ライター : オミ

グルメ&情報ライター

航空、教育、美容業界での経験と勘を活かして、地域密着型の情報ライターもしています。macaroni読者様へ、阪神圏のおいしくて素敵なお店やグルメ情報をたくさん紹介していきます。

兵庫県姫路市のご当地グルメ「姫路おでん」の特徴は?

Photo by オミ

姫路おでんは、おでんにしょうが醤油をかけたりつけたりして食べます。

具材やだしなどは一般的なおでんと変わりませんが、しょうが醤油で食べると「姫路おでん」になるのです。姫路市を中心とした地域で親しまれている、ありそうでなかった食べ方。2006年に「姫路おでん」と名付けられました。

姫路おでんの始まりは、大正末期か昭和初期からなど諸説あります。味を調整するために、甘辛い関東煮(かんとだき:関東風おでんを指す)に、地場産業の醤油としょうがで作った、しょうが醤油をかけて食べたのがルーツと言われています。

1. 姫路おでんをはじめ播州名物を楽しめる「居酒屋 楽歳 姫路南店」

夜の町に映える明るい提灯と、古民家の建物で風情たっぷりな「居酒屋 楽歳(がっさい)姫路南店」。種類豊富なお酒と、新鮮な魚介類がおいしい居酒屋です。

良心的な価格帯で、おいしい居酒屋メニューが楽しめると評判のお店ですが、姫路おでんも実力派メニューのひとつなんですよ。

姫路おでん盛

Photo by @vetro_457

600円(税込)
人気メニューの「姫路おでん盛」には、焼きちくわやごぼう天、大根など、おでんに欠かせない人気の具が大集合!どれもお出汁のしみ込んだ、深い味わいです。

おろしたてのしょうが醤油をかけて、あっさりしながら旨みのある姫路おでんを味わいましょう。

姫路の地酒はもちろん、全国の珍しいお酒もあるので、姫路おでんをあてに楽しむのもいいですね♪
店舗情報

2. 食べ始めると止まらない!「十七八」

JR姫路駅から姫路城へ向かう途中にある「十七八(となはち)」は、昭和7年創業の老舗。姫路市民から長年愛されているおでん屋さんです。

名物女将が切り盛りする、カウンター10席ほどのお店。店内は、おでんをあてにお酒を楽しむお客さんでいつも賑わっています。

お品書きが一切ないのですが、旬の野菜や山菜などの珍しいおでんが女性に人気。女将の明瞭会計も名物のひとつですよ。

焼き豆腐、牛すじ、がんもどき、ワカメ

十七八のおでんは、いわゆる関西風のおでん。透明感のある繊細な出汁がおいしいと評判です。

がんもどきや焼き豆腐など、おでん種はとてもふんわりとした仕上がり。出汁がよくしみた、極上の味です。

厚揚げや焼き豆腐など人気メニューのほか、「しゅうまい」も大人気。ワラビやフキをかんぴょうで巻いたものなど、女性に好まれるメニューも盛りだくさんですよ。
店舗情報

3. 姫路おでんの串刺しが映える「酒饌亭 灘菊かっぱ亭」

Photo by @kuro1227dora

「酒饌亭灘菊(しゅせんていなだぎく)かっぱ亭」は、明治43年創業の灘菊酒造が運営をしているお店。姫路おでん以外にも、酒粕たっぷりのおでんや居酒屋メニューを、おいしいお酒と一緒に味わえます。

店内を見渡すと目に入るのが、テーブル席に置かれた太鼓の椅子。本物の太鼓を使っているのだそう。楽しい気分でおいしいものがいただけますね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ