必食グルメ「囲炉裏焼きのコース」

2,000円(税込)~ ろばた料理 山麓園
「河口湖駅から約1km、築150年の古民家で味わう囲炉裏焼きが人気のお店です。古民家はなんと、先代の店主が飛騨から移築してきたのだそう。

炉が置かれた座敷で、囲炉裏焼きのコースを5つから選べます。コースによって、牛肉や合鴨、ニジマスやイカ、トウモロコシやシイタケなど、串焼きに使われる食材はさまざま。

そして食事の最後には、カボチャや山菜などがたっぷり入った山梨の郷土料理『ほうとう鍋』が提供されます。シメまで大満足のコースを堪能してみてくださいね」

4. どこまでも続く紅葉「メタセコイア並木」(滋賀県)

Photo by ZEKKEI Japan

「県道小荒路牧野沢線沿い、全長約2.4kmにわたって植えられている、約500本のメタセコイア。まるで絵画のような上品で美しい景観が続き、ドライブコースとして最高のロケーションです。

さらに、遠くに見える野坂山地の山々とも調和し、マキノ高原へ向かう道路として、高原ならではの風景をつくり出しています。

この並木は、昭和56年に農園整備事業の一環で植えられたことに始まりました。平成6年に読売新聞社の『新・日本の街路樹百景』に選定されたことで、多くの注目を集めています」

住所:滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野
アクセス:JR「マキノ」駅からコミュニティバス・マキノ高原線で約10分、「マキノピックランド」 下車。木之本ICから車で約30分

必食グルメ「おまかせ定食」

1,500円(税込) 和風食事処ととろ
「茶そば、天ぷら、お刺身、茶碗蒸しなどが付いた『おまかせ定食』は、お店の人気メニュー。敦賀でその日に仕入れた旬の魚や、地元の野菜を使った料理を贅沢に楽しめます。

新鮮な魚の旨味やサクサクに揚がった天ぷら、茶そばのやさしい味わいなどをバランス良く味わえ、ホッと身体に染み渡るおいしさがあります」

5. 滝道を歩きながら秋を感じる「箕面公園」(大阪府)

Photo by ZEKKEI Japan

「梅田から電車で約30分、箕面山周辺にある国定公園です。見所は『日本の滝百選』に選定されている落差33mの箕面大滝。季節ごとにさまざまな顔を見せてくれ、秋には赤や黄に色付く紅葉の風景が楽しめます。

近くの阪急箕面駅から箕面大滝へは約2.8kmありますが、大滝までつながる滝道が整備されているので、初めての方でも安心なコースになっています。

そのほかにも見ごたえのある紅葉スポットが点在しており、イロハモミジやオオモミジ、アカシデなど数種類の紅葉を鑑賞することができます」

住所:大阪府箕面市箕面公園
アクセス:北大阪急行線 千里中央駅から阪急バス(11番停留所)で箕面(箕面駅前)下車。箕面大滝まで徒歩約40分。大阪市内から車で約30分

必食グルメ「ゆずりはランチ」

1944円(税込) カフェ&ギャラリー ゆずりは
「公園内、滝道を歩いて10分ほどの場所にある『カフェ&ギャラリー ゆずりは』。隣接する『一汁ニ菜 うえの』の料理人が作る、やさしい味わいのランチや自家製のデザートが味わえるカフェです。

ランチメニューの多くは、主菜・副菜・鯛茶漬・ご飯・漬物・ミニデザートがセットになっており、内容もその時々で替わるので、訪れるたびにさまざまなおいしさを楽しめます。

掘りごたつ式のカウンター席がおすすめ。初夏に新緑、秋に紅葉と、目の前に広がる自然を堪能しながら食事ができるんですよ!」

6. 雄大な山脈と紅葉「石鎚神社」(愛媛県)

Photo by ZEKKEI Japan

「石鎚(いしづち)神社は西日本最高峰 石鎚山を神体山とし、山麓に鎮座する本社(口之宮)、中腹にある成就社(中宮)と土小屋遥拝殿(つちごやようはいでん)、山頂にある頂上社という4社を総称した呼び名です。

紅葉の名所として知られ、例年10月上旬頃を境に山頂から紅葉が色付き始めます。石鎚山一帯は険しい山々になりますが、下谷駅から成就駅までロープウェイが利用でき、観光リフトを乗り継いで徒歩10分ほどで、中腹の成就社(中宮)まで行くことができます。

ロープウェイやリフトを利用することで、切り立った山肌を上りながら、雄大な山脈を眼下に空中散策も楽しめます」

住所:愛媛県西条市西田甲797
アクセス:JR伊予西条駅から「せとうちバス西ノ川行き」で約60分、ロープウェイ前下車、ロープウェイで約5分、終点下車、そこから徒歩約3時間。いよ西条ICから約50分
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ