まるごといちご生クリーム(右)、シャインマスカット生クリーム(左)

Photo by ササキマイコ

各660円(税込)
おすすめは「まるごといちご生クリーム」。素材の旨味を味わえるパンに作りたての生クリームをたっぷりと使用しているので、ケーキのような味わいが楽しめます。

「シャインマスカット生クリーム」は、大粒のシャインマスカットが口の中で弾けるジューシーな食感がクセになること間違いなし。どちらもやさしい甘さで、飽きることなく食べられますよ。
店舗情報

【3位】伝統の味!「千疋屋総本店 横浜高島屋店」(横浜高島屋)

Photo by ササキマイコ

「千疋屋(せんびきや)総本店 横浜高島屋店」は1834年創業の老舗フルーツ専門店、千疋屋総本店の横浜支店です。贈答用の高級フルーツだけでなく、ケーキやゼリーなどのスイーツも販売しているので、ちょっとした手土産や自宅用にも使い勝手が良いですよ。

絞りたてのフレッシュジュースを楽しめるジュースバーも併設しており、買い物の合間にひと息つくのにおすすめです。

フルーツサンドイッチ

Photo by ササキマイコ

1,242円(税込)
千疋屋総本店の「フルーツサンドイッチ」は明治元年に開設した現在のフルーツパーラーの前身、「果物食堂」のときからの伝統メニューで根強い人気商品。均等にスライスされた色とりどりのフルーツたちは宝石のよう。まさしく、元祖萌え断ですね。

ホイップクリームの甘さや旬のフルーツの甘味と酸味のバランスがしっかりと計算されており、ひと口食べるだけで「さすが老舗……!」とうなる味わいです。
店舗情報

【2位】行列必須「タカノフルーツパーラー 横浜高島屋店」(横浜高島屋)

Photo by @feminist_yvonne

「タカノフルーツパーラー 横浜高島屋店」は、常に行列ができる人気店。フルーツ専門店「新宿高野」の飲食部門として1926年に開業したタカノフルーツパーラーの横浜支店です。

白と黒を基調としたシックな空間で、全国から厳選した旬のフルーツを使ったデザートメニューが楽しめますよ。並ばずに入店できるオープン直後の来訪がおすすめです。

フルーツサンドウィッチ

Photo by @wata_maki

1,210円(税込)
薄切りパンにいちご、キウイ、マンゴー、バナナを挟んだ「フルーツサンドウィッチ」。フルーツが主役となるように、甘さ控えめなホイップクリームとふわふわのパンのバランスが絶妙です。

甘味と酸味が口の中で混ざり合って、思わず笑みがこぼれるおいしさですよ。付け合わせのヨーグルトは口直しにぴったりで、いくらでも食べられそうです。
店舗情報

【1位】老舗青果専門店「横浜水信」(横浜駅)

Photo by ササキマイコ

「横浜水信 (みずのぶ)横浜ジョイナス本店」は1915年(大正4年)創業の青果店。横浜を中心に品質にこだわったフルーツや野菜を販売しています。

ジョイナス本店はJR横浜駅西口から徒歩1分の立地で、気軽に立ち寄ることができますよ。店内には美しいフルーツや野菜が並び、眺めているだけでも楽しめます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ