ライター : pomipomi

ライター兼、料理愛好家。おいしい&美しいをテーマにいろいろな料理を日々研究しています。 Webサイトではヴィーガン対応のレシピも細々と公開中です。

台湾の芋団子?セブンが謎のスイーツ「芋圓」を発売

Photo by pomipomi

2022年2月、セブン-イレブンからなにやら不思議なスイーツが発売されました。その名も、「黒糖シロップジュレで食べる芋圓(ユーエン)」。ネーミングだけでは、どんな商品なのかまったく想像がつきませんよね?

調べたところ「芋圓」とは、芋団子にシロップをかけて食べる台湾の伝統菓子なのだそうです。その芋圓を黒糖シロップジュレで食べるというのが今回のスイーツ。なにやらものすごくおいしそうに思えますが、果たしてその実態は!?

頭の中が「?」でいっぱいになってしまったので、まずは実食してみることに。その味や食感を正直にレビューします。

SNSでは「待ってました!」の声が続出

Twitterでは、商品を購入した人たちの口コミが続々。「日本のコンビニで芋圓を買える日が来るとは!」「芋圓を発売するなんて、セブン最高♪」と、台湾スイーツ好きの方々にとって、待望の商品化であることがわかりました。

なかには「何件もまわってやっと手に入れた」なんて声もあり……。入手するのに苦労した人も多いようですよ。

セブン-イレブン「黒糖シロップジュレで食べる芋圓」

Photo by pomipomi

324円(税込)
直径10cm、高さ7cmほどの大きめカップに、「芋圓」と書かれたピンク色のシールが貼られています。その隙間からは、紫芋団子、黄芋団子、かのこ豆、角切りのさつまいもがちらり。どっしりと重厚感があり、豪華なビジュアルです。

横から見ると、どうやら具材は中皿に盛り付けられていて、その下にもなにか入っている様子。ドキドキしながらいざ蓋をオープン!

下の段にはもち麦が!

Photo by pomipomi

下の段には黒糖シロップジュレのほか、なんともち麦が入っていました!スイーツなのにもち麦だなんて、ちょっと驚きですよね。期待が不安に変わり、なんだか複雑な心境に……。

ちなみに1食あたり276kcalです。バターや生クリームが使われていないので、罪悪感なく食べられそうなのは嬉しいポイント。

見るからにボリューミーですが、ひとつ324円を高いと感じるか安いと感じるか、味わってみないことにはまだなんとも言えません。

ぷる、もち、シャキ、ぷち…その食感に頭が混乱!

Photo by pomipomi

大きめのスプーンで具材をひと通りすくってパクリ。ぷるぷる、もちもち、シャキシャキ、ぷちぷちと、いろいろな食感が一度に駆けめぐり、頭がパニックに。

ですが噛みしめるごとに一体感が生まれ、絶妙なハーモニーに変わりました。甘さ控えめの黒糖シロップジュレが、いい仕事をしています。すっきり清涼感のある味わいで、暑い季節に良さそうです。夏場まで販売されているといいのですが……。

ずっしりとした食べごたえ!

Photo by pomipomi

心配していたもち麦も、ほかの具材にしっかりとなじんでいます。ぷちっと楽しい歯ごたえで、むしろ入っていて大正解です。ずっしり食べごたえがあり、腹持ちの良いひと品。デザートとしてだけでなく、小腹が空いたときの軽食にもいいかもしれません。

味・価格・ボリュームを総合的に判断して、コストパフォーマンスは妥当といったところではないでしょうか。台湾スイーツ好きなら、一度は味わっておきたい商品です。
Photos:6枚
もち麦、かのこ豆、さつまいも、黄芋と紫芋の団子、黒糖ジュレが入った透明のデザートカップが、木のテーブルに置かれている
紫芋団子、黄芋団子、かのこ豆、角切りのさつまいもが入ったデザートカップが、木のテーブルの上に置かれている
もち麦と黒糖シロップジュレが入ったカップの横に、紫芋団子、黄芋団子、かのこ豆、さつまいもが入ったカップが置かれている
もち麦、紫芋団子、黄芋団子、かのこ豆、さつまいも、黒糖シロップジュレが入ったカップが、木のテーブルの上に置かれている
もち麦、紫芋団子、黄芋団子、かのこ豆、さつまいも、黒糖シロップジュレが入ったデザートを、木のスプーンですくっている
もち麦、紫芋団子、黄芋団子、かのこ豆、さつまいも、黒糖シロップジュレが入ったデザートが、木のテーブルの上に置かれている
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ