一流ホテルで朝食ブッフェ!赤坂『カスケイドカフェ』が豪華すぎ

ANAインターコンチネンタルホテル東京の二階にある「カスケイドカフェ」は、カフェというにはゴージャスすぎるほど!こちらのブッフェは過去にも度々テレビで紹介され常に大盛況ですが、今回は中でもモーニングブッフェに注目してみました。

赤坂の一流ホテルでいただくブッフェが話題

ANA インターコンチネンタルホテル東京といえば言わずと知れた有名ホテルですが、ホテル内のレストランブッフェが今話題を呼んでいます。

こちらのホテル2Fロビー横にある「カスケイドカフェ」ではモーニング・ランチ・ディナーと全ての時間帯でブッフェを開催しているんです。

「カフェ」とは思えないラグジュアリーな空間

カフェと銘打ってはいますが、やはりそこは一流ホテル。やっぱり普通の「カフェ」感覚ではありません。

行くときはちょっとオシャレしていきたい雰囲気です。エントランスも華やかで、これから待ち受けるブッフェに向けて気合も入ります(笑)
カフェに入ると各スペースでシェフたちが腕を振るいます。さすがはホテルのカフェ。ゴージャスさが出ていますね。
テーブルの様子。席数が多いので、混雑時以外はゆっくりと食事を楽しめそうですね。

和・洋・中全てが揃ったモーニングブッフェ

全ての時間帯でブッフェを行っていますが、おすすめは比較的混雑も少なく、60種類以上の食事が並ぶモーニングブッフェです。

カフェに入るとブッフェには驚きの「ウェルカムドリンク」のサービスがあります。こちらもお好みのドリンクを選ぶことができます。
パンとコーヒー、バター

※画像はイメージです。

モーニングなら絶対食べたいのが焼きたてのパン。種類豊富で全ては食べきれないほどあります。
朝から贅沢気分を味わいたいなら、生ハムやローストビーフなども堪能できます。ワインに合うようなおかずがあるので、朝からお酒を飲みたくなってしまう人もいるのだとか。

中華もしっかり押さえている

驚くのは洋食の豊富さだけでなく、しっかり中華も押さえているところ。ラーメンもあります。しかも具材は自分で選べるのでオリジナルラーメンが楽しめます。
フォーを食べている様子

※画像はイメージです。

また、ラーメンのほかに稲庭うどんやベトナムのフォーもあるので、麺をそれに変えることもできます。朝からホテルブッフェであっさりしたフォーをいただくのもオツですね。
白い器に盛られた中華粥

※画像はイメージです。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS