本場の味を秋葉原で!「カールスジュニア」の人気メニューまとめ

アメリカの人気ハンバーガーショップ「カールスジュニア」の1号店が2016年に東京・秋葉原に出店しました。以降、自由が丘や湘南平塚にオープンするなど人気は収まりません!ハンバーガーメニューやサブメニューなど、海外の情報をもとにご紹介します。

2017年7月12日 更新

レタスラップシックバーガー

1/3ポンド870円(529kcal)、1/2ポンド1,050円(656kcal)
バンズの代わりにレタスが使用された「レタスラップシックバーガー」。レッドチェダーチーズ、直火焼きアンガスパティ、ピクルス、ソースをレタスで包んでいます。通常のハンバーガーに比べ250kcalほど低いので、ダイエット中でもハンバーガーが食べたい方や、健康志向の方におすすめのハンバーガーです。

カールスジュニアのサイドメニュー

ハンバーガーだけでなく、すべてのメニューの製造過程にとことんこだわり、素材のカットから全ての工程を店舗で行うサイドメニューも見逃せませんよ。ハンバーガーの付け合せにいかがですか?

チキンテンダー

3ピース430円(332kcal)、5ピース650円(554kcal)
鶏むね肉に丁寧に衣付けをして揚げたスティック状フライは、衣はザクザク、中はしっとりジューシーな仕上がりに。フルーツの甘みが感じられるBBQソース、酸味がさわやかなランチソース、香味野菜を使用したピリ辛なサンタフェソースにつけてお召し上がりください。

フレンチフライ

キッズ230円(368kcal)、レギュラー320円(596kcal)、ラージ370円(715kcal)
ハンバーガーの王道なお供「フレンチフライ」。形状が細いタイプでパクパクと食べられるのが魅力ですね。ハンバーガーの間に挟んであるソースをつけて食べるのがツウの食べ方なんだとか。ぜひハンバーガーと一緒に注文してくださいね。

自由が丘店と湘南平塚店も見逃せない!

カールスジュニア自由が丘店

自由が丘駅正面口より徒歩1分のところにある、アクセス抜群な「カールスジュニア 自由が丘店」。秋葉原店は店内57席、湘南平塚店は86席、こちらの自由が丘店では全席120席と、国内にある店舗のなかで席数が一番多いのが特徴です。 また、3店舗の中で唯一テラス席があるので、ペットの同伴も可能な店舗なんですよ。お散歩がてらにランチができるのも魅力ですよね。 全店舗同様Wi-Fiがあるのはもちろん、コンセントやUSBの差込口が完備されているのも人気の秘密です。

カールスジュニアららぽーと湘南平塚店

秋葉原店がオープンした半年後、2号店として店舗を構えた「カールスジュニアららぽーと湘南平塚店」。JR各線「平塚」駅から路線バスで約4分のところにある『ららぽーと湘南平塚店』の中にあります。 Wi-Fi、コンセント、USBの差込口はもちろん完備されています。ショッピングモール内にあるので、買い物の合間にハンバーガーを楽しんだり、ひと息つきたいときにちょこっと寄れるのが魅力的ですよね。 また、施設内に駐車場があるので、車移動をする方は「ららぽーと湘南平塚店」がおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS