ローディング中

Loading...

韓国料理や中国料理などの辛い料理を作るときに大活躍する、コチュジャンと豆板醤。見た目が似ているので気軽に代用している読者もいるのではないでしょうか。今回は、コチュジャンと豆板醤の違いやレシピなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

コチュジャンと豆板醤はどう違うの?

コチュジャンと豆板醤。どちらもアジア発祥の辛い調味料で、色も質感もなんとなく似ていることから、中身は同じだと思っている方が多いのではないでしょうか。

似ているようで実は違う調味料のコチュジャンと豆板醤。それぞれの味の違いと使用方法、代用は可能かなど、詳しくご紹介します。

上手に使いこなせば料理のレパートリーも増える万能調味料なので、ぜひこの機会に覚えてくださいね。

コチュジャンとは

粉状の唐辛子と大豆麹、もち米粉から作られる韓国発祥の調味料。麦芽の上澄みでもち米粉を練り、唐辛子、大豆麹、塩を入れて、オンギという甕で発酵させて作られます。

唐辛子特有の辛さはありますが、大豆のたんぱく質から生まれるアミノ酸の旨みと、デンプン質が分解してできる甘みが調和したマイルドな辛みが特徴です。最近は、砂糖や水飴などで甘みが加えられたものも多く売られていますよ。

韓国料理にはかかせない調味料のひとつです。日本でいう醤油のように、韓国では日常的に使われています。

豆板醤とは

中国四川省が発祥の、辛みと塩気が強いのが特徴の調味料です。そら豆と唐辛子を発酵させて作ります。現在は辛い調味料として知れ渡っていますが、もともとはそら豆だけを発酵させたものだったのだとか。

四川省のように高温多湿な地域では、健康のために食欲を増進させ、発汗を促す辛いものを食べているため、麻婆豆腐に代表される四川料理には欠かせない調味料のひとつです。

加熱すると香りが増してさらにおいしくなるため、具材を炒めるまえに油とともに加熱すると味が引き立ちますよ。

コチュジャンと豆板醤の違いは?

気になるコチュジャンと豆板醤の違いは、どこにあるのでしょうか。どちらも唐辛子の辛みがあるのは共通していますが、辛さの中にも甘さがあるコチュジャンに比べて、豆板醤は辛みが強く甘さが少ないという違いがあります。

どちらが辛いの?

コチュジャンに使われている韓国産の唐辛子は、辛みがそこまで強くなく、甘みや旨みがあるのが特徴です。そのため、コチュジャンはまろやかな甘みが感じられます。

一方で豆板醤は、舌にのせた瞬間に辛みを感じます。そのうえ豆板醤は炒めることでさらに辛みと香りが立ちますので、強火であおるとむせ返り、目が痛くなるほどの辛さがあります。

この機会にぜひ食べ比べてみてくださいね。

代用はできるの?

これまで説明してきたように、コチュジャンと豆板醤は根本的なものが異なります。味も大きく異なるので、代用できないことはないですが、あまりおすすめしません。

しかし、他の調味料も混ぜながら代用すると、近い味を作ることはできそうですね。たとえばコチュジャンがない場合、豆板醤に甜麺醤を混ぜると若干近いものになります。

逆に豆板醤がないときに麻婆豆腐を作る場合、甘みやコクを出すために入れる甜麺醤の代わりにコチュジャンを使い、辛さは一味唐辛子などで調節するといった方法もありますが、やはり仕上がりはだいぶ違うものになってしまうようです。

コチュジャンも豆板醤もないときは

コチュジャンも豆板醤もあまり使わず、買うのがもったいないと感じる方もいるのではないでしょうか。どちらもなくても、他の調味料を合わせることで代用することが可能です。

コチュジャンは、味噌大さじ1、ごま油小さじ1/2、醤油小さじ1、砂糖小さじ1、一味唐辛子小さじ1を混ぜることで、近い味を再現できます。

豆板醤は、一味唐辛子小さじ1と1/2、味噌大さじ1、ごま油小さじ1、醤油小さじ1で代用することができます。自宅にないからといって諦めるのではなく、お手製コチュジャン、お手製豆板醤にもぜひ挑戦してみてくださいね。

コチュジャンと豆板醤のレシピ

鰹と新玉葱の旨辛コチュジャンあえ

三つ葉は根を落としてざく切りにし、青ネギはきざみます。新玉葱はうすくスライスし、お好みで水にさらして水分をしっかり切ります。鰹を切ります。ポン酢、コチュジャン、オイスターソース、醤油、はちみつ、ニンニク、しょうが、ごま油を混ぜます。その中に鰹と玉葱をいれて、和えます。三つ葉、青ネギ、すりごまをいれ、混ぜてできあがり。

きゅうりの豆板醤あえ

きゅうりは乱切りにして塩をまぶし、軽く揉んでしばらく置きます。しんなりしてきたら軽く水洗いし、よく水を切ります。豆板醤、ごま油、醤油、味の素、ゴマを合わせて、きゅうりに絡めましょう。20分ほど冷蔵庫に置いたら、できあがりです。

まとめ

コチュジャンと豆板醤の違い、いかがでしたか?

どちらも発酵調味料で、カプサイシンによる健康効果も期待できるので、上手く料理に取り入れて積極的にとりたいものです。また、料理とまではいかなくても、マヨネーズやポン酢などにちょい足しして気軽に使いこなせば、アレンジの幅も広がりますよ。

辛みが苦手な人や、お子さんのいるご家庭では加減しながら使ってくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大根

大根はクセがないので煮て良し、生で食べても良しの優秀野菜。でも、大根の甘い方って上と下どっちだかご存じですか?今回は、大根の甘い方の解説や部位ごとの特性、さらに使い分ける方法を詳しくまとめました。今日から大根…

うどん レシピ

お茶の間の主婦に大人気の「家事えもん」。毎回魅力的なレシピを公開してくれますが、今回のレシピは冷凍うどんを使ったひと品です。しかも火を使わないうえに、約8分でできる時短レシピなのだとか!これはさっそくチャレン…

レシピ

料理上手を語るのに欠かせない煮物。味のバランスが難しいですが、じつは調味料の黄金比があるんです!今回は、筑前煮から肉じゃが、おでんまで、煮物上手になるための黄金比率についてお話しします。これで今日から煮物マス…

レシピ

難しい火加減の調整は不要!炊飯器で簡単に作れる「新玉ねぎの肉詰め煮」のレシピをご紹介します。とろける新玉の食感と、やさしい甘み、ジューシーな肉汁にほっぺたが落ちそう!今しか食べられない、旬の食材をまるごと味わ…

鶏肉 大根 レシピ

「鶏大根のさっぱり煮」のレシピをご紹介します。皮目からこんがり焼いた鶏肉と大根、れんこんにしっかり味を染み込ませたひと品。お酢のきいた味付けで食欲が刺激されます。具材はどれもごろっとボリューミーで、お腹が満た…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 まとめ

みなさんご存知「伯方の塩」。もはや塩の代名詞といっても過言ではないぐらいの知名度ですよね。ところで、「伯方の塩」の原産地を知っていますか? 伯方でしょって? いやいや、違うんですよ。なんと生産地は意外すぎるあ…

チーズ レシピ おつまみ まとめ

皆さんのなかには、生粋のチーズ好きという人もいるのではないでしょうか?今回は、市販で売られている様々なチーズを「贅沢チーズ」に変える方法を紹介します。簡単でおいしいと話題のものばかりです♪

ドリンク お菓子 まとめ

紅茶にお酒を少し入れるとおいしいですよね。今回ご紹介する『紅茶リキュール』には香りと味が溶け込んで、お湯で出すのとは一味違った風味を味わえるんです!フレーバーが凝縮しているので、お菓子にもピッタリですよ♫

ワイン まとめ

最近、カルディ(KALDI)で販売されているワインが、ハイクオリティ&ローコストで話題になっています。今回はそのなかでも、おすすめしたいワインをまるっとご紹介。人気者ばかりなので、ワイン好きの方は要チェックで…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

アボカド フルーツ

皆大好き「アボカド」。 マグロと一緒に食べても、サラダに入れても、単体で食べても美味しい大人気食材です。しかも「森のバター」と呼ばれるほど栄養価も高く、健康、美容にいい成分が多く含まれ、しかも低カロリー。ま…

ステーキ 東京 ランチ

東京都墨田区は東あずまにあるステーキ店「ミスターデンジャー」は、その繁華街とはいえない立地にも関わらず、行列が絶えない人気店として有名です。地元の人に愛されている証拠ですね。 もちろん地元の人だけではありま…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...