒が飲めそうな肝!!!
てことで大至急いくらでも飲ーーむ!!!
気持ちよく酩酊し始めたこのタイミングから、握りに移るよ!
マグロはさきほどの青唐辛子とともに!

はー、やはりコレうまーーーい!!!
アッサリした脂に青唐辛子の爽やかな風味と辛味!!!
そしてグルメパイセン溺愛の車海老!!!
以前は火の入れ方10割だったところ、パイセンたちの好みと希望で8割に留めたみたいだよ!
鮮やかさが多少失われる分、身のトロみとジューシーさはアップ!!!
イワシのアミノ酸ぷりは言わずもがな!!!
プチプチのイクラは口内を占拠するイクラ汁っぷり!!
そして松茸!
初物やーー!!!
カツオも程良く脂が乗り始めてるよ!
ここに来て再びアミノ酸祭りーーー!!!
そしてここからまだまだ…
どんどん…
続くんだけど…
酩酊しすぎてメモるの忘れとーーる!
えーと。

なんだ。

アレだ。
だいたい魚と貝だ!
てことで見ればわかーるの穴子から復活!

相当フワフワだよ!
玉子はクラシックなタイプ!
どこまでも本格的江戸前!!
一仕事を終えた大将が、一息ついてるよ!
しかしまだだ!

まだ終わらんよ!
てことでおかわり車海老!!
やはり8割!!!
まだ食べてなかった赤貝!
おかわりイワシも忘れずに!
つまみで出てきた浅めの〆加減の鯖を無理矢理握ってもらって…
巻物でフィニーーッシュ!!!
始めから終わりまで安定感のある熟練の落ち着いた品々に大満足だったよ!
出色のものもいくつもあったけど、パイセンズ曰く「5回に1回くらい満塁ホームランの日があるが、今日は必ずしも満塁ではなかった」とのこと。
こりゃ最低あと4回行く必要があるよ!
【提供元】
【店舗情報】
宇廼丸山崎屋
住所:東京都港区赤坂4-3-5
電話番号:03-3505-2123
[完全予約制]
営業時間:[火~土]18:00~22:00
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13070654/

特集

SPECIAL CONTENTS