ローディング中

Loading...

おいしいウインナーといえばシャウエッセン!その一番おいしい食べ方をご存じでしょうか?人気テレビ番組『ジョブチューン』でニッポンハムの社員さんが紹介して話題になっているんだそう。違う調理方法で食べているあなた、もしかして損してるかも?

ウインナーといえばシャウエッセン

市販されているウインナーにもいろいろありますが、「絶対シャウエッセン!」という方も多いのではないでしょうか?皮がパリッとしておいしく、ひと口噛めば肉汁がじゅわ~っとあふれるジューシーさがたまらないですよね。
お酒のつまみ、お弁当のおかず、もちろん食事のひと品としても、活躍してくれるニッポンハムのシャウエッセンは、長い間大勢の人に親しまれている商品です。そして日本シリーズで、日本ハムファイターズが優勝したことで、新たに注目されている商品でもあります。

ジョブチューンで紹介!シャウエッセンの一番おいしい食べ方が話題

TBSで土曜夜に放送中の人気番組「ジョブチューン」で紹介された、シャウエッセンの一番おいしい食べ方が、いまSNSでも拡散され、話題になっています。さて、その一番おいしい食べ方って……いったいどういう方法なのでしょうか?気になっちゃいますね!

「シャウエッセンの一番美味しい食べ方」って?

こちらがそのSNSで拡散されているガッテム竹内(@GTT214)さんのツイートですが、2016年11月1日現在でリツイートは27,000あまり、いいねの数は32000を超えています。まさに大反響といえるでしょう。
その方法は実にシンプルで、フライパンに少しの水とシャウエッセンを入れて沸騰させ、水が蒸発するまで数分間炒め続けるというものです。とっても簡単ですね。

そもそもシャウエッセンには「黄金の3分間ボイル」がある

実はニッポンハムの公式サイトにも、シャウエッセンの商品ページで「黄金の3分間ボイル」というものが詳しく説明されています。
その方法は、まずお湯を鍋いっぱいにたくさん沸かして、沸騰したら火を弱めてシャウエッセンを入れ、3分間ゆでることで、旨み成分や脂肪分が溶け合って皮がパリッとさせるというものなんです。少しやり方は違いますが、いずれにせよシャウエッセンはボイル(ゆでる)とおいしさが一層アップするということがわかりますね。

パリッとウインナーで作るおすすめレシピ4選

ではここから、みんな大好きシャウエッセンを使うレシピをご紹介します。いろいろなレシピアイデアがありますよ。

1. シャウエッセン de 旨みいっぱいおでん

いつも通りのおでんですが、牛すじを煮込んでやわらかくしてから、お酒と一緒におでん鍋に入れて、砂糖や水、しょう油、お好みの具材を加えて煮込みます。シャウエッセンもほかの具材と一緒に火を通すことで、旨みが染みとおって絶品の味わいになりますよ。

2. 焼きおにぎりでもおいしい

ラップの上にごはんを伸ばして、シャウエッセンをその上にのせます。ごはんでシャウエッセンをしっかり包みこみ、ラップもギュッと両端の部分をねじります。グリルやフライパンなどでラップをはずしたおにぎりを、火加減を調整しながら焼いていきましょう。焼き目もついてきたら、味噌、しょう油、スライスチーズなどお好みの具材をトッピングして再度焼きます。
ごはんとシャウエッセンのハーモニーも絶妙な焼きおにぎりです。お弁当にもぴったりですね。

3. 甘辛さにハマる!スパイシーガンボスープ

玉ねぎ、セロリ、ピーマン、オクラを食べやすくカットし、鍋に油を熱して玉ねぎとセロリを炒めます。玉ねぎがしんなりしてきたら、ピーマンとホールトマトを手でつぶしながら加えて、トマトの水分が抜けるまでよく炒めます。
水を足して強火にして煮立ったら、エビとコンソメ顆粒、市販のケイジャンミックスのもとを入れて、再度煮立ったらアクをとりのぞき、オクラを入れて弱火で煮込みます。シャウエッセンを最後に追加し、味見をして足りないようなら塩を追加して味をととのえてくださいね。
ガンボとは、アメリカ南部の郷土料理で、辛いのに甘さもあり、スパイシーながらやさしい味わいもあって、その味の複雑さにハマる人が多いスープなんですよ。

4. チーズと一緒にロールキャベツ

キャベツは芯の部分をカットし、ポトフスープ半分と耐熱ボウルに入れて電子レンジで加熱します。レンジから出したらあら熱をとって、ボウルからキャベツを取り出します。キャベツ1枚にシャウエッセン1本とチーズ1枚を置き、手前から巻いていき、巻き終わりはつまようじなどで止めます。
キャベツと一緒に熱したスープと、残っていたスープに水を加えて火で熱し、煮立ったらロールキャベツを入れて煮込みます。なおポトフスープがない場合、コンソメを水で溶かしたものがあればOKです。肉だねを作る手間がかからず、おいしいロールキャベツを簡単に作れちゃいますよ。

シャウエッセンを美味しく食べよう

今回はシャウエッセンの一番おいしい食べ方についてお話ししてきましたが、ウインナーだから油を引いて焼けばいいんだと思っている方が、実は意外と多いのではないでしょうか?水を加えて、蒸し焼きのようにするのが一番旨みが引き出せる方法なんですね!ニッポンハムの社員さんがおすすめの食べ方ということですから、ぜひあなたも実践して、美味なるシャウエッセンをさらにおいしく味わいましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

暑い夏はスパイスが効いた「カレーピラフ」はいかがですか?今回は、簡単な作り方&人気レシピ15選ご紹介します。炊飯器で手軽にできるものや、フライパン・レンジにストウブ鍋と、材料も作り方もバラエティ豊かなレシピが…

スープ レシピ きのこ まとめ

今回は、しいたけを使ったスープのレシピをご紹介。洋風、中華風、和風と、どんな味付けにも合うしいたけスープは必見ですよ!また、干ししいたけを使ったレシピもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

レシピ トマト リゾット 離乳食 まとめ

人気のトマトリゾット、皆さんはお家で作ったことはありますか?ご飯とトマトとチーズがあれば、実は誰でも簡単に本格的なトマトリゾットを作れちゃうんです。生のお米を使った本格的なレシピから、簡単な作り方まで、人気の…

キャベツ レシピ まとめ

キャベツの栄養をまるごといただけるレシピは何か知っていますか?それはスープです!卵を落としたり、ベーコンやトマトを合わせたり、ポタージュにしたり、くたくた食感からシャキシャキ食感まで楽しめてしまう、人気の25…

カクテル まとめ

ラム酒が大好きな方も多いでしょう。カクテルにスイーツに使い勝手の良いラム酒。実は様々な種類があることをご存知ですか?ラム酒の特徴により向いている使い方があるのです。ラム酒の特徴をしっかり覚えてラム酒マスターを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 炊き込みご飯

秋といえば新米の季節。そこで、おいしいお米をもっとおいしく頂ける、絶品炊き込みご飯の人気レシピを「10」個ご紹介します。具材を入れて炊飯器で炊くだけで簡単にできちゃうので、ぜひお家で作ってみてください。

レシピ パスタ おしゃれ まとめ

お手軽ランチにもぴったりなパスタ。確かに簡単に作れるのですが、鍋をいくつか使わなければいけないのでちょっと洗い物が面倒ですよね。そんなときは「ワンポットパスタ」がおすすめ。なんとお鍋ひとつでパスタが完成してし…

レシピ まとめ

タマネギは血液サラサラ効果があるそうですが、これまた体にいい「酢」とペアを組むと更に力を発揮するようです。ちなみに血液サラサラ効果をサラに高めるには玉ねぎを切って15分置いておくことなんですって。ちょっと意外。

ふりかけ レシピ まとめ

冷蔵庫をあけたらおかずがない…。なんていうときにも使えるボリューム感と満足感のあるふりかけをストックしておけば、何かと役に立つはずです♪おかずがないときに便利な、作り置きできる手作りふりかけのレシピまとめまし…

お菓子 アレンジレシピ まとめ

噛みごたえ抜群のハードグミとして世界中で人気の「ハリボー」。そのまま食べてもおいしいハリボーですが、さらにアレンジを加えておいしく食べている人が続出中らしいです!みんながやってる食べ方をさっそく紹介したいと思…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

カレー カフェ

白ごはんを雑穀ごはんに置き換えるだけでいつものカレーライスの栄養価がグンと上がる 「#雑穀カレーボウル」を作ってみませんか?カフェ風のおしゃれプレートが手軽に作れちゃいますよ♩人気のテーブルウェアが当たるイン…

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

レシピ

糸寒天を料理に使ったことはありますか?ゼリーだけでなく、サラダなど料理の具材としても活用できる糸寒天はダイエットにも効果的な食材です。意外に扱いやすい糸寒天の戻し方、レシピを覚えて、普段の料理に取り入れてみま…

スイカ 北海道

「ゴジラのたまご」と聞いたら何を思い浮かべますか?殻を突き破って飛び出す、恐竜の赤ちゃん?いやいや、違いますよ。これは、北海道のスイカ農家の方が命名した巨大なスイカのことです。気になるその魅力について、とこと…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る