定番から進化形まで♪ 京都でおすすめの和菓店8選【2020年最新版】

京都でぜひ食べていただきたいもののひとつ、和菓子。どこで食べても同じでしょ?と思ったら大間違いです。千年の都の和菓子の違いをぜひみなさんの舌で確かめてみてください。この記事では、京都でおすすめの和菓子店をご紹介します。観光地や繁華街の近くですので行きやすいところばかりですよ。

2020年4月30日 更新

ライター : 小梅

小梅です。おいしいもの好き。

1.【三条】老舗の甘味処「甘党茶屋 梅園(うめぞの)」

京都の繁華街、寺町通りにある「甘党茶屋 梅園」は老舗の甘味処です。お団子やあんみつなど、純粋な甘味処ながら行列ができる人気店で、系列店を含むと市内に5店舗もあります。

そのなかでも、2017年にオープンした三条寺町店は、繁華街のなかの立ち寄りやすい立地とレトロモダンな空間で人気があります。

みたらし団子

460円(税込)
梅園といったら、みたらし団子ははずせません!こちらのみたらし団子は少し形がユニークで、球体ではなく円柱型。食感はクニュっとしていてクセになります。みたらしの“みつ”は甘ったるくなく、しょっぱ過ぎず絶妙なバランス。つい手が伸びてしまうおいしさです。

テイクアウトできるので、お家や滞在先で食べるのもアリですね♪

花点心

950円(税込)
いろいろ食べたいという方におすすめなのが、三条寺町店限定の花点心。人気のみたらし団子や、そのほかの和菓子が少しずつ楽しめるプレートです。

そのなかでも、あんの花束はほかの梅園では食べられない和菓子で、モチッとしたどら焼き生地にキャラメルあんやナッツを挟んだひと品。見た目にもかわいらしいです。
店舗情報

2.【鞍馬口駅】洗練された美しさ♪「うめぞの茶房」

「うめぞの茶房」は、先ほどご紹介した「甘党茶屋 梅園」の新業態のカフェで、洗練された和菓子やオシャレな内装で、若い方に人気があります。

お店の場所は、観光客が多く訪れるお寺「大徳寺」の近く。バスなら京都市バス「大徳寺前」、電車なら「鞍馬口」駅が最寄りですよ。京都らしい町家をリノベーションしたお店で、入り口の小さな看板が目印です。

かざり羹

300円(税込)〜 写真は季節のかざり羹 薄荷
お店に入ると、すぐにショーケースに並べられたきれいなお菓子が目に入ります。何も知らずに見ると、羊羹だということに気付かないかもしれません!

これは「かざり羹」と名付けられた寒天とわらび粉を使った羊羹で、上にフルーツやナッツ、クリームなどをあしらったケーキのような見た目をしています。

軽い食感の羊羹と生クリームの組み合わせが珍しく、和菓子が苦手な方にもおすすめ。四角いものが定番、丸いものが限定の羊羹です。お友達やご家族で違うフレーバーを頼んで、いろいろ試したいですね♪

季節のお志るこ

1,300円(税込)
季節のフルーツがのった季節のお志るこも、うめぞの茶房らしい洗練されたひと品です。こしあんのお志るこにフルーツのさわやかさがマッチするなんて!見た目にも味にも感動です♪ 夏には志るこ氷も登場しますよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS