ポタージュスープ

野菜は細かくしたり、しっかり煮たりすると胃への負担を抑えられるので、ポタージュスープにして食べるとよいですよ。比較的食物繊維の量が少ない、にんじんやじゃがいも、ほうれん草などを使いましょう。油の使用量が多いと消化が悪くなるため、バターや生クリームは控えてくださいね。

コンビニで買える、レトルトのポタージュスープを取り入れると手軽でおすすめです。(※2,3)

ヨーグルトや牛乳

カルシウムが豊富な乳製品のなかで消化がよいのが、ヨーグルトや牛乳です。牛乳は温めて飲んだり、ポタージュスープに使ったりするのがおすすめ。

また、ヨーグルトは胃もたれがあるときにぴったりのデザートです。ケーキのように脂質が多い菓子類は消化不良につながるため、消化がよいヨーグルトに置き換えましょう。(※2,3,4)

豆腐や納豆

大豆製品のなかでは、脂質が少ない豆腐や納豆だと消化がよいですよ。油揚げやがんもどきは高脂質なので、胃もたれのときは控えましょう。豆腐や納豆にはたんぱく質が豊富で、消化酵素の生成に役立ちます。

ちなみに、コンビニではパック入りの豆腐のほかに、豆腐のサラダやレトルトのスープも販売されています。ぜひ活用してくださいね。(※2,3)

果物

果物の缶詰や熟した果物は、胃への負担が抑えられる食品のひとつ。バナナやりんご、桃などがおすすめです。胃酸の分泌が高まるため、グレープフルーツやパイナップルなど酸味があるものは避けましょう。

コンビニではバナナが手に入りやすいですよ。また、桃やりんごなどのカットフルーツも販売されています。(※2,4)

胃もたれの原因とは?

食べ過ぎや飲み過ぎ

胃もたれの原因はさまざまですが、一過性の場合は消化の悪いものの食べ過ぎが考えられます。揚げ物や天ぷらなど消化に時間がかかる料理を摂り過ぎると、胃に負担がかかって胃もたれにつながります。

また、アルコールの摂り過ぎにより胃の粘膜のはたらきが悪くなるおそれが。アルコールが肝臓で代謝しきれないと、アセトアルデヒドという物質が体内に残り、胃もたれを引き起こすこともあります。(※1,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ