ローディング中

Loading...

おでんは大鍋でたっぷり作るとおいしくできますね。でも余ったらどうしよう…という心配も。そんな時はリメイクがおすすめ!最後までおいしく食べきれます。今回はカレーやお好み焼きなど、簡単にできておいしいおでんのリメイクレシピをご紹介します。

おでんが余ったらどうしてる?

日に日に気温が下がっていくこの季節。あたたかいおでんが恋しくなりますね。

おでんは大きな鍋でたっぷりと作ると、具から旨みが溶け出し、おいしい出汁になります。そのだしを吸った大根やはんぺんは格別のおいしさですよね。

張り切って大鍋でおでんを作ったけど、余ってしまって食べきれない……という経験をした方は多いのではないでしょうか。そんな時は、他の料理にリメイクしておいしく食べきるのがおすすめです。

今回は、おでんを作りすぎた時にぜひ試してほしいおすすめのリメイクレシピを集めました。おでんが余ってしまった時はもちろん、リメイクを見込んで多めにおでんを作るのもアリですよ。

おでん丸ごとリメイクレシピ5選

丸ごとリメイクできる簡単カレー

まずはおでんのリメイクとしては王道の、カレーへのリメイクレシピをご紹介しましょう。
おでんの入った鍋に水を足し、カレールーを入れて煮込めば出来上がりです。

具があまり残っていない場合はにんじんやじゃがいもなどを追加して煮込みましょう。おでんスープは味が濃いので、適度に水で薄めて使ってくださいね。

キーマカレー

同じカレーへのリメイクですが、こちらはひと手間加えてキーマカレーに変身させています。家族に「またカレー?」と言われた時に試してみてくださいね。

おでんの具を一度取り出し、すべて刻みます。鍋でひき肉と刻みたまねぎ、おでんの具を炒めてカレールーを刻んで入れます。おでんの汁とソース、醤油を加えて味を調え、10分ほど炒めて出来上がりです。

刻みしょうがやにんにく、すりごまを入れると風味がよくなります。

具だくさんの炊き込みごはん

おでんのだしは炊き込みごはんの味付けにもぴったりです。炊飯器で簡単に炊けるレシピをご紹介します。

お米をとぎ、炊飯器に入れます。上から刻んだおでんの具と汁を入れ、水を炊飯器の目盛りまで足したら、あとは普通に炊くだけです。ツナ缶や鶏肉を入れるとうまみが増し、食べごたえがアップしますよ。

深いうまみのけんちん汁

残ったおでんの具以外に適宜にんじんやこんにゃく、ねぎなどを用意してください。新しく用意した具を、おでんだしと別途用意しただし汁で軽く煮ます。火が通ったらおでんの具を足し、みそや醤油で調味して出来上がりです。

おでんの大根を残しておくと、おいしいけんちん汁になります。足す具材は他にごぼうや油揚げもおすすめ。

おでんの残りで土鍋茶碗蒸し風

お出汁たっぷりなおでんの残りを使えば、簡単に茶碗蒸し風のひと品も出来上がります。残っている具材は、すべて食べやすい大きさにカットしておきましょう。溶き卵を加えて、弱火でコトコト加熱すれば完成です。お鍋のまま作ると、大きい茶碗蒸しのようでお子さまも喜ぶはずですよ♩

おでんの具をリメイクするレシピ5選

タレなしでもおいしいもちもちチヂミ

韓国風お好み焼きのチヂミ。レストランで人気のメニューですが、おでんの具とだしをリメイクして作ることができます。

薄力粉と片栗粉をボウルに入れ、おでんのだしを入れて混ぜます。あらみじんに切った具材を加えてフライパンに流し入れ、両面をこんがり焼けば出来上がりです。

出汁でおいしく味付けされているので、タレをつけなくてもおいしいです。キムチを添えるのもおすすめ。

薄力粉をプラスしてお好み焼き

チヂミだけではなく、日本のお好み焼きもおでんをベースにして簡単に作ることができます。おでんの翌日のランチにいかがでしょうか?

ボウルに薄力粉を入れ、おでんの汁や卵、刻んだおでんの具、キャベツを入れて生地を作ります。フライパンやホットプレートで両面を焼き、ソースをかけて出来上がりです。

おでんの汁は粉に少しずつ混ぜるようにしてください。一気に入れてしまうとダマができやすくなります。

揚げずに作れる!簡単コロッケ

リメイクレシピの定番、コロッケ。おでんでリメイクして作ってもおいしくできますよ。油で揚げないヘルシーレシピです。

じゃがいもは茹でてマッシュし、刻んだおでんの具を混ぜます。小判型に成形したら炒ったパン粉をまぶしつけて出来上がりです。

種に火が通っているので、油で揚げる手間を省くことができます。グラタン皿に入れてスコップコロッケにすると、成形も省略できますので忙しい日におすすめ!

鍋ぞこ大根を活用した豚バラ大根

おでんの人気の具、大根。おでんの味がしみているので、短時間でおいしい煮物にリメイクできます。大根と豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、フライパンで豚肉を炒めます。大根を加えてさらに炒め、料理酒と醤油を加えて煮込みます。お皿に盛り付けてネギを添えたら出来上がりです。

バラ肉はかたまり肉を厚めに切って使うと食べごたえがアップします。ねぎは白髪ねぎにするとおしゃれなひと皿になりますよ。

じゃがチーズ焼き

おでんのじゃがいもはホクホクしておいしいですね。このじゃがいもをリメイクするレシピをご紹介します。あらかじめ多めにじゃがいもをおでん鍋に入れて、ぜひリメイクしてみましょう。

おでんのじゃがいもはグラタン皿に並べ、レンジであたためます。じゃがいもの上に味噌とチーズを乗せ、トースターで焼き目がつくまで焼いたら出来上がりです。

トースターで焼く際にローズマリーを加えると風味がアップ。おでんのだしを少しふりかけてもおいしくなります。

おでんつゆをリメイクするレシピ5選

つゆまで飲み干したい!お手軽うどん

練り物や牛すじなど、おでんのだしは様々な食材のうまみが溶け出しています。捨ててしまうのはもったいないので、うどんのだしにリメイクしましょう。

鍋におでんのだし汁とうどんを入れ、軽く煮込みます。溶き卵や具材をのせたら出来上がりです。

土鍋を使って煮込みうどんにするとアツアツの状態でいただけます。おでんの具が余っていればぜひ乗せて一緒に食べましょう。

トマト風味のロールキャベツ

最近はおでんにロールキャベツを入れることもありますが、今回はおでんだしをトマト風味にリメイクしてロールキャベツを入れます。和風だしとトマト、意外に合いますよ。

ひき肉とキャベツでロールキャベツを作って鍋にすき間なく並べ、おでんだしをひたひたに注いで火にかけます。沸いてきたらトマト缶を加えて煮込み、ロールキャベツに火が通ったら出来上がりです。

おでんの具が余っている場合は刻んで、ロールキャベツのたねに混ぜてみてください。チーズを加えるのもおすすめです。

ひき肉で作る絶品肉じゃが

おでんの和風だしをリメイクして、和食の定番おかずを作りましょう。ほっくりと煮えたじゃがいもにおいしいだしがしみ込みます。

鍋に肉じゃがの具材を入れて炒め、おでんのだし汁と砂糖を加えて煮込みます。具材に火が通ったら醤油で味付けし、味が馴染んだら出来上がりです。

お肉は牛肉でも豚肉でも、お好きなほうを使ってください。ひき肉で作ると火の通りが早く、味もよく馴染みます。

おにぎりにしてもOK!炊き込みごはん

おでんのうまみをお米に吸わせて炊き込みごはんを作ると、それだけで満足できるごはんが出来上がります。炊いている間にいい香りがするので食欲が湧きますね。

おでんのだしを濾しておき、具材を刻みます。といだお米とだし、調味料を入れ、通常の炊飯の水分量になるように水を足します。あとはお米の上に具を置いて炊飯器で炊くだけで出来上がりです。

具はにんじん、ひじき、油揚げ、こんにゃくなどがおすすめ。おにぎりにしてもおいしいですよ。

スープカレー

おでんのだしをベースにした和風スープカレーのレシピをご紹介します。圧力鍋を使えばあっという間にできますよ。

野菜は大きめの一口大に切り、鶏肉は塩こしょうで下味をつけます。フライパンで鶏肉を軽く焼き、野菜・おでんだしと一緒に圧力鍋に入れて1〜2分加圧してください。減圧したらふたを開け、カレーのスパイスや香味野菜を入れて出来上がりです。

素揚げの野菜やゆでたまごを添えて食べるとおいしいですよ。鶏肉以外に、ソーセージを使っても良い味が出ます。

おでんを二度楽しもう♩

いかがでしたか?リメイクレシピを活用すれば、大量のおでんも最後までおいしく食べることができますね。数日分の夕食のレシピが決まるので、忙しいママも大助かりです。

具はもちろんのこと、だし汁にうまみが凝縮されているので、だしも捨てずに活用するとよいでしょう。煮込んで味が少し濃くなっている場合は、お湯で薄めるとおいしくリメイクできます。

先にリメイクのレシピを決めておいて、おでんに何の具を入れるかを考えるというのも面白いかもしれません。定番の具に加えて骨付きの鶏肉など、リメイクに使えそうな具を一緒に煮込んでおくと、リメイク時の手間がぐんと軽くなります。

この冬はリメイクも含めて、おいしいおでんをたくさん楽しんでみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おしゃれ お弁当 レシピ まとめ おつまみ ちくわ

いまInstagramやクックパッドで話題の「ハートちくわ」。ちくわをカットしてハート形にするだけで、とってもかわいく、お弁当に入れるとビジュアル抜群のおかずになります。どのように作るのか、みんなのアレンジレ…

まとめ

2016年も、多くの「ねとめし」がSNSで大きなブームを巻き起こしました。お弁当や毎日のおかず、お酒のお供とさまざまな場面で大活躍した品々。あなたはいくつ知っていますか?手軽に作れて華やかな「ねとめし」の数々…

餃子 まとめ

今や博多名物として欠かせない餃子!博多駅周辺には、多くの餃子店が集まっています。博多の餃子は、小ぶりのひとくち餃子であることが特徴。パクパク食べられる気軽さも、人気の理由なのでしょう。そんな博多で、餃子をいた…

レシピ サラダ

生ハムは、パーティー料理には欠かせない食材です。薄くスライスした繊細なビジュアルと、適度な塩気が野菜のおいしさを引き出し、サラダにするととても高級感が出ます。今回は、生ハムを使ったサラダレシピと、美しく見える…

ランチ 池尻大橋 デート 中目黒 まとめ

ミシュラン星付きのレストランや、名店で修行してきた料理人が多く集まる池尻大橋には、グルメな地元民にも愛されるお店が多く集まっています。今回は、そんな池尻大橋エリアのおすすめランチスポットを、イタリアンから和食…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ イタリアン まとめ

家計にやさしい「もやし」を洋風メニューにアレンジしてみませんか?今回はもやしを活用できる人気の「もやし×洋風アレンジ」レシピを20個ご紹介。どれもおすすめのレシピばかりですので、ぜひ参考にして、も…

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れるオーロラソースを使ったレシピを10選しました。オーロラソースは、どんな食材とでも相性が良いんですよね♡上からかけるだけではなく、炒め物などもありますので見てみてくださ…

レシピ まとめ 焼きそば アレンジレシピ

スーパーで3食入りで販売されている焼きそば。そこに一緒についてくる粉末ソースの元。液体ではないので麺が柔らかくなりすぎずちょうどいいんですよね。でも、困るのが余ってしまったとき・・。今回はその余った粉末ソース…

レシピ おしゃれ 和食 まとめ

有名なブロガーで、レシピ本も多く出版している「JUNA」さん。彼女の作る家庭料理が素敵すぎると大人気なんです♡家族の幸せを考えているのがとってもよくわかるお料理はどれも美味しそう!今回は和食料理のレシピをご紹…

レシピ オムライス おしゃれ まとめ

ふわトロのオムライスって見た目もとってもおしゃれですよね♡おもてなしにもピッタリ!でも、普通のオムライスばかりじゃ飽きちゃう…そんな方にオススメの、誰でも失敗しないでできるふわトロオムライスとア…

ヴィーガン レシピ おつまみ まとめ

動物性の食材を使用しない、ベジタリアン仕様のお酒のおつまみレシピをご紹介!ベジタリアンでなくても、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなら、食べない手はないですよね!?おいしく食べて、楽しく飲んでヘルシーなんてう…

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

オムライス たまご レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、誰でもできる「ふわとろオムライス」の作り方をご紹介します。今回は一度は作ってみたい中から半熟卵が出てくるオムライスのテクニックもご紹介しちゃいます!ぜひ作ってみてく…

レシピ

アロマやお料理など多岐にわたって使用されるマジョラムは、シソ科の多年草のハーブです。今回はそのマジョラムの効能や魅力をご紹介します。ハーブを上手に取り入れて、より素敵なライフスタイルを目指しましょう!女性に嬉…

migicco

神奈川在住。1歳の娘と一緒にくいしんぼうライフを送っています。好き...