6. 野菜うどん

主食と野菜が一度に摂れて、食べやすい野菜うどんは重宝するメニューのひとつ。うどんは塩分を含むものが多いので、洗ってから使いましょう。

作るのが大変なときは、しらすや豆腐などをプラスすればひと品でもたんぱく質や穀類などが摂れてバランスが整いますよ。

7. りんごとさつまいも煮

素材の甘さを感じられるりんごとさつまいも煮です。離乳食の進み具合に合わせて、さつまいもの水分量を調節してくださいね。どちらも形状がやわらかくなりやすく、離乳食に向いています。

りんごやさつまいもは、食物繊維を含んでいるため、便秘がちな赤ちゃんにおすすめですよ。

7ヶ月の離乳食の量は赤ちゃんに合わせて

7ヶ月頃の赤ちゃんは少しずつ形のあるものを食べられるようになってきます。一方で、急に離乳食を食べなくなったり、食べずに遊んでしまったりと、お母さんを悩ませることも。

7ヶ月頃の離乳食の目安量は示されていますが、必ずその量を食べなければいけないわけではありません。個人差があるものなので、あくまで目安として参考にしてくださいね。

大人でも食欲がない日があるように、赤ちゃんにも気分がのらない日があります。食べさせなくてはと気を張らずに、食べないときは割り切って、食事は楽しい時間として過ごしましょう!
【参考文献】
授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版)実践の手引|公益財団法人 母子衛生研究会
八訂食品成分表2021|女子栄養大学出版部
(2021/07/29参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ