チョコレートのパブロヴァパフェ

Photo by 高井なお

1,320円(税込)
2021年5月からのメニュー「チョコレートのパブロヴァパフェ」。メレンゲ菓子の中に自家製ピスタチオアイスとガトーショコラを閉じ込め、ソフトクリームとナッツをトッピングした創作パフェです。

ソフトクリームは、道東・興部町(おこっぺちょう)「ノースプレインファム」のミルクを使った無添加のもの。とろ~りサクッ♪ の新食感が楽しめます。
店舗情報

4. 苺ソースたっぷり「円山茶寮」

Photo by 高井なお

西28丁目駅からほど近い“北円山エリア”に店を構える「円山茶寮」。創業は1987年と札幌に数少ない老舗で、現在も幅広い層から支持を得ている人気のお店です。

古い民家を改装した店内はノスタルジックな雰囲気。一歩足を踏み入れると、過去にタイムスリップしたかのような気持ちになれますよ。

苺ぜんざい白玉入り

Photo by 高井なお

1,100円(税込)
豊富なメニューのなかでも特に人気なのが「苺ぜんざい白玉入り」。器からあふれんばかりの苺ソースと大きな白玉が目を引く、映え系のひと品です。

中にはストロベリーアイスとやさしい甘さの自家製つぶあんがたっぷり♪ 筆者もいつも食べきれるか不安になりますが、 苺の酸味とプチプチ食感のおかげで、気がつくと完食している魅惑のぜんざいです。
店舗情報

5. 一日100食限定「あんみつさきの」

Photo by 高井なお

北1条通り沿いにある円山第一鳥居の前に店を構える「あんみつ さきの」。東京の老舗甘味処で修業した店主が、2020年9月にオープンさせたあんみつ専門店です。

“あまりのおいしさに感動した本場のあんみつを、北海道の人にも食べてほしい”という想いから素材や製法など、とことん本場に忠実につくられています。

あんみつ

Photo by 高井なお

630円(税込)
寒天やあんこなど、ひとつひとつのパーツを味わうためにまずオーダーしたいのが、プレーンな「あんみつ」。伊豆諸島の天草を使った「寒天」はプリっと弾力があり、北海道産の赤えんどう豆はほくほくの食感です♪

店主ひとりでおこなう仕込みにかかる時間はなんと5時間以上!本場の味をぜひ楽しんでみてくださいね。
店舗情報

6. 北海道産にこだわる「カフェレイン」

Photo by 高井なお

円山の表参道沿いに店を構える、パウンドケーキ専門店「cafe Rain(カフェレイン)」。看板商品のパウンドケーキをはじめ、実はフードメニューも北海道産の厳選素材にこだわっているんです。

2階は全席ソファー席で、ゆったりくつろげる店内。小上がりもあるため、お子様連れのママもおしゃれな雰囲気のなかで過ごすことができますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ