ローディング中

Loading...

家庭料理の定番料理、カレー。作りすぎて余ったカレーは冷凍保存こそ賢い!冷凍保存の上手な方法を覚えれば、常温や冷蔵よりもグンと日持ちします!今回は、カレーを冷凍保存する方法や保存期間について、また、解凍方法も併せて紹介します。

カレーを日持ちさせる冷凍保存

家庭料理の定番と言えばカレーですが、ついつい多めに作ってしまうもの。もっとも、何日かに分けて食べることを前提としている人も多く、カレーは日持ちする料理と思っている人も少なくないと思います。

しかし、カレーはどのくらい日持ちするのでしょうか。ここでは、カレーの保存方法、とりわけ冷凍保存について紹介していきます。

冷蔵よりも冷凍

カレーの常温での賞味期限は1日程度です。何日にも分けて食べている人にとって、もしかしたら意外に思われるかもしれません。特に気温の高い夏場や細菌が繁殖しやすくなる梅雨時などは、1日ももたないこともあるのです。そうなると、カレーを冷蔵保存するようにしようと考えるものです。それでも、カレーの冷蔵庫での保存の目安は2日~3日程度と覚えておきましょう。

さらにカレーを長期的に保存しておきたい場合は、冷凍がおすすめです。ですが、ここで気をつけておきたいのは、じゃがいもです。実は、じゃがいもは冷凍には向きません。カレーを保存する際は、じゃがいもを取り除いておくか、潰すしかありません。また、カレーを冷凍保存する際は、加熱した後に十分冷まして行うようにしましょう。

カレーを保存用袋で冷凍する方法

カレーを冷凍する場合は、一度加熱しておいてから十分に冷まし、それからタッパーやフリーザーパックに入れます。もっとも手軽なのはジッパー付きの保存用の袋です。冷凍の場合はできるだけ短時間で急速に冷凍するのがポイントです。これが、おいしくカレーを食べるポイントです。ここでは、冷凍でのカレーの保存の仕方と保存期間について紹介します。

保存の仕方

冷凍保存するときの基本は、カレーをいったん加熱して十分に冷ましてから冷凍保存をするようにします。保存用袋に入れて、冷凍保存を行います。この時、できるだけ短時間で急速冷凍しましょう。

これは、カレーのおいしさをそのまま冷凍で閉じ込めるようにしたいからです。基本的には、平らになるように保存袋に入れます。この方が急速に冷凍できるため。アルミパットの上に保存用袋を平らにして置き、そのまま冷凍庫に入れるようにすると、早く冷凍できるのでおすすめです。

保存期間

このときの保存期間の目安は約1ヵ月となります。常温にするよりもかなりの期間、保存することができるのでおすすめです。解凍する際は、できるだけ自然に解凍したほうがいいです。できれば、食べる前日から冷蔵庫に入れて自然にゆっくりと解凍するようにしましょう。それから、電子レンジで加熱するか、あるいは鍋に移してから加熱して食べるようにします。
▼カレーの肉が短時間で柔らかくなる方法は?

製氷皿を使って冷凍

カレーを冷凍するにはさまざまな方法がありますが、中でも製氷皿に入れての冷凍はかなりお手軽!とはいえ、製氷皿にはカレーを移しにくいので、スプーンなどでカレーを移していく方法が一般的です。

製氷皿で冷凍保存する最大のメリットはカレーを小分けにできること。それも、手軽にできますので、後で解凍するときにも重宝します。

袋に入れて保存する方法もいいのですが、基本的にカレーはカチカチに凍りませんので、ビニールなどの保存袋に入れてしまうと、解凍時が大変になってしまいます。もっとも、自分のやりやすいようにカレーを解凍してみましょう。試行錯誤しながら、自分にしっくりくる方法を探すのも楽しいものです。

保存の仕方

保存方法としては、スプーンなどでこまめに移していきます。そして、上から空気が入らないようにラップします。そのままラップせずに冷凍すると、風味が逃げてしまうので気をつけましょう。できるだけ空気が入らないようにラップするのがポイントです。

解凍する際にも製氷皿は便利です。氷のように使う分だけ割って解凍することができるからです。

保存期間

冷凍の場合はいかなる場合でも、保存期間は1ヶ月が目安となります。それ以上になると、風味の点で劣ります。冷凍すると無期限に食べられるような気がしますが、基本的にはできるだけ早く食べることを心がけましょう。あくまでも、一時的に保存するというスタンスです。

冷凍の際は、じゃがいもなど具材に注意

カレーを冷凍保存するときに気をつけなければいけないのが、具材。中でもじゃがいもと人参は要注意なのです。ここでは、カレーを冷凍する際に気をつけたいことを具材を中心に紹介しています。

じゃがいも・人参

カレーを冷凍する際にネックとなるのがじゃがいもと人参です。じゃがいもや人参は、そのままだと冷凍するには向かない具材なのです。ここでは、じゃがいも・人参の入ったカレーを冷凍するときの注意事項などを紹介します。

取り除く・すりつぶす

カレーを冷凍する場合、そのまま冷凍するのでは、具材のじゃがいもや人参がカスカスになってしまい、じゃがいも・人参本来の風味がなくなってしまいます。ですので、カレーを冷凍保存する際には、じゃがいも・人参を取り除くようにしたほうがいいでしょう。

また、取り除くのが面倒でしたら、じゃがいも・人参をすりつぶすようにします。基本的には、具材を除いたカレーのみを冷凍するように心がけましょう。

じゃがいもと人参には意外と水分が多く含まれています。ですから冷凍・解凍を繰り返すと、どうしても、じゃがいもと人参の水分が抜けてカスカスになってしまいます。それと同時に風味も失われてしまうのです。

これを回避するために、冷凍時にじゃがいもや人参を取り除くのですが、上述したように、すりつぶす方法もありますし、カレーを作るときにできるだけ、じゃがいもと人参を小さく切った上でカレーに追加するようにしてもよいでしょう。

もっとも、じゃがいもはカレーに溶けやすいので小さくすると同化してしまうこともあります。このあたりのさじ加減が難しいのですが、最初から冷凍ありきでしたら、考えておきたい方法です。
▼カレーにコクを出したいときは、これ!

カレーを冷凍する際のポイント

カレーを冷凍する際のポイントを紹介します。

冷凍する際は、まずはカレーを加熱してそこから十分に冷ました上で冷凍します。カレーを十分に熱するので、なかなか冷ますことができないとき、急いでいるときは、水につけるなどの処置をして冷ますようにします。

一度加熱するのは、ウェルシュ菌を繁殖させないためです。加熱のときは、よくかきまぜながらカレーを加熱するようにしましょう。また、冷凍するときは、できるだけ急速冷凍が良いです。これはカレー本来の持つ風味を閉じ込めておくためです。冷凍時に気をつけておくだけで、解凍してからのカレーの風味が際立ちます。

日持ち効果のあるスパイス

冷凍する際、カレーの日持ちはどのくらいなのか気になりますよね。カレーにはたくさんのスパイスが含まれているのですが、殺菌作用、防腐作用のあるスパイスが多く日持ち効果も抜群です。

中でもカルダモンは消臭効果もありますので、とても重宝します。他にもオレガノも防腐作用や消臭効果がありますので、スパイスとしては積極的に入れたいものといえます。

冷凍カレーの解凍方法

一度カレーを冷凍すると、次に食べるときは、カレーを解凍しなくてはいけません。単にレンジで解凍するのではなく、ひと手間かけるだけでずいぶんとカレーの風味が違ってくるのです。ここではカレーの解凍方法を紹介します。

冷蔵庫で自然解凍

冷凍したものを解凍するのは、レンジの役目と思っている人も多いでしょう。確かにそうなのですが、カレーに関してレンジでの解凍はまず失敗します。とくに保存袋で冷凍していた場合、レンジにかけると必ずと言っていいほど、袋が破けてしまうのです。

時間がかかりますが、カレーは自然解凍するようにしましょう。この場合、冷凍庫から冷蔵庫に移す解凍方法でも大丈夫です。他の容器に移せるように柔らかくなったら、どのような解凍でもかまいません。電子レンジでも軽く解凍するだけなら大丈夫です。

カレーの冷凍方法によって、解凍方法を変える人もいるようですが、自然解凍の場合はその方法に大差はありません。放っておくだけなのですが、時間があれば冷蔵庫でゆっくりと解凍するようにしましょう。

湯煎で解凍

湯煎で解凍するのもオーソドックスな方法です。この場合は、冷凍時にしっかりと密閉できる、保存袋あるいは冷凍パックなどに、カレーを詰めるようにします。冷凍したものを解凍するのは基本的には自然解凍が一番なのですが、湯煎も負けてはいません。

自然解凍にかける時間がないとき、急いでいるときには、湯煎での解凍がおすすめです。ある程度解凍したら、そのまま鍋に入れて加熱します。

レンジで解凍

冷凍したものを解凍するには、レンジを使うのが効果的と考える人も少なくないのですが、カレーの場合は基本的にレンジでの解凍はしないほうがいいです。もっとも、レンジでの解凍と他の解凍をミックスする場合は、その限りではありません。レンジのみの解凍は時間がかかるのと、熱ムラを起こしやすいというデメリットがあります。ある程度、レンジで解凍して、そのあとは鍋に移して加熱する方法がよいでしょう。

カレーを賢く冷凍保存して長く楽しむ!

ついつい多めに作りすぎてしまうカレーですが、冷凍保存の方法をしっかりとマスターしておくと作りすぎて余ってしまっても怖くありません。もっとも、一番良い冷凍方法は具材を入れないカレーのみの冷凍です。

カレーに欠かせないじゃがいもや人参もそのまま冷凍したいのですが、水分が多いので、冷凍・解凍時に水分が抜けてぱさぱさになってしまうのです。じゃがいも・人参といった具材を取り除いてしまうと、後はどのように冷凍しても、解凍時の手間もそれほどかからずにおいしくカレーを食べることができます。

上手にカレーを冷凍保存し、そのままはもちろん、ドリアやコロッケなどアレンジレシピも楽しんでしまいましょう♩
▼おいしいアレンジレシピはこちら
▼シチューを冷凍保存するコツはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

カレー レシピ

プチプラファッションで人気の「しまむら」。そのしまむらで買えるスヌーピーのデコカレーがかわいいと話題になっていることをご存知でしょうか。今回はしまむらのライス型を使った、簡単でかわいいスヌーピーカレーの作り方…

暑くなると食べたくなるアイスですが、冷凍庫に保存したアイスの賞味期限はいつまでかご存じですか?何週間も前に買ったアイス、未開封なら食べても大丈夫なのか、開けてしまったらアイスも腐るの?など、アイスの気になる保…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

柿は昔から、「医者いらず」と言われているほど、栄養バランスが整っています。今回は、柿の効能についてまとめてみました。柿にはどんな栄養素が含まれていて、どのような効果が期待できるのでしょうか。この記事を読めば、…

調味料 サラダ

知る人ぞ知るフォロのドレッシングに魅了される人が続出中。濃厚でクリーミーな味が、野菜を引き立たせてくれるんです。カルディで爆発的に売れているフォロミールドレッシングと関係あるのでしょうか!? フォロのドレッシ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る