ライター : ササキマイコ

横浜市中区で150種類の植物を栽培しながら男子2人を育児中。明日の活力になる笑顔溢れる食卓作りに日々全力投球。

湘南の人気観光エリア「江ノ島」で海鮮を満喫

Photo by ササキマイコ

江ノ島は、湘南を代表する観光エリアです。島内には「江ノ島神社」や展望台「江ノ島シーキャンドル」、海食洞窟「江の島岩屋」などの観光スポットが多数あり、一日中楽しむことができます。

名物の生しらすをはじめ、新鮮な地魚を提供する飲食店が島内の至る場所にあり、海の幸を目当てに来島する人も多いんですよ。

1. 行列の絶えない人気店!「とびっちょ本店」

Photo by ササキマイコ

「とびっちょ本店」は江ノ島大橋を渡り、「県営江の島なぎさ駐車場」の目の前にあるしらす料理専門店。獲れたての生しらすは鮮度抜群で、週末ともなると開店前から行列ができるほどの人気店です。

事前に来訪が決まっている方は、インターネットでの予約がおすすめ。予約なしでも店頭の受付機で整理券を配布しているので、江ノ島を散策しながら順番を待つことができます。

江の島づくし御膳

Photo by ササキマイコ

3,500円(税込)
おすすめは「江の島づくし御膳」。新鮮な魚介がふんだんにのった「とびっちょ丼」や、しらすをたっぷり使った「しらすのかき揚げ」など、とびっちょ本店の人気メニューが一度に楽しめます。

セットにはしらすの茶碗蒸し、生のり味噌汁がつき、さざえのつぼ焼きか焼きはまぐりが選べてボリュームたっぷりですよ。
店舗情報

2. 刺身から煮付けまで網羅♪「藤浪」

Photo by ササキマイコ

「藤浪」は江ノ島に入って左手側の「江の島観光案内所」近くにある海鮮料理店。一軒家風の造りで、2階席からは江ノ島の海が一望できます。料理のおいしさはもちろんのこと、景観の良さも魅力。

1階にはおひとりさまでも気兼ねなく入れるカウンター席もあるため、新鮮な海鮮料理をつまみに楽しむこともできますよ。

本日の定食

1,500円(税込)
おすすめの「本日の定食」は、小坪漁港で仕入れた新鮮な魚介がたっぷりと味わえる人気ナンバーワンメニューで、早くから売り切れてしまうこともしばしば。

日替わりの刺身に煮付け、釜あげしらすに小鉢と味噌汁がついて、1,500円というリーズナブルさが嬉しいですね。いろいろな料理を少しずつ味わいたい方にぴったりです。
店舗情報

3. 島内唯一の漁師直営店「ゑじま」

Photo by ササキマイコ

観光客で賑わう弁財天仲見世通りから細い路地に入った場所にある「ゑじま」は、江ノ島島内唯一の漁師が経営する料理店です。漁師直営なだけあって、朝獲れの魚介の新鮮さと、ほかの店では実現できない驚きの価格が自慢。

1月から3月の禁漁時を除いて、新鮮な生しらすが楽しめますよ。ただし生しらす漁は天候に左右されるため、確実に食べたい方は公式Twitterで入荷情報を確認してくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ