ローディング中

Loading...

焼いても揚げても炒めてもおいしいエビは、様々な料理に大活躍。もし中途半端に余ったときは、冷凍保存がおすすめです!今回は、エビを上手に冷凍保存する方法や解凍のコツ、おすすめレシピまで、詳しくご紹介します。

エビをおいしく冷凍保存!

ぷりぷりの食感がたまらないエビはメイン料理としてはもちろん、お皿にのせるだけでも豪華さがプラスされる食材ですよね。食卓が一気に華やぎますよね。おめでたい日にも登場するエビは、日頃のお料理はもちろんのこと、おもてなし料理にも使用したいもの。
使おうと思って多めに買っておいても使いきれず悪くしてしまい、ムダにしてしまった経験はありませんか?せっかくのエビを台無しにしてしまわないためにも、買ってきたら冷凍保存してしまうとよいですよ。今回は、エビのおいしさを保ちながら冷凍する方法や、冷凍保存したエビの活用レシピもご紹介します。

冷凍期限は?

エビを冷凍した際の保存期限は2〜4週間と冷蔵保存よりもずっと長持ちします。すぐに使う予定がない場合や、一度に使い切れないと思ったときは、すぐに冷凍してしまうとよいですよ。

冷蔵の場合は?

エビを冷蔵した際の保存期限は2〜3日と、冷凍よりも日持ちしません。買ったその日のうちに使うのであれば冷蔵保存でよいでしょう。

冷凍焼けに注意

冷凍焼けとは?

冷凍焼けとは、食材を長期間冷凍保存をすることで食材の水分が抜け、油脂が酸化してしまうこと。冷凍焼けした食材は、食感はパサつき、風味も落ちてしまいます。素材の表面に変色が見られたり、冷凍庫内の匂いがうつってしまったりと、食材本来のよさをうしなってしまう原因なんですよ。冷凍焼けした食品は健康面に害を及ぼすことはありませんが、おいしさは損なわれてしまいますので注意してくださいね。

冷凍焼け防止のポイント4つ

1.空気に触れさせない
空気に触れた状態でエビを冷凍すると、乾燥をまねき、空気中に含まれる酸素によって酸化して品質を劣化させます。空気に触れさせないためには、真空状態にすることが必要ですので、ラップを使って隙間なくぴっちり包んで保存しましょう。包んだものをさらにジップ付きの保存袋へ入れるとよりよいですよ。
2.庫内の温度上昇を防ぐ
一般的な家庭の冷凍庫は面積が小さいため、少し開けるだけで庫内温度はすぐに上昇してしまうため、開け閉めが多いほど冷凍食品は溶けて冷凍焼けを起こします。また、庫内に保存食材が多くあると庫内の冷却がゆるくなってしまい、食材がきちんと冷凍されない原因にも。冷凍庫の開閉回数に気をつけて、冷凍庫内にものを入れすぎないこともポイントになります。
3.急速冷凍する
急速冷凍は食材の細胞を破壊せずに冷凍することができます。細胞の破壊を防いで冷凍ができると、鮮度や品質を保ち、冷凍焼けも抑えることができます。市販の冷凍食品は製造工場で急速冷凍が基本的にされているため、多くの商品が品質のよい状態のまま長期間の保存ができるのです。
4.長期保存をなるべく避けて早めに食べる
長期間冷凍できるとはいえ、日が経つにつれて品質の劣化はすすみます。また、家庭の冷凍庫は、開閉や外部の環境などによって常に一定の温度を保つことは難しいため、冷凍庫で保管していたとしても、なるべく早く食べるようにしたいですね。

エビの冷凍保存の仕方

準備するもの

・フリーザバッグ、ラップ
・爪楊枝
・キッチンペーパー

手順を知ろう!

1.皮を剥き、エビをしっかり水で洗います。
2.背ワタを爪楊枝などを使って取り除きます。
3.キッチンペーパーで水分を十分に拭き取り、空気を入れないように数尾ずつラップできっちりと巻いていきます。
2週間以上保存する場合はさらにフリーザーバッグに入れるのがよいですよ。
4. 急速冷凍するため、包んだエビは金属トレー、もしくはアルミ箔を敷いた上にのせましょう。
5.冷凍庫に入れて完了です。

仕上がりに差がつくポイント

エビはよく洗って、表面の汚れをよく落としてくださいね。酒や塩、酢水などを使って洗ってから調理すると味が染みやすくなって、日持ちもよくしてくれますよ。

殻付きのまま冷凍したい場合

皮を剥くのは面倒な場合やガーリックシュリンプ用に保存したいときもありますよね。殻付きの場合の冷凍保存方法をご紹介します。

準備するもの

・ナイロン袋
・焼酎

手順

1.パックから出して洗ったエビをナイロン袋に入れます。
2.ナイロン袋に焼酎を入れて全体になじませたら、袋の口を結んで冷凍庫へ入れます。
3.袋の口を解いて手で軽く解すと、全部バラバラに凍っているので、少しずつ使えて便利です。

エビの天ぷらを冷凍するには

エビの代表料理天ぷら。ぷりぷりとしたエビの天ぷらはエビ好きであれば大好きな料理のひとつでしょう。油であげるエビの天ぷらの場合は、冷凍する際にちょっとした一手間が必要です。
基本的な冷凍保存方法は同じなのですが、エビの水気をキッチンペーパーで拭く前に、エビの尾に切れ込みを入れ、尾の中の水を十分に押し出します。尻尾に衣をつけない天ぷらの場合、これをすることで、油で揚げる際の油跳ねの防止になります。

エビフライの冷凍方法

それほど頻繁にする機会はないものの、いざ作るとなると、つい揚げすぎてしまいがちなエビフライ。天ぷら同様に揚げた後に冷凍保存ができるエビフライは、一度に揚げて冷凍しておけば、面倒な衣付けも一回で終わらせて、忙しい日にも使いたいときにお弁当や夕食に利用できて便利です。
エビフライの冷凍は1尾ずつラップをし、ジップ付きの保存袋へ入れて冷凍保存します。解凍時は食べる分だけ取り出し、電子レンジで30秒ほど加熱。アルミホイルをひいたオーブントースターの場合は5〜10分加熱するとサクサクの衣とぷりぷり食感がいただけます。

うまみを逃さない解凍方法!ポイントは3つ

解凍方法については、うまみが氷とともに流れてしまわないようにするポイントが3つありますので、ぜひ参考にして上手に解凍をしてくださいね。
1.冷蔵庫で自然解凍
冷凍庫から冷蔵庫に移し、ゆっくりと自然解凍させます。時間をかけて解凍することで、うまみの流出を防ぐことができますよ。
2.電子レンジで半解凍
ペーパータオルの上にエビを重ならないように並べた状態で加熱し、半解凍状態にします。解凍ボタンが電子レンジにある場合はそちらを利用しても大丈夫です。加熱しすぎるとエビの水分がなくなり、食感が悪くなりますので注意しましょう。
3. 殻付きで冷凍したエビについて
殻付きでそのまま冷凍してある場合は電子レンジでの加熱や自然解凍は避けましょう。自然解凍してしまうと、乾燥して身がやせてしまうため、流水解凍がベストです。直接水をあてるか、袋のまま水にさらして解凍するようにしましょう。

冷凍したエビが大活躍!おすすめレシピ5選

冷凍したエビが大活躍するレシピを5つご紹介いたします。どれも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。お料理のレパートリーもふやせるとっておきの5選ですよ!

1. エビチリ

ピリ辛好きの方にはたまらない一品。解凍したエビの背わたを取り片栗粉をまぶし、ピーマンは素揚げ、エビも油でカラッと揚げます。フライパンにごま油をひき、にんにく、しょうがのみじん切りを香りが出てくるまで炒めます。ピーマンとエビを揚げ、味を整えればお好みでネギを散らして完成です。
にんにくとごま油の香ばしい香りで、簡単ですが、本格中華の味。お箸もどんどん進みそうですね。

2. エビマヨ

子供から大人まで大人気のエビマヨ。エビを下処理しボールにマヨネーズ、コンデンスミルク、スィートチリソース、塩麹を入れて混ぜあわせ、ソースを作っておきます。別のボールに卵白と片栗粉を混ぜ、衣を作り、エビに絡めてエビがカラッときつね色になるまで揚げます。揚がったら作っておいたソースを絡めてできあがりです。
中華料理の定番人気メニューのひとつ、エビマヨがおいしくご自宅で食べられます。ぷりぷり食感と、濃厚でクリーミーなマヨネーズの相性は抜群!

3. エビフライ

人気のエビフライも、冷凍エビを使えば時短ができます。エビは背わたをとって塩、コショウをし、卵と小麦粉を混ぜたものとパン粉で衣をつけます。保存時はこの状態のまま冷凍し、調理する際は凍ったまま油でこんがりときつね色になるまで揚げれば完成です。お弁当のおかずにもなるので、ストックしておくといざという時に心強いですね。

4. エビのココナッツカレー炒め

特に女性に人気のパクチーが入った本格エスニック料理。フライパンにココナッツオイルをひき、エビを軽く炒めたら塩とカレー粉を振って更に炒めます。エビに完全に火が通ったらパクチーを適当にちぎってフライパンに入れ、サッと炒めてできあがりです。パクチーの香りを楽しみたい方は、火を通しすぎないよう注意してくださいね。

5. エビカレー

エビは下処理をしておき、フライパンで表面に焼き色がつく程度まで火を通します。フライパンにカレーペーストとココナッツミルクを入れて中火にかけ、よく混ぜたらココナッツシュガーとナンプラーで味を整えましょう。細切り唐辛子、細切りしたこぶみかんの葉を散らし、お皿にごはんとカレーを盛り付けます、真ん中に炒めたエビをおいてでき上がりです。ナンプラーとココナッツミルクの風味が合わさり、本格的な味わいが楽しめます。

エビを賢く保存してムダをなくそう!

エビの冷凍保存についていかがでしたか。シーフードの中でも多くの国で使われることの多い食材のエビはいろいろなお料理に登場しますから、賢く冷凍保存しておけば、使いたい時に使えて、便利ですよ。面倒な背ワタを取り除く作業も冷凍保存の際に一気にやってしまえば、後は楽にお料理できます。
お弁当に食卓に、よかったらぜひエビの冷凍保存をうまく活用してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

さつまいも レシピ

今回はホクホク甘じょっぱさがたまらない「さつまいもの甘煮」レシピをご紹介!好きな人も多い人気メニューですよね。おやつとしてもよいですし、おかずとしてもおすすめ。簡単な作り方、ホッコリ丁寧な味に仕上げる方法など…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

お弁当 レシピ

『スイミー』という絵本、子供の頃に一度は読んだことあるのではないでしょうか?そこに登場するスイミーたちは、お弁当にしても胸キュンのかわいさですよ!いったいどうやって作るのか、さっそく詳しい作り方やアレンジレシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

身近にある食材を使った家庭料理をベースに、センスのいいアイディアが光り、多くの年齢層から注目される料理家の飛田和緒さん。今回は飛田さんの常備菜レシピを集めてみました。東京から相模湾の近くに移り住みその生活スタ…

スイーツ レシピ ホットケーキミックス シフォンケーキ まとめ

春もいよいよ本番。あたたかい時間に紅茶を使ったスイーツなんていかがでしょう?さくっと作って極楽ティータイム♪お休みの日に楽しんでいただきたい、そんな紅茶スイーツレシピを集めてみました。

レシピ まとめ

豆腐がつくれる豆乳も販売されていますが、豆乳は体にやさしく、コレステロールも0!美容にいいと言われるビタミンBやビタミンEが非常に多く含まれているということで女性の強い味方です。そのまま飲むのが苦手な方も料理…

パン レシピ まとめ

最近注目を集めているパン「ミルクハース」。ミルクと名前にある通り牛乳を練って画像の様な切れ目の様な模様がついたパンの事を言います。最近ではアレンジするのも流行っているそう☆一体どの様なアレンジレシピがあるので…

レシピ 豆腐 まとめ

つるんとおいしい冷奴。実は少しの工夫で食べ応え十分な、メインのおかずになります。オリーブオイルをかけた洋風なものから定番の和風、韓国風まで、今回はバリエーション豊富なレシピを30選!どれも簡単な時短レシピなの…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

お茶

みなさん「よもぎ」はご存知ですよね。では「よもぎ茶」は飲んだことがありますか?よもぎ茶は、女性にうれしい成分がいっぱい詰まった万能薬なんです。今回は、よもぎ茶の魅力から、作り方、おすすめ商品などを紹介します。…

北海道 ふきのとう レシピ

日本一大きいふきである「ラワンぶき」。それはもう人間よりはるかに背が高く、びっくりするくらいに巨大です。ところがお味はとても繊細で、いろいろなお料理と相性が抜群!しかも健康にもいいんだとか。詳しく見ていきまし…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る