ローディング中

Loading...

生姜焼きは家庭の定番メニュー。でも、お肉はどの部位を選んだら良いのだろう……と悩んでしまうことはありませんか?おいしい生姜焼きを作るのにおすすめの部位や、お肉をやわらかくする方法をご紹介します。今晩は生姜焼きで決まり!

生姜焼きに合う部位が知りたい!

生姜焼きを食べた時にお肉が硬くて噛み切れなかったり、ジューシーさがなくパサついたりしてるものは、食べてもおいしくありませんよね。自宅で作る生姜焼きも柔らかくてジューシーにしたい!と、どんな人でも思うはずです。

お肉にさまざまな下処理を施すことも大切ですが、それ以前に、お肉の部位選びも大切なんですよ。やわらかい生姜焼きが食べたい時には、どの部位を選ぶのがベストなのでしょうか?

生姜焼きに一番合う部位は?

生姜焼きといえば、豚の生姜焼き。まずは、最もおすすめの部位をご紹介します。

おすすめはロース肉

生姜焼きにおすすめなのはロース肉。ロースと一口に言っても豚ロース肉、そして豚肩ロース肉が販売されてますが、どちらも生姜焼きには向いています

豚ロース薄切り肉はさまざまな調理に向いており、ほどよく脂身がありますので扱いやすいですよ。薄切りではなく厚みのあるタイプの豚ロースを選べば生姜焼きだけではなく、ソテーなどにも用いることができますね。

豚肩ロースは豚ロースの薄切りに比べ、脂身が少々多く肉質そのものがやわらかい特徴を持っています。脂身と赤身が適度に混ざっているため短時間で炒める生姜焼きにはとても向いています。

生姜焼きに合う理由

上記のように、ロース肉や肩ロース肉はある程度脂身を含んでおり赤身だけが特徴の肉ではありません。生姜焼きを作る際には時間をかけず短時間で火を通していくので、適度に脂身を持っている部位がちょうどいいんです。

脂身の少ない赤身肉は、強火で火を通すと繊維が縮んでパサパサになってしまうことがあります。これを防ぎ、やわらかい生姜焼きを作るためには、脂身が適度についたロース肉がおすすめなのです。
▼生姜焼きにぴったりの付け合わせは、こちら!

豚肉の部位の特徴

スーパーに行くと様々なお肉の部位が販売されていますが、どのような違いがあるのでしょうか?特徴の違いや、どのようなお料理に適しているのかについてお話します。

ヒレ肉

ヒレ肉は一頭の豚からわずか1kgしか取ることの出来ない部位です。とても柔らかい赤身が特徴で、旨味が凝縮されています。ヒレ肉はちょっと高級なとんかつやヒレステーキ、さらにはホロホロと口の中でとろけるような焼き豚などが向いています。

もも肉

もも肉は赤身が多くキメが細かいので、とても食べやすいという特徴を持っています。市販されているボンレスハムなどは、この、ももの部分を使っています。もも肉を使ったお料理にはソテーをはじめ、ポークカツや、もも肉を加工したひき肉料理などが向いています。

バラ肉

バラ肉は脂肪分と赤身の部分が三層から四層になっており、三枚肉と呼ばれることもあります。脂肪分が多いことからコクがあり、ベーコンを作る際にもバラ肉が使われていますね。骨付きで販売されているバラ肉はスペアリブと呼ばれることもあります。

こちらのバラ肉はスペアリブをはじめとして、ジューシーな酢豚やコトコト煮込んで食べる角煮、またスライスしたバラ肉は炒め物などに向いています。

豚肉をやわらかくする方法

お肉の料理をする際に、どの部位であっても柔らかくする方法があります。さほど時間をかけず柔らかくすることができるので、ぜひ覚えてくださいね!

塩麹につける

塩麹にはたくさんの酵素が含まれており、この酵素がお肉を柔らかくしてくれます。お肉の表面に塩麹を薄く塗り10分程度おいてから、お料理に使うと良いでしょう。ただし塩麹の量によって辛くなってしまうことがあるので、塩麹をたくさんお肉に塗った際には、調理前に塩麹を軽く洗い流す、またはキッチンペーパーなどで取り除いてあげると良いです。

麹の香りは加熱すれば気になりませんので、塩麹が苦手な方でもおいしく食べられるでしょう。

牛乳につける

牛乳につけておくことによってお肉の繊維が柔らかくなります。お肉がしっかり浸かる程度の牛乳の中に、お肉を入れて1時間から2時間程度、冷蔵庫に置きましょう。あらかじめ食べやすくカットしたお肉を牛乳に漬けておくという方法でも構いません。

炒め物に使用する際は、牛乳の成分が跳ねて火傷することがあるので、キッチンペーパーで表面を拭き取ってからフライパンに投入すると良いです。

すりおろした玉ねぎにつける

すりおろした玉ねぎにはタンパク質分解酵素がたっぷりと含まれています。この分解酵素がお肉の繊維を細かくしてくれるので、肉がとっても柔らかくなりますよ。玉ねぎの香りが心配になってしまうかもしれませんが、加熱すると独特な匂いはなくなります。

お肉の表面をしっかりと覆う量の玉ねぎをすりおろし、ラップをかけて30分程度寝かせておきます。玉ねぎのすりおろしがついたものはそのまま調理しても構いませんが、玉ねぎが焦げてしまうこともあるので、心配ならば玉ねぎをふき取ってから調理しましょう。

ここで使ったすりおろし玉ねぎは、その後、お料理に使うことができます。ソテーしたお肉のソースに使ったり、カレーにそのまま投入し、コクと甘みをプラスしたりできますよ。
▼タモリさん考案の生姜焼き、気になります!

やわらかな生姜焼きにする筋切り

上でも少し触れていますが、やわらかな生姜焼きにするためには、あらかじめお肉の筋切りをしておくと良いですね。筋切りって何?どうするの?という方のために詳しくご紹介します。

筋切りする理由

お肉の筋切りをする理由は、お肉に含まれている繊維の部分や脂身との境目をしっかり切り離しておくためです。特に脂身との境目部分の筋切りは、お肉の繊維ばかりが縮んでしまい、焼いているうちにお肉がカーブして見た目が悪くならないために必要です。

赤身の部分にも脂身が入っているため、これも筋切りすることによって全体的に縮んでしまうことを防いでくれますよ。

筋切りの仕方

筋切りをする際は包丁の先を使っていきます。お肉と赤身のつなぎ目部分は、縦に1cmほどカットするのが基本的な方法です。赤身の部分に目立っている脂身は、この脂身を縦にカットするイメージで3ヶ所から5ヶ所程度、筋切りをしましょう。お肉に厚みがある場合は片面だけの筋切りではなく、両面の筋切りをしておくと見栄えもよくなりますよ。

このようにしっかりと筋切りをすることでお肉が縮まず、やわらかい生姜焼きを作ることができるのです。少し手間かもしれませんが、筋切りをするのとしないのとでは仕上がりに大きな違いが出るので、時間があればぜひ行ってくださいね。

焼き方のポイント

生姜焼きを柔らかく焼くためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。短時間でさっと仕上げていくメニューなので、このポイントを押さえると上手に焼くことができますよ。

お肉に小麦粉をまぶしておく

筋切りをして下処理をしたお肉には、焼く前に小麦粉をまぶしておきましょう。小麦粉は軽くまぶす程度で構いません

これを行っておくことでお肉を焼いている間、ドリップが逃げ出してしまうことを防ぎ、おいしさをギュッと閉じ込めたまま柔らかい生姜焼きを作ることができます。

下味をつけるなら薄めに短く

生姜焼きを作る際、お肉に火が通ってから味付けする場合も、あらかじめお肉に下味をつけてから焼く場合もあるようです。あらかじめ下味をつけるなら、下味を薄めにしておきましょう。

ここで濃い味付けをしてしまうと、味付けに使った醤油などの塩分がお肉の水分を奪ってしまいます。そのため焼いたときには、水分が逃げ出してパサパサの状態に……。これを防ぐためにも味付けを薄くしておくことが大切なのです。

時間に関しては、半日から1日以上漬けてしまうのではなく、長くても20分程度にしましょう。長く漬けてしまうと上記の通り水分が逃げ出してしまいます。

慣れていない場合は調味料を合わせておく

生姜焼きを作ることに慣れていない方は、あらかじめ調味料を合わせておきましょう。基本的に酒、みりん、醤油、砂糖、生姜を使いますが、短時間でこうした調味料をベストな状態に調整するのが難しい場合には、お肉を焼く前に作っておく方が良いです。お肉を焼きながら味見していると、お肉に火が通り過ぎてしまい硬くなるので注意してください。

可能なら味付けは醤油を最後にする

調理に慣れている方であれば、合わせ調味料を使わなくてもお肉を焼きながら味付けをするようにしましょう。 そこで、味つけをする段階でお醤油を一番最後にするだけでも、やわらかい生姜焼きを作ることができるのです。

お酒やみりん、お砂糖、そして生姜と言った調味料を焼きながらお肉になじませ、最後の仕上げにお醤油を加えてください。こうすると柔らかく仕上がるだけでなくお醤油の香ばしい香りもしっかりと残るので、食堂で食べるような生姜焼きの味になりますよ。

【部位別】おいしい生姜焼きレシピ

お肉の部位別に、おいしい生姜焼きのレシピをご紹介していきます。

肩ロースの生姜焼き

あらかじめ調味料を合わせておきます。熱したフライパンで肩ロースを焼き、焼き色がついたら合わせ調味料を加えて仕上げます。 かいわれ大根やトマトを加えて彩り豊かな盛り付けをましょう。たっぷりと脂ののった肩ロースを使う生姜焼きは、ご飯との相性も抜群です!

もも肉の生姜焼き

お肉を焼く前に玉ねぎやキャベツ、ニンジンなどの野菜は千切りにして水にさらしておきましょう。熱したフライパンでじっくりとナスを焼きながら、ある程度火が通った段階で豚肉も焼いていきます。調味料とともに生姜をすりおろしながらお肉にまとわせ、お皿に盛り付けたら完成です。

前もって水にさらした千切りキャベツや玉ねぎ、人参などの生野菜を盛り付けておきましょう。

ヒレ肉の生姜焼き

薄切り肉は火を通す前に生姜、酒、醤油で下味をつけておきます。付け合わせのキャベツの千切りも作っておきましょう。下味をつけたヒレ肉は小麦粉をまぶしてオリーブオイルで焼いていきます。火が通ったらお肉を漬けておいた調味料を入れ汁気がなくなるまで煮詰めます。最後に煮詰めることでしっかりと味が凝縮されますよ。

オリーブオイルを使うので、ヘルシーに仕上がります。

バラ肉の生姜焼き

バラ肉にはあらかじめ下味をつけておき、中火でお肉を焼いていきます。バラ肉からは沢山の油が出てきますので、油を使わずにお肉を炒めましょう。途中で出てくる油をキッチンペーパーでふき取るとよりヘルシーになります。合わせ調味料で味付けをし、お皿に盛り付け、刻みネギや白髪ネギなどをたっぷりとトッピングしたら完成です。

見た目も味も満足度の高いひと品に仕上がります。

おすすめの部位で生姜焼きを作ろう!

生姜焼きと一口にいっても、柔らかくする方法やベストの部位がわからないと、どのように上手に作ればよいかわからず、悩んでしまうかもしれません。

ここでご紹介したような、おいしい生姜焼きを作る部位やお肉をやわらかくする方法をマスターして、失敗知らずになりたいものですね。コツを押さえて、自信を持ってチャレンジしてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「蒸留酒」と聞いて、どんなお酒を思い浮かべますか?聞いたことがないという方も多いかもしれません。代表的な蒸留酒は焼酎やウイスキーで、他にもたくさんの種類があります。今回は、蒸留酒の基礎知識や飲み方をご紹介しま…

牛肉 牛タン

肉丼ブームの火付け役「すた丼」から、“ご当地すた丼”がシリーズ化!第一弾の「北海道すた丼~濃厚バター醤油味~」に続いて、第二弾は『仙台牛タン塩すた丼』が2017年8月1日(火)から全国で販売開始されます!…

白菜 豚肉

豚バラのコクと旨みが、甘い白菜にしみこんだ「豚バラと白菜」の人気レシピ。ミルフィーユ鍋を思い浮かべる人も多いでしょう。炒め物の定番あんかけや、斬新な焼きサラダなど、まだまだあるんです♩ 手軽に作れるおすすめレ…

豚肉 ソーセージ イタリア

イタリアで生まれた「サルシッチャ」。ソーセージのような見た目ですが、違いはあるのでしょうか?今回は、「サルシッチャ」という名前の意味や、自宅での作り方、おすすめのレシピなどまとめてご紹介!サルシッチャの魅力に…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

レシピ まとめ

新生活で忙しくなったり、料理が苦手な人でも作れる料理のレパートリーは増やしておきたいですよね。そんな人でも安心してください!料理初心者の人でも簡単で挑戦しやすい包丁を使わないレシピをまとめました。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る