離乳食を食べてくれないときの対処法は?

はじめは順調だったのに、離乳食をあまり食べなくなると心配になりますよね。食べる量や発育には個人差があるため、成長曲線(赤ちゃんの身長と体重から成長を図る目安となるグラフ)に沿うように体重が増えていれば過度な心配はいりません。

離乳食を食べなくなる原因はそれぞれ異なります。舌触りが変わって混乱している、同じ味に飽きてしまう、食べるより遊んでいたいなど、成長に伴って赤ちゃんの精神的な発達や、興味の広がりがみられるようになります。

こうすれば離乳食を食べるようになると言い切れる対処法はありませんが、一度形態を戻す・または進めてみる、新しい食材を試してみる、めいっぱい遊ばせてから食事にするなど、できる範囲で試してみてくださいね。

しかし、せっかく作ったのに食べてくれないことが続くとお母さんも疲れてしまうので、食べない時期なんだと割り切って、無理強いせずに切り上げましょう。

7ヶ月の離乳食に。おすすめレシピ7選

1. 納豆がゆ

ひきわり納豆を使い、刻む手間がはぶけるのがうれしい納豆がゆです。納豆のねばりは、熱湯をかけると気にならなくなります。

ひきわり納豆は慣れたらそのまま与えられるので、手軽にたんぱく質を摂ることができて重宝しますよ。

2. 卵黄入りかゆ

はじめて卵黄にチャレンジするときにも使える、卵黄おかゆレシピです。しっかりと加熱して固ゆでのゆで卵を作り、卵黄のみを使いましょう。

アレルギー症状がなく、慣れてきたら全卵でもアレンジ可能です。

3. じゃがいもとブロッコリーのマッシュ

じゃがいものマッシュとブロッコリーを合わせて、野菜のおかずに。ブロッコリーは単品だと口の中でまとまりにくいですが、じゃがいものマッシュと合わせることで食べやすくなりますよ。

飲み込みづらそうな場合は、だしや白湯で少しのばしてあげると飲み込みやすくなります。

4. ツナと野菜ミックス煮

家庭にある野菜で作れる、ツナと野菜の煮物です。冷凍をしてストックしておけば、時間がないときにもすぐ調理できて便利ですよ。ツナ缶は湯通しをして、具材は簡単につぶれるくらいのやわらかさまで煮込みましょう。

野菜とツナから出るだしで、味つけなしでも素材の旨みが感じられますよ。

5. 豆腐と野菜のだし煮

野菜と豆腐を煮込む素朴なだし煮です。だしは、好きな素材からひいたり、赤ちゃん用のものを使ったりとお好みで。野菜からも十分だしが出ますよ。

食材を舌でつぶすのが上手になったら、大きめの豆腐にチャレンジしてみるのもおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ