離乳食初期(生後5〜6ヶ月頃)

固ゆでした卵の卵黄を使い、耳かき1杯程度の少量から試します。体調に問題が無ければ、一日1回を目安に、少しずつ量を増やしましょう。

1〜2ヶ月かけて卵黄を1個分食べられるように、ゆっくり進めることが大切です。(※1)

離乳食中期(生後7〜8ヶ月頃)

卵白は、離乳食中期までに卵黄が1個分食べられるようになってからスタートします。卵黄と同じように、耳かき1杯程度から徐々に増やし、体調に変化がないか観察しましょう。

卵白を食べても問題が無ければ、全卵を与えられます。離乳食中期では、全卵1/3個分が目安です。(※1)

離乳食後期(生後9〜11ヶ月頃)

離乳食後期では、全卵1/2個分まで量を増やします。ゆで卵を軽く潰したり、つなぎとして、ハンバーグやお好み焼きなどに使ったりしましょう。

この頃には3回食になるので、卵を使うレシピにチャレンジすると、料理のレパートリーをグッと広げられますよ。(※1,2)

離乳食完了期(生後12〜18ヶ月頃)

離乳食完了期では食べられる食材も増え、形があるものを噛みつぶせるようになります。卵は全卵を1/2~2/3個分まで与えられるので、卵焼きや炒り卵などの料理にもチャレンジできますよ。

また、離乳食完了期からは、一日のなかで1〜2回の間食を摂ることが目安になります。卵を使うフレンチトーストや、ホットケーキなどをおやつに摂り入れるのもおすすめです。(※1,3)

離乳食で卵を食べさせるときのポイント

卵黄から食べさせ始める

卵はアレルギーの原因になりやすい食品なので、慎重に進めることが大切です。特に卵白には、オボアルブミンやオボムコイドというアレルゲンが多く含まれるため、卵黄と比べてアレルギーが強く出ます。

卵を初めて与えるときは、必ず固ゆでした卵黄からスタートしましょう。卵を半分に切り、卵白に触れていない、卵黄の中央部分からすくうのがおすすめです。(※4,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ