ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

バスチーがベリートッピングで華やかに♪

Photo by muccinpurin

2021年7月13日(火)、ローソンから新作スイーツ「ベリベリバスチー -バスク風チーズケーキ-」が発売されました。

ローソンの人気スイーツ、バスチーにクランベリーをのせ、ラズベリー、ストロベリー、ブルーベリーの3種のベリーを合わせて作ったジュレとサワーミルククリームをトッピング。これまでになりさっぱりとしたバスチーの味わいをレビューします。

ローソン「ベリベリバスチー -バスク風チーズケーキ-」

Photo by muccinpurin

「ベリベリバスチー -バスク風チーズケーキ-」380円(税込)
2019年の登場から幾多の進化を遂げてきたバスチー。カラメルの香ばしさとねっとりとなめらかな食感で、多くの人々を魅了してきました。

今作のバスチーは、クランベリーをトッピングし、ラズベリー、ストロベリー、ブルーベリーという3種のベリーから作られたジュレとサワーミルククリームをトッピングしたさわやか仕立てとなっています。

Photo by muccinpurin

原材料は、オーストラリアと国内製造のクリームチーズ、砂糖、水飴、卵、クリーム、牛乳など。ベリー類では、ドライクランベリー、加糖イチゴピューレ、ラズベリー、ブルーベリーピューレなどが使われています。

これまで抹茶、ほうじ茶、チョコなどの変わり種アレンジはありましたが、ベリーとの組み合わせは初めてではないでしょうか。

ベリーが映える華やかなビジュアル

Photo by muccinpurin

真っ白なサワーミルククリームに真っ赤なベリーがよく映えます。焼きっぱなしで茶色い見た目だったバスチーが、ベリーの色が入ることで一気に華やかになりましたね。サワーミルククリームとベリーの甘酸っぱい香りが、夏にぴったりです。

税込380円、1個当たりのカロリーは484kcalでした。

バスチー史上、もっともさわやかな気がする…!

Photo by muccinpurin

断面はご覧の通り、上からベリーソース、ドライクランベリー、サワーミルククリーム、3種のベリージュレ、バスチーとなっています。トッピングだけでなくバスチーのボトムにもドライクランベリーが敷き込まれていて、とても贅沢ですね。

ひと口頬張ると、ベリーの甘酸っぱさにきゅん。バスチーといえばほろ苦いカラメル風味が特徴ですが、ベリーの酸味のせいか香ばしさはあまり感じません。むしろ甘酸っぱいベリーとバスチーの相性がいいので、カラメルが控えめでちょうどいい味わいです。

Photo by muccinpurin

ドライクランベリーはシャキシャキと食感がよく、なめらかなバスチーのいいアクセントになっています。

これまで、甘めのチョコバスチー、香ばしく香り高いほうじ茶バスチーなどさまざまなアレンジバスチーが登場してきましたが、さわやかさならベリベリバスチーがナンバーワン。さすが真夏に発売されるだけのことはあります。

期間限定と言わず定番化希望!

Photo by muccinpurin

ベリーの甘酸っぱさと濃厚なバスチーがベストマッチで、期間限定にするには惜しい組み合わせでした。同日に発売された「バスチー -バスク風ほうじ茶チーズケーキ-」もかなりのクオリティでしたが、ベリベリバスチーも負けないくらいいい仕上がり。相反する二種類のバスチーをぜひ食べ比べてみてくださいね。

関連記事はこちら▼
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:ベリベリバスチー -バスク風チーズケーキ-
■内容量:1個
■価格:380円(税込)
■カロリー:1個あたり484kcal
■販売日:2021年7月13日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
皿に盛られたベリベリバスチー
ベリベリバスチー -バスク風チーズケーキ-のパッケージ
ベリベリバスチー -バスク風チーズケーキ-の原材料表示
蓋を外したベリベリバスチー -バスク風チーズケーキ-
ベリベリバスチー -バスク風チーズケーキ-の断面
ベリベリバスチーをフォークでカットする様子
皿に盛られたベリベリバスチー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ