おいCベリーのフルーツサンド

Photo by ササキマイコ

990円(税込)
おすすめはほどよい甘味がクセになる「おいCベリーのフルーツサンド」。たっぷりとホイップクリームが入っていて、まるでショートケーキのような味わいです。

フルーツマインでは、フルーツとクリーム、パンの種類をカスタマイズできるので自分好みの組み合わせをお楽しみいただけます。店内で作りたてを食べるのはもちろん、おしゃれなパッケージは手土産にもぴったりです。
店舗情報

【9位】駅直結で便利「茶季 横浜ジョイナスダイヤキッチン店」(横浜駅)

Photo by ササキマイコ

「茶季(ちゃき)横浜ジョイナスダイヤキッチン店」は、日本屈指のティーマイスターがプロデュースするフルーツサンド専門店。横浜駅直結の駅ビル「ジョイナス横浜」の地下1階にあります。

生鮮食品や惣菜専門店が並ぶ「ジョイナスダイヤキッチン」内にあるので、日常の買い物のついでに立ち寄りやすいですよ。

ミックス(右)、キウイ(左)

Photo by ササキマイコ

650円、570円(ともに税込) ※ミックス、キウイの順
おすすめはさまざまなフルーツが入った「ミックス」。旬のフルーツのおいしさが、存分に味わえる人気メニューです。フルーツサンドのパンは、乳成分と卵不使用の豆乳食パンを使用しており、やさしい味わいが特徴的。

「キウイ」は甘いホイップクリームとキウイの酸味のバランスが絶妙で、さっぱりと食べられますよ。
店舗情報

【8位】買い物の合間に!「カフェメディオ」(そごう横浜)

Photo by ササキマイコ

「CAFE Medio(カフェメディオ)」は、そごう横浜店の7階にあるケーキと軽食が楽しめる喫茶店。デパートの物販店フロアにあるので、買い物の合間に立ち寄るのに便利です。

店内はシックで落ち着いた雰囲気で、窓際の席からは横浜駅を一望でき、開放的な気分でお茶を楽しむことができます。

フルーツサンドイッチ

Photo by ササキマイコ

1,100円(税込)
カフェメディオの「フルーツサンドイッチ」は知る人ぞ知る根強い人気のメニュー。サンドイッチに使用しているパンは小麦の旨味が感じられる厚切りサイズで、しっかりとした食べ応えがあります。

フルーツは酸味が強めでさっぱりした食感ですが、付け合わせのはちみつをかけることでマイルドな甘さにがらりと変化。買い物で疲れた身体にやさしい甘味が染み渡りますよ。
店舗情報

【7位】京都の老舗喫茶店「イノダコーヒ横浜高島屋支店」(横浜高島屋)

Photo by @siogyagu

「イノダコーヒ横浜高島屋支店」は京都に本店を置く老舗のコーヒー専門店。JR横浜駅から徒歩3分の「横浜高島屋」6階にあり、アクセスが便利です。

店内は京都のイノダコーヒを思わせるレトロでタイムスリップしたような空間。ゆったりと過ごせる座り心地の良いソファーや椅子で、横浜にいながら京都を感じられますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ