ライター : ササキマイコ

横浜市中区で150種類の植物を栽培しながら男子2人を育児中。明日の活力になる笑顔溢れる食卓作りに日々全力投球。

横浜には話題のフルーツサンドがたくさん

Photo by unsplash

横浜には多くの種類のフルーツサンドがあり、テイクアウトやイートインで気軽に楽しめます。SNSで話題の美しい断面(=萌え断)なフルーツサンドを取り扱う専門店や、老舗のフルーツ店が明治から受け継ぐ伝統の品まで、多種多様な店で美しくおいしいフルーツサンドを食べることができますよ。

横浜駅を中心にみなとみらいや馬車道などの中心地にさまざまな店舗があるので、手土産にも便利です。デザートに、軽食に、手土産にと、ぜひ人気のフルーツサンドをお楽しみください。

【12位】横浜最大級のパン専門エリア「サンジェルマン横浜店」(横浜高島屋)

Photo by ササキマイコ

「サンジェルマン横浜店」は関東を中心に出店している人気のベーカリー。「横浜高島屋 」の地下1階、「ベーカリースクエア」の一角にあります。

ベーカリースクエアは約40ブランド500種のパンがそろう横浜最大級のパン売り場。なかでもサンジェルマン横浜店は厨房が併設されているため、毎日焼きたてのパンを買い求めることができますよ。

とちおとめのフルーツサンド

Photo by ササキマイコ

427円(税込)
おすすめは「とちおとめのフルーツサンド」。とちおとめに、桜桃と白桃を加え、ふわふわのホイップクリームでサンドしたひと品です。

フルーツの酸味と甘さのバランスが絶妙で、ちょっと小腹が空いたときの軽食として食べるのにちょうど良い軽やかな食感が特徴的。昔ながらの純喫茶で食べるような、懐かしい味わいのフルーツサンドです。
店舗情報

【11位】食堂車気分♪「ザ ロイヤルカフェ ヨコハマ」(みなとみらい)

Photo by @treeflat_09

「THE ROYAL CAFE YOKOHAMA(ザ ロイヤルカフェ ヨコハマ)」は伊豆観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」の世界観が楽しめるカフェ。

東急東横線・みなとみらい線改札の上のフロアにあるため、駅からのアクセスが便利です。店内は列車をイメージした内装で高級感漂う大人の雰囲気ですよ。

横浜水信のフルーツサンド

Photo by @madoka0507_

1,200円(税込)
ザ ロイヤルカフェ ヨコハマでは列車で提供しているカフェやスイーツが楽しめるほか、カフェならではのメニューも展開しています。

おすすめは「横浜水信のフルーツサンド」。こちらは横浜の高級フルーツ専門店、「横浜水信」の人気商品。まるで豪華列車で食べているような気分になれるのが嬉しいですね。
店舗情報

【10位】自分好みに。「フルーツマイン 馬車道本店」(馬車道)

Photo by ササキマイコ

「FRUITMINE(フルーツマイン)馬車道本店」はフルーツサンド専門店。JR関内駅から馬車道通りへ徒歩3分、関内ホール向かいの馬車道会館ビルの2階にあります。

店内は白を基調としたおしゃれな雰囲気。窓に面したカウンター席とテーブル席があり、作りたてのフルーツサンドが食べられます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ