ライター : 島 六実

グルメライター / 元飲食店店長

ほかとの違いとは?宇都宮焼きそばの特徴

Photo by @yakisoba_mania_koikesan

「宇都宮焼きそば」は、じつは明確な定義がありません。お店によってトッピングやソースの味、麺の太さまでさまざまなので、食べ比べが楽しめます。

あえて特徴を述べるならば、もちもちした太麺のお店が多く、目玉焼きをのせるのが人気だという点です。提供時には薄めの味付けで、追いソースをして自分好みの濃さにするというスタイルが定着しています。

【10位】作りたての麺を使用「辻めん食堂」

Photo by @yakisoba_mania_koikesan

製麺所が直営する「辻めん食堂」は、作りたての麺を使った焼きそばが楽しめます。昔ながらのワイワイとした食堂の雰囲気で、地元民に愛されているお店です。

焼きそば以外にラーメンやうどんのメニューがあり、どれも自家製麺を使用しています。生麺直売所が併設されているので、気に入ったら気軽にテイクアウトできますよ。

焼きそば(小)

Photo by @yakisoba_mania_koikesan

350円(税込)
焼きそばは350円からと、気軽に注文できます。ソースがたっぷりからんだ濃い味の麺は、もちもちでコシの強い味わい。風味豊かな青のりとさわやかな紅しょうがをお供に、ぺろりと食べられますよ。

定食やサイドメニューが豊富なので、何度も通う常連客が絶えない人気店。機会があればラーメンやざるそばも堪能してみてください。
店舗情報

【9位】宇都宮餃子と一緒にいただく「焼きそば千代」

Photo by @sdgs1.7

「千代」は宇都宮市の中心部にある商店街、オリオン通りにあるお店です。もともと「山内屋」という焼きそば専門店でしたが、現在は餃子を合わせて楽しめる店舗になりました。

外観から内装まで、店内は昭和レトロな雰囲気。壁に貼られている焼きそばのメニューから好きなものをオーダーして、到着を待ちます。

玉子焼きそば

Photo by @sdgs1.7

550円(税抜)
宇都宮焼きそばには目玉焼きがのっているものが多いですが、千代の「玉子焼きそば」はオムレツになっています。黄色い卵と赤い紅しょうがのコントラストが美しく、食欲をそそりますね。麺は太めでボリューム満点です。

店内では、餃子専門店の餃子をいっしょにいただけます。焼きそばと宇都宮餃子、どちらも楽しみたい人におすすめのお店ですよ。
店舗情報

【8位】ファンが通う人気店「宇都宮焼きそばと餃子 伊藤商店」

Photo by 島 六実

宇都宮焼きそばの人気店「焼きそばキング」のオーナーが、移転してオープンさせたのが「伊藤商店」です。ひき肉やチーズを使った焼きそばが特徴で、さまざまなイベントに出店を続けています。

2022年にオープンした店舗ですが、オーナーの焼きそば歴が長いため、味は本格的!300円(税込)~というリーズナブルな価格が魅力のお店です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ