ローディング中

Loading...

皆さんは、ご家庭でコーヒーを淹れていますか?その時、美味しく淹れることが出来ていますか??今回は、ドリップコーヒーで美味しく淹れるためのポイントをご紹介したいと思います。動画でも淹れ方をご紹介していますので良かったら参考にしてみて下さい!

お家で美味しいコーヒーを淹れられていますか?!

皆さんは、ご家庭でコーヒーを淹れていますか?その時、美味しく淹れることが出来ていますか??今回は、ドリップコーヒーで美味しく淹れるためのポイントをご紹介したいと思います。

ドリップコーヒーの歴史をちょっとだけご紹介

1800年にド・ベロイというフランス人の発明したドリップ・ポットがパリで発表されます。これはポットを二つ重ねた形のもので、上のポットに小さな穴をたくさんあけ、ここにコーヒーの粉を入れて上から熱湯を注ぐというものですから、原理的には今のドリップ式と同じです。しかし、このドリップ・ポットはすぐには受け入れられませんでした。ただ、この発明をきっかけにして、いろいろなコーヒーの入れ方が考案されるようになりました。ついで考え出されたのはコーヒー・ビギンです。これはポットの中に布袋をたらし込んだもので、これこそ現在のドリップ式の原型といえます。この方法は、ポットの中に袋がぶら下がるので、コーヒーを濾すだけではなくて煮出す事もできると言う点が大いに歓迎されたといわれています。

ドリップで美味しく淹れるための3つのポイント

1、道具を揃えよう!

美味しいコーヒーを淹れるためには、淹れるための道具が欠かせません!
ドリッパーやフィルターはもちろんのこと、他にもこれはあった方が良い!
というものをご紹介させていただきます。

・計り:コーヒー豆や”注いだお湯の量”を計るために必要
・温度計:お湯の温度を測るために必要
・ケトル:先が細い方が注ぎやすいです
・タイマー:抽出時間を測るのに必要
※携帯電話などについているタイマーでもOK

2、”温度、時間、量”を意識しよう!

美味しくコーヒーを淹れる上で、絶対に意識しなければならないポイントが3つあります!
それは、「温度、時間、量」です。
それぞれについて説明をしていきたいと思います。

・温度:お湯の温度を指します。コーヒーの抽出に適している温度は一般的に90度前後と言われています。沸騰させた熱湯をケトルなどに移すと10度くらい下がるので、丁度淹れ頃の温度になるかと思います。温度計を使ってしっかりお湯の温度を測るのがより良いと思います。
温度が高すぎると、コーヒーの苦味成分が出すぎて苦いコーヒーに。
また低すぎると、コーヒーの成分が出切らす抽出不足のコーヒーになる傾向があります。

・時間:抽出の時間を指します。1杯分なら2分以内、2~3杯分なら3分以内に抽出を完了させた方が良いです。抽出時間が長いと、お湯がコーヒー豆に触れている時間が長くなるので、余計な苦味やえぐみが出る原因になります。逆に、抽出時間が短過ぎると、コーヒーの成分が出切らず物足りないコーヒーに仕上がってしまいます。自分の味の好みに合った抽出時間で、抽出するよう心がけましょう。

・量:コーヒー豆とお湯の量を指します。料理を作る時にも、美味しく作るための食材の量などレシピがあると思いますが、コーヒーにもレシピがあります。
それが、コーヒー豆とお湯の量です。
※上記の温度や時間もレシピに入ります!
そのコーヒーの種類に合ったコーヒー豆とお湯の量と使って淹れることがとても大切です。コーヒー豆を購入したお店の方に、適した量を確認するのが良いでしょう!

3、”蒸らし”でコーヒーの味が決まってしまうと言っても過言ではありません!

コーヒーを抽出する時に、最初にすることがあります。それが”蒸らす”ことです!!
”蒸らし”とは、コーヒーを美味しく淹れるための準備体操のようなもの。
例えば、私達も運動をする前にしっかり準備体操をすると思います。プロのアスリートの方を見てみると、試合で最高のパフォーマンスをするために時間をかけて準備体操をしているのを見たことのある方も多いのではないでしょうか?!
コーヒーにも同様のことが言えて、この準備がしっかり出来ていないと出来上がりのコーヒーが本当に物足りないものになってしまうのです。

コーヒーの蒸らしのやり方としては、コーヒー全体にお湯が染み渡るように注ぐこと!お湯の量は50~100gくらいで、ドリッパーからポタポタとコーヒーが落ちてくるくらいの量です。だいたい30秒くらいは蒸らしてあげましょう!!

他にも細かいポイントがあるのですが・・・・

全てを書いてしまうとかなり多い量になってしまうので、今回下記の動画に
まとめておきました。

細かい点まで説明していますが、これだけ出来れば最初は十分かなと思います。
良かったら参考にしてみてください。

これからも、コーヒー関連の情報を発信していきます!

今回は、ドリップコーヒーの美味しい淹れ方について説明させていただきましたがいかがだったでしょうか?
今後も、コーヒー関連をメインに、自分が職としているバリスタにまつわるお話しをしていきたいと思います。宜しくお願いいたします。

メインの情報発信をブログで行っていますので、こちらも合わせてご覧いただけると幸いです。

執筆者プロフィール

私のバリスタとしてのミッションは

『バリスタという仕事を通して、1人1人の日常生活にちょっとした活力を与えること』

普段はカフェでバリスタとして働きながら、空いた時間にラテアート体験会やカフェ会などを開催しています。

今の仕事を通して、webを使ってオススメカフェやコーヒーなどドリンクに関連した情報を発信していきたいと思っています。

ぎっさん 私のバリスタとしてのミッションは

『バリスタという仕事を通して、1人1人の日常生活にちょっとした活力を与えること』

普段はカフェでバリスタとして働きながら、空いた時間にラテアート体験会やカフェ会などを開催しています。

今の仕事を通して、webを使ってオススメカフェやコーヒーなどドリンクに関連した情報を発信していきたいと思っています。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

とろとろ「タンシチュー」の絶品レシピ!圧力鍋や炊飯器での作り方も◎

レシピ 牛タン

とろとろ食感がたまらないタンシチュー、年齢問わず人気ですよね。ポイントさえ押さえれば、意外と簡単に絶品タンシチューを作ることができます。今回は、普通のお鍋を使ったタンシチューレシピと、圧力鍋や炊飯器を活用した…

おうちで手作り◎ 自然派おやつ「干し芋」の作り方

おやつ レシピ さつまいも アレンジレシピ

炊飯器を活用した干し芋の作り方やおいしい食べ方、アレンジレシピなどご紹介。蒸して天日干しにするだけで簡単に作れます。そのまま食べるもよし、炙ったりバターで焼いたりしてもよし、おかずやスイーツにアレンジしてもよ…

どの味がお好き?「ごまドレッシング」のレシピ、基本からアレンジまで!

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

材料3つでプロの味♩「エッグタルト」のソムリエ技とアレンジレシピを大公開!

レシピ スイーツ タルト

たまごのスペシャリスト『たまごソムリエ』が、たった3つ食材で驚きのおいしさに仕上がる濃厚「エッグタルト」の作り方をご紹介!市販の冷凍パイシートやタルト型を使えばさらにお手軽♩さらに、すぐに試せる3つのアレンジ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コンビニで買える花粉症に効くもの5選!今年の花粉には要注意!?

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

ページTOPに戻る