意外と知られていない?!イタリア版アイスコーヒー「カフェシェケラート」とは

イタリア版のアイスコーヒーであるカフェシェケラート。日本ではまだまだ馴染みがあまりなく、知らない方も多いようです。ですが、このシェケラート!実は本当に美味しいんです!!この夏は、ぜひシェケラートで過ごしてみてはいかがでしょうか?

2019年4月2日 更新

カフェシェケラートとは?

簡単に説明すると「イタリア版のアイスコーヒー」のことです。 一般的なレシピは、シェイカーに、エスプレッソダブルショット(60cc程度)、砂糖orガムシロップ、氷を入れて、シェイカーをカクテルを作る時のように振って作ります。 カクテルやフルートグラスに注いで出来上がりです。 お好みでエスプレッソや砂糖の量を調整したり、ミルクを加え、自分好みの味に 仕上げることが出来ます!
このようにフルートグラスなどに注ぐのが一般的です。 写真のグラスの上の方にある薄い茶色い部分は、「クレマ」というエスプレッソ特有の泡の部分。シェイクすることによって、空気を含んでまろやかになり、写真のように泡立ちます。クレマがきめ細かいと、口当たりがとても滑らかに感じられます。

イタリアのコーヒー文化について、ちょっと触れてみると

イタリアのコーヒーと言えば、もちろん「エスプレッソ」です。コーヒーのことをイタリア語では「caffe(カフェ)」と言います。 イタリアでは、カフェやミルクを冷たくして飲む習慣がありません。ですので、例えば「カフェラテをください」と注文すると、何も言わないと温かいカフェラテが出てきます。冷たいカフェラテを注文すると、ちょっと怪訝な顔をされることもあるとか。
エスプレッソ エスプレッソは、イタリアの代名詞と言っても 過言ではありません。 カフェは温かいものという文化が根付いて いるので、基本的にアイスコーヒーを飲む 習慣はほとんど無いようです。
しかし、暑い時期には冷たいものをイタリア人も飲みたくなるはず?!一般的にはジュースなどを飲むようなのですが、そのようなイタリアのコーヒー文化において、アイスコーヒーとして提供されているのが「カフェシェケラート」なのです。

カフェシェケラート、実は凄い飲み物なのです!

1、カフェシェケラートでバリスタの力量がわかってしまう?!

カフェシェケラートは、エスプレッソの抽出具合やシェイク具合などによって、全く同じレシピで作っても味が全然違うものになってしまいます。 とにかく繊細な飲み物で、バリスタの腕が凝縮させていると言っても過言ではありません。 美味しいシェケラートに出会えた時は、凄腕のバリスタさんに出会えた時かもしれませんね。

2、アイスコーヒーなのに氷が入っていない

通常アイスコーヒーだと氷が入っていますが、カフェシェケラートの場合は入っていません。氷とエスプレッソをシェイクすることによって、急冷させて提供しています。氷が入っていないので、長時間置いておいても氷で薄まる心配がありません。もちろんあまりにも長時間置いておくとぬるくなってしまいますので、お早めにお召し上がりいただくのがベストです。

3、何と言ってもスタイリッシュ!

フルートやカクテルグラスで一般的には提供されるので、パッと見高級カクテルを飲んでいるかのような感じです。自分のセルフイメージを上げたい時などに注文するのもオススメだと思います。 注文時に「カフェシェケラートください!」と言うだけでも、シェケラートを知らない人に とっては格好良く見えるのではないでしょうか?!
少しは、カフェシェケラートのことをお分かりになっていただけたでしょうか?最後に、美味しいカフェシェケラートを味わえるお店を少しだけですがご紹介させていただきます。

COFFEEHOUSE NISHIYA

COFFEEHOUSE NISHIYA 東京都渋谷区東1-4-1 尚豊ビル 1F
エスプレッソ系のドリンクはもちもんのこと、アルコールやスイーツなどの食事も楽しむことが出来るお店。 また店員さんの所作がとても美しく、サービス業界の模範になるようなお店です。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS