ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

クラフトコーラブームを盛り上げる新作が登場!

Photo by muccinpurin

2021年6月20日(日)、成城石井から新作ドリンク「成城石井 クラフトコーラ」が発売されました。

ここ数年ブームになっているクラフトコーラですが、成城石井のオリジナルクラフトコーラはほかとはひと味違った材料を使っているのだとか。気になる味わいをレビューします!

成城石井「クラフトコーラ」

Photo by muccinpurin

「成城石井 クラフトコーラ」270円(税込)
世界初のクラフトコーラ専門店ができたり、クラフトコーラのレシピを元におうちでコーラづくりを楽しむ人が増えたりと、世は空前のクラフトコーラブーム。スーパーやコンビニでも気軽にクラフトコーラが手に入るようになりました。

このたび成城石井からもクラフトコーラが発売されたと聞き、さっそく購入。昭和レトロパッケージに包まれ、1本470ml入り、税込270円で販売されています。

6種のスパイスと4種のフルーツ果汁配合

Photo by muccinpurin

スパイスの組み合わせや量、果汁のチョイスなど、作り手によってそれぞれに違うのがクラフトコーラの魅力ですよね。成城石井のクラフトコーラは、シナモン、カルダモン、クローブ、オールスパイス、スターアニスの6種類のスパイスを配合。さらに、レモン果汁、カムカム果汁、グレープフルーツ、オレンジという4種類の果汁を使ってフルーティーに仕上げられているようですよ。

ちなみにカムカムとは、南米アマゾン周辺で育ち、ビタミンCの含有量が世界一を誇るというフルーツ。その量はレモンの60倍ともいわれています。そう聞いただけでも喉の奥がキューっとしてきますよね。

さらに、高知産の生姜のほか、燻製酢も使っているのだそう。これまでいくつかのクラフトコーラを飲んできましたが、お酢を使ったものは初めての体験です。

果汁メインのすっきりとした味わい

Photo by muccinpurin

グラスに注いでみると、ごらんの通り透き通った美しい琥珀色。コーラにおいしそうな色を付けるのには一般的にカラメルエキスが使われますが、その量によって色合いが変わってきます。淡い色合いから一見してコーラっぽくありませんが、味はどうでしょうか。

6種配合されたスパイスはどれも尖った刺激はなく、マイルドな味わい。よく味わいながら飲むとかろうじてカルダモンやシナモンが強い気もしますが、そんなことは差し置いてもちょうどいいバランスです。

Photo by muccinpurin

気になるすっぱフルーツ、カムカムの味わいですが、レモンやオレンジの清涼感に交じってそこまですっぱすぎることはありませんでしたよ。とはいえこれまで飲んできたどのクラフトコーラよりもすっきり感があり、コーラというよりもスパイスがたっぷりと入った、フルーティーな炭酸飲料といったかんじでしょうか。

燻製酢もカドがない酸味で、全体をマイルドな味にしてくれているように感じます。炭酸も強すぎず、暑い夏にすっきりとしたのど越しが楽しめそうです。

とにかくフルーツが前面に押し出されていて、砂糖の甘さは控えめ。「炭酸飲料の甘い感じが苦手」という方にも飲みやすくなっていますよ。

すっきりタイプのコーラなら成城石井!

Photo by muccinpurin

クラフトコーラブームにのり、各社オリジナルコーラが次々と発売されるなか、筆者が飲んだクラフトコーラではもっともフルーティーで飲みやすい印象でした。

どうやらこの夏は暑さが厳しいらしいので、キンキンに冷やした成城石井のクラフトコーラでのどを潤す作戦はいかがでしょう。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:成城石井 クラフトコーラ
■内容量:410ml
■価格:270円(税込)
■カロリー:100mlあたり45kcal
■発売日:2021年6月20日(日)
■販売場所:全国の成城石井各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:6枚
コーラをグラスに注ぐ様子
成城石井クラフトコーラを手で持った様子
クラフトコーラの原材料表示
グラスに注がれたクラフトコーラ
クラフトコーラが注がれたグラスを手で持つ様子
成城石井のクラフトコーラを手で持った様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ