ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンにパリパリ食感のチョコチーズバーが登場!

Photo by muccinpurin

価格:192円(税込)
2022年6月21日(火)、ローソンから新作スイーツ「パリッと!チョコチーズバー」が発売されました。

なめらかで濃厚なクリームチーズ生地を、パリパリのミルクチョコレートでコーティング。あえてチョコレートを厚がけにすることで、パリパリ食感を表現したのだそう。気になる味わいと食感は……。

Photo by muccinpurin

原材料は、クリームチーズ、準チョコレート、加糖練乳、マーガリン、牛乳、糖類など。

Photo by muccinpurin

バーの長さは約9cm、形が崩れないようにトレーに入っていますよ。チョコチーズバー最大の魅力とされるパリパリ食感をたのしむため、冷蔵庫でしっかりと固めてからいただきます♪

最近バズったあのスイーツと似てる!?

Photo by muccinpurin

断面を見ても分かるように、チョコレートはかなりの厚がけ。ナイフで切る際もチョコレートがパリパリと割れてしまうほどの厚みでしたよ。

パリパリチョコを割って口に含むと、まろやかなクリームチーズと、ほんのりビターなチョコレートの風味が口いっぱいに広がります。チーズ部分は甘さ控えめでコクがあり、口どけのいいチーズケーキに近い味わい。チョコレートは苦すぎず甘すぎず、コーヒーとよく合いそうな味わいですよ。

Photo by muccinpurin

ただ、梅雨時期とはいえまもなく夏が訪れるこの時期は、室温でチョコレートがあっという間にやわらかくなってしまいます。パリパリ食感を味わいたいならしっかりと冷やすかもしくは、冷凍庫に短時間入れてみるのもいいかもしれません。

筆者はフォークで食べていますが、実際はしっかりと冷やしてトレーを持ちながら食べたほうがいいかもしれません。ただ、それでも手の熱でチョコレートが溶けてしまうので、食べ方には工夫が必要です。

Photo by muccinpurin

どこかで食べた味だな……と記憶を掘り起こしてみると、業務スーパーでバズったリトアニアのスイーツ「チーズケーキバー」によく似ていましたよ。

チーズケーキバーは、バー上のチーズケーキをチョコレートでコーティングした、リトアニア生まれのスイーツ。業務スーパーではバニラ、ストロベリー、ココナッツ、チョコの4種類を取り扱っています。

ひんやり濃厚で、一度食べると忘れられない味わいで人気を博しましたが、取り扱いのない店舗もあるため、ローソンで似たようなスイーツが販売されるのはうれしいですよね。確か業務スーパーのチーズケーキバーも冷凍で販売されており、半解凍して食べるタイプだったので、ローソンのチョコチーズバーも同様に軽く凍らせてもいいかもしれませんね。
詳しくはこちら▼

パリッとチョコを味わって!

Photo by muccinpurin

ローソンの新作スイーツ「チョコチーズバー」は、濃厚なクリームチーズをたっぷりのチョコレートでコーティングした、上品な味わいのスイーツ。甘さ控えめなので暑い季節でも食べやすく、大きすぎないサイズ感ながら濃厚な味わいで、コーヒーのお供にぴったり。

しっかりと冷やして、チョコレートのパリパリ食感を楽しんでくださいね♪

商品情報

■商品名:パリッと!チョコチーズバー
■内容量:1本
■価格:192円(税込)
■カロリー:1本あたり190kcal
■販売日:2022年6月21日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
Photos:7枚
パリッと!チョコチーズバーのパッケージ
パリッと!チョコチーズバーの原材料表示
パッケージから取り出したチョコチーズバー
皿に取り出し、半分にカットしたチョコチーズバー
チョコチーズバーをフォークでカットする様子
カットしたチョコチーズバーをフォークで持ち上げる様子
皿に2本並んだチョコチーズバー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ