ローディング中

Loading...

世界三大珍味は知っていても、日本三大珍味は知らない方が多いですよね。また「うるか」や「くちこ」といった本当に珍しい日本の珍味は知る機会がないかもしれません。今回は「珍味とは」の意義から、覚えておくと博識になれる珍味までご紹介します。

日本三大珍味を知っていますか

日本三大珍味は何でしょう?と聞かれて、どんなものが思い浮かびますか。う~ん。世界三大珍味はすぐに出てきますが、日本三大珍味といわれると、答えに困ってしまいますね。みなさんはいかがでしょうか。世界だけではなく、日本にも三大珍味と呼ばれている食べ物があります。今回は、その日本三大珍味についてご紹介します。

日本三大珍味とは

日本三大珍味とはウニ・からすみ・このわたです。これは農林水産省が認めたもので、消費者相談のコーナーにも記載されています。しかし、農林水産省が公式に述べたものではありません。一般的にウニ・からすみ・このわたが定着しているだけであって、日本三大珍味には諸説あり、ウニではなくくちこだという人もいます。
日本三大珍味はすべて海産物であり、保存食です。そしてお酒の肴でもあります。とくに日本酒が好きな人に好まれています。まずは、それぞれの特徴について、詳しくお話します。

ウニ

“三大珍味”といわれるウニは生ウニではなく、塩ウニです。“塩ウニ”とは、ウニの精巣や卵巣に塩を加えものです、「汐ウニ」または「ウニ塩辛」と表記される場合もあります。

“塩ウニ”で有名な名産地は、越前国(福井県)。「越前雲丹」で、ピンとくる人もいるのではないでしょうか。福井県以外にも北海道や三陸もウニ漁が盛んです。製造元によっては、ウニの種類や使う部位、加工方法が違います。ウニが好きな人は、食べ比べてみるのもいいですね。

からすみ

“からすみ”は、ボラの卵巣を塩漬けにし、天日で乾燥させたものです。中国・唐の時代の墨に形が似ていることから、そう名づけられました。生産地は、長崎県の肥前国。長崎県野母崎半島で漁獲されたボラを使用していたため、“長崎野母の唐墨”といわれることもあります。また、現在では外国産のボラも使われています。

このわた

“このわた”は、ナマコの腸を塩漬けにして熟成させたものです。伊勢湾や駿河湾の名産として知られていますが、愛知県だけではなく、石川県でも作られています。名前の由来は、このわたを将軍に献上したときに「このわたは、何のわただ?」と聞かれ、“このわた”といわれるようになりました。

これも珍味です

うるか

うるかは、鮎の塩辛にです。主な原料は胃袋、腸、肝臓。内臓に残っているものをきれいに掃除して、秋~冬にかけて3~4か月間漬け込みます。また、卵と白子で作ったものを子うるかといいます。うるかは、お酒の肴であり、ごはんの素であり、調味料でもあります。

くちこ

ナマコの卵巣を干したものがくちこです。くちこは“ばちこ”とも呼ばれ、能登穴水町の高級珍味です。なぜ高級なのでしょう。それは、1匹に入っている卵巣の量が少ないため、1枚のくちこを作るには30~50匹のナマコが必要だからです。
干しくちこ1枚の大きさは、手のひらぐらい。軽くあぶると風味が増します。三味線のばちに形が似ていることから“ばちこ”といわれるようになりました。

「珍味」と呼ばれる理由

珍味とは、珍しい味や滅多に味わえない味のことですが、お酒のおつまみによく出てくる乾物や燻製、漬物、塩辛も“珍味”と呼ばれていますよね。

日本の三大珍味は、その地域に昔から伝わる珍しい食材や昔は食べられていたけれども、食文化の変化によって、今ではあまり食べることがない食品です。滅多に食べることができないのですから高級食材にかわりはないのですが、世界三大珍味に比べると、リーズナブルですよ。

ちなみに世界三大珍味は?

「世界三大珍味は?」これはすぐに出てきますよね。世界三大珍味は、トリュフ・キャビア・フォアグラです。番外編としてそれぞれの特徴について少しお話します。

トリュフ

トリュフは、最高級のキノコのこと。黒トリュフと白トリュフの2種類があります。産地はフランスのプロヴァンス地方で、11月~3月までは毎週トリュフ市がおこなわれています。かつてフランスでは、トリュフ探しには豚が活躍していましたが、せっかく見つけた貴重なトリュフを豚が食べてしまうため、現在では訓練を受けた犬が活躍しています。

キャビア

キャビアは、チョウザメの卵を塩漬けしたもの。卵巣を取り出してもみほぐし、卵膜を除く粒の部分を塩漬けにし、熟成させています。キャビアにはロシア産やイラン産があります。日本でのキャビアの需要は多く、EU、米国、スイスに次いで、4番目の輸入国です。キャビアは、“黒いダイアモンド”とも呼ばれていますね。

フォアグラ

フォアグラは、強制的にたくさんの餌を与えられたカモやダチョウの肥大化した肝臓です。フランスでは特別な日のメニューです。フランス語で「Foie gras (フォア グラ)」。「フォア」は、肝臓。「グラ」は「肥大した、脂肪分が多い」という意味です。産地は、フランスの南西部とアルザス地方。世界で生産されるフォアグラの約8割近くがフランスで作られています。フランスの人って、フォアグラがとても好きなんですね。

三大珍味を食べてみよう

それでは、日本三大珍味を食べてみましょう。3つの味を楽しむならセットがおすすめです。からすみ1本、このわたの醤油漬け、バフンウニとガゼウニをブレンドした粒ウニが入っています。今度、お家でお酒を飲むときは、ぜひ三代珍味を味わいながらいかがですか?
▼通販で手軽に購入できます!
【送料無料】日本三大珍味セット

出典:楽天市場

【送料無料】日本三大珍味セット

¥5800

楽天市場で購入

ちょっと贅沢な時間を過ごしてみませんか

いかがでしたか?日本三大珍味は内臓を使用しているので、舌触りや味に好き嫌いはあると思いますが、お酒が好きな人にとってはたまらないでしょうね。日本酒を飲みながら、ゆっくり貴重な珍味を味わう。贅沢なひとときですよね。まだ、食べたことがない人は、話のネタに一度試してみてはどうでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

羊羹

今回ご紹介するのは、雅正庵から販売される「黒宝(栗羊羹バウム)」です。この商品は、なんと最上級素材の栗羊羹で包まれているという、斬新でぜいたくすぎるひと品。お祝い事などの贈り物に最適となっています。ぜひ一度、…

スイーツ 中華

新宿・小田急百貨店に節分の日に合わせた恵方巻が約100種類も大集合!今年は、海鮮を使用した豪華な恵方巻をはじめ、スイーツや、お肉、中華、サラダなど様々な種類がラインナップ♩あなたのお気に入りはどの恵方巻?

レシピ

これから夏に向けて旬を迎える「イサキ」は、お刺身や塩焼き、揚げたりするなど、どんな食べ方でもおいしく食べられます。淡白な味がいろいろな食材と合わせやすいのでしょう。今回は、イサキの持ち味を生かした人気のレシピ…

東京・世界のビール博物館に「世界三大珍味×飲み比べ」セットが登場します。キャビア、フォアグラ、トリュフそれぞれに合うプレミアムビールが楽しめる贅沢なセットは1日10食限定なので、気になる方はお早め…

大丸東京では期間限定で数多くの「恵方巻」がラインナップされます!その数なんと140種類以上!世界三大珍味が入ったものから、ハイブリットなものまで、個性あふれる恵方巻が盛りだくさん!ぜひ、チェックしてみてくださ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

おしゃれ まとめ

キッチンが狭いと料理も収納も面倒くさくなって適当に投げ出してしまいがちですが、ちょっとした工夫をするだけで簡単、かつオシャレにキッチングッズを収納することが出来るのです。ここではそんな簡単オシャレな収納法をま…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

まとめ

糖質や脂質のとりすぎを気にする方は多いと思いますが、たんぱく質のとりすぎにも注意が必要って知っていますか?気づかないうちにたんぱく質の多い食品やプロテイン飲料などでとりすぎに……。…

天ぷら 唐揚げ

「揚げ物に使う油は数回使いまわしたら捨てる」というのが一般的な認識ですが、なんできれいに処理をしていても何回も使う事はできないのでしょうか。油は加熱によって酸化していきます。そして酸化した油は私たちの身体に悪…