表参道「ワイヤードカフェ」で映画"シェフ"の大人気サンドイッチを食べてきた!

表参道駅から徒歩2〜3分のところにある「COMMUNE 246」というテントとか屋台とかカフェとかが集まったスペースにあるワイヤードカフェで牛肉たっぷりの絶品キューバサンドイッチを食べてきた!お酒にもぴったりで、人気の理由がわかりました。

絶品キューバサンドイッチが食べられるお店「Antenna<>WIRED CAFE」

いま上映中の「シェフ」っていう映画が面白いよっていう話をしましたね。
この映画、Twitterで炎上したレストランのシェフが、キューバサンドイッチの屋台で再起を図るという話なんですが、劇中に美味そうな料理がこれでもか!って登場するんです。なかでもキューバサンドイッチはいままで食べたことないし、すごい興味が沸いたので、映画館を出ると同時にスマホで検索していました。

そしたら表参道の「Antenna<>WIRED CAFE」が映画とコラボしてキューバサンドイッチをプッシュしているらしいので、さっそく食べてきました。
表参道駅から徒歩2〜3分のところにある。「COMMUNE 246」というテントとか屋台とかカフェとかが集まったスペースにあります。
奥の方に進むと巨大テントの中にAntenna<>WIRED CAFEがあった。ちなみにこのカフェ、“キューレションカフェ”というキャッチコピーなのだそうですが、なんだそりゃ。
店内の壁にはシェフの絵。主人公のカール・キャスパーだ。
キューバサンドイッチのメニューは2つです。1つは牛肉が入った「Medianoche(メディアノーチェ)」。
そして豚肉が入った「Cubano(クバーノ)」で、どちらも880円。
モヒート(850円)を付けて1500円のセットがお得なので、Medianoche&モヒートで注文してみました。外の席でいただきます。モヒートはバカルディラムを使っていてとても爽やかで美味しい。
これがMedianoche! でかい! マスタードと細かく刻んだピクルスの香りがとてもスパイシーで美味そう。
牛肉もたっぷり。こんなに肉が入っているのに、さらにハムを入れるのがキューバサンドイッチの特徴だそうです。
食べる。当然うまい。ピクルスに青唐辛子が入っているのだろうか、けっこう辛味を感じる。それとは別にマスタードが鼻にツンとくるくらい効いている。それが香ばしくボリューム感のある牛肉のローストと好相性でとにかく美味い。
最後までお肉がすごい。こんなのが屋台でやってきたらそりゃ人気になるわ。キューバサンドイッチ、最高です。マックの新メニューにでも登場してほしいです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

narumi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう