ライター : 上田 裕美

管理栄養士

J.S.Aソムリエ、調理師。栄養専門学校を卒業後、都内イタリア料理店で専門的な料理とワインの知識を学ぶ。管理栄養士資格を取得し、在宅訪問栄養指導、病院や保育園で献立やレシピの作成…もっとみる

監修者 : 竹内 弘久

杏林大学医学部付属病院 外科医

<学歴>2015年4月 杏林大学大学院医学研究科 卒業(外科系外科学 専攻) 2015年9月 医学研究科博士号学位 取得 <医師国家試験及び医籍> 1997年4月11日 第91回 医師国家試験 合格 …もっとみる

茄子を食べると違和感…?身近なアレルギーについて

茄子を食べると口の中が痒くなる、ヒリヒリする、耳のなかが痒くなるなど、体に違和感が現れることはありませんか?

茄子だけに限らず、特定のものを食べて体に違和感が現れる場合は、アレルギー反応が出ている可能性があります。

アレルギーは身近な食材でも起こるので、特徴的な症状や、どの病院にかかったらいいのかを知っておくことが大切ですよ。(※1)

茄子を食べると起こるアレルギーは「口腔粘膜アレルギー症候群」

茄子を食べた直後に、唇や口の中の痛みや痒み、痺れなどの症状がでる場合、口腔粘膜アレルギー症候群を発症しているかもしれません。

口腔粘膜アレルギー症候群は、原因となる食品を摂取してから数分以内に症状が出現します。多くの場合、食後しばらくすると軽快していくものの、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。

アレルギーのような症状が出たときは、茄子を食べるのは避けて、体調を注意深く観察しましょう。(※1,2)

「仮性アレルゲン」の可能性も

茄子には仮性アレルゲンの一種である、ヒスタミンやアセチルコリンなどの化学物質が含まれています。

食物アレルギーは、原因となる食品を摂取すると体の免疫反応がはたらき、化学物質を体内に放出することでアレルギー症状が出現します。

一方、仮性アレルゲンとは、体に直接作用してアレルギー症状を起こす、食品に含まれる化学物質のことを指します。原因となる食品を摂取することで、食物アレルギーと同様のアレルギー症状をきたすのが特徴です。(※3,4)

茄子を食べると起こるアレルギー症状

アレルギー症状が起こる場所や種類は人によって異なり、その強さもさまざまです。下記では茄子を食べると起こりうる、口腔粘膜アレルギー症候群の症状と、仮性アレルゲンの症状を紹介します。(※1,3)

口腔粘膜アレルギー症候群で起こる症状

口腔粘膜アレルギー症候群は、野菜や果物に含まれるアレルゲンが、口腔内の粘膜に触れることで起こります。そのためほとんどの症状は、口の中に現れるのが特徴です。

主な症状としては、唇、口の中、舌で刺激感や痒み、しびれが現れる。喉の奥が詰まったような感じがする、などがあります。

また、口腔粘膜アレルギー症候群は重症になると、蕁麻疹や喘息、下痢や腹痛などの全身的な症状や、アナフィラキシーショックを起こす可能性があります。(※2,3,5)

仮性アレルゲンで起こる症状

仮性アレルゲンは、食物アレルギーと同様に、皮膚の赤みや痒みなどのアレルギー症状を引き起こします。原因となる食品を摂取した直後に症状が現れ、多くの場合は1時間以内に消失します。

仮性アレルゲンによって起こるアレルギー症状は、特定の食品を食べても、毎回起こるわけではありません。また、症状の強さは、原因となる化学物質の摂取量によっても変わります。

大量に摂取した場合は、全身の蕁麻疹や頭痛、喘息など、強い症状を引き起こす可能性があります。(※4,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ