ローディング中

Loading...

いらない保冷剤、どうやって捨てていますか?捨て方を間違えると、お金や手間がかかる事態にもなりかねないんですよ。今回は、保冷剤の捨て方をご紹介します。さらに、保冷剤を活用したインテリアグッズの作り方もお教えします!

保冷剤、どうやって捨ててる?

ケーキや冷凍商品を購入してから家に帰るまでや、お弁当を持っていくときに欠かせないのが「保冷剤」。ひんやりとした保冷剤は冷凍すれば何度でも使用することができる優れものです。

あの保冷剤は温度が上がることでプニプニした食感になったり、冷凍することでカチカチになったりしていきます。あの保冷剤の使い方や処分の方法をご存知でしょうか?保冷剤に使用されているのは、有害物質が大半を占めているので安易に捨ててしまうことは危険を招くのです。今回は、保冷剤についてもご紹介していきます。

保冷剤の中身って?

保冷剤は固めたりやわらかくなったりして、一度使用しても二度三度使用と長期間の使用もしていくことができます。保冷剤の中身は、高吸収性ポリマーが1%、水99%となります。高吸収性ポリマーは架橋構造を持つ親水性のポリマーで、自重の10倍以上の吸水力を持っているとされています。

この高吸収性ポリマーは触るだけでは害はないものの、誤って飲んだりしてしまうと大変です。高吸収性ポリマーが体内の水分を吸収してしまうため、胸や喉の痛みが出でくるのです。

それだけではありません。高吸収性ポリマーはエチレングリコールという有害物質も含んでいるのです。このエチレングリコールは過呼吸や腎不全といった原因を引き起こしていくのです。最悪の場合には、意識障害などを越したケースも過去にあるほど。保冷剤の誤飲は危険であるものの、誤飲した場合でも大丈夫なように、現在の保冷剤には含まれる高吸収性ポリマーは安全性の高いものを使用しています。

保冷剤の捨て方

可燃ゴミに出す

保冷剤の中身には高吸収性ポリマーが含まれています。捨てる際には、可燃ごみとして捨てることができます。捨てる際に注意すべき点としては、中身の高吸収性ポリマーを水道やトイレに流さないことです。高吸収性ポリマーを水気のある部分に流すことで、トイレや水道の水を吸収して、結果詰まる原因となってしまうのです。保冷剤を捨てる際はシンプルにそのまま可燃ごみとして捨ててください。

いらない保冷剤の活用方法

芳香剤

保冷剤は捨てるだけではなく再利用することもできるのです。その使用方法のひとつとして「芳香剤」としての再利用方法があります。
材料自体もシンプルで簡単に作ることができるので、捨てることなく再利用もしてみてください。

【材料】
保冷剤 3個
香料
容器

【作り方】
1. 保冷剤の中身(固体のものではなく、液体状のもの)をビンなど容器に移し変えます。
2. 香料を垂らしていき完成です。

作ること自体も簡単です。一度作った芳香剤は2週間ほど効果を発揮するので、匂いが気になる場所に置いてみてください。液体状で使用するため、子供や動物がこの液体を誤って飲んだりしないように手の届かない場所に置いておくことが重要です。

キャンドルスタンド

保冷剤の使い道は幅広くキャンドルスタンドとしての使い方もあるのです。
部屋に一つあるとオシャレで癒し効果抜群です。
作り方も非常に簡単で自宅にある材料でオリジナルのキャンドルスタンドを作ることができるのです。

【材料】

・保冷剤
・ロウソク
・器や小物(飾り付け用)

【作り方】
1. 器の中に保冷剤の中身のジュレを入れていきます。
2. 保冷剤の上にロウソクを立てて、周りを小物で飾り付けして完成です。

ロウソクのロウは、溶けて下に流れていくのですが、保冷剤のジュレがロウを吸収します。部屋の飾りつけのアクセントにぴったりですね!

園芸用

保冷剤の再利用方法として、切り花の固定に使うのもおすすめ。保冷剤に含まれているジュレを上手く活用することによってきれいな園芸用アイテムとして使用していくことができるのです。作り方も簡単なので、休みの日など時間があるときに是非試してみてください。

【材料】
・保冷剤
・容器

【作り方】
1. 保冷剤からジュレを取り出します。
2. 容器にジュレを移していきます。
3. ジュレの周りにお好みで園芸グッズを飾り付けていき完成です。

保冷剤のジュレをベースとして、花などを挿してみてください。ジュレで固定されて美しい見栄えを演出してくれます。

使用上の注意点

誤飲にはくれぐれも注意

保冷剤を使う際にはいくつかの注意点が存在します。手軽に使用していける分、注意点を抑えておく必要性があります。

まず保冷剤で注意すべき点は「誤飲」です。保冷剤には高吸収性ポリマーが含まれており、
この成分が誤飲した際に体内の水分を吸収してしまい喉などに詰まる原因となります。

また、一部の保冷剤には「エチレングリコール」という成分が含まれており、この成分は食べると中毒を起こしていきます。死亡事故が起こるほどの中毒でもあるため、保冷剤は間違っても口にすることのないようにしていく必要性があります。

保冷剤の扱いには注意して!

普段お弁当の中に入っている保冷剤。この保冷剤には有害物質が入っているものもあるとわかりました。現在では安全性の面から危険なものは大変少なくなっております。

また、保冷剤の中に含まれる高吸収性ポリマーのジュレは再利用していくことも可能ですので、上手く再利用してみてください。保冷剤ひとつにしてもその利便性は多くあります。自身の気にいる使い方をした後は、可燃ごみとして捨ててくださいね。

高吸収性ポリマーは水分を吸収するため、決して排水溝やトイレなどの水気のある部分に捨てないように注意してください。詰まる原因となっていきます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

牛肉 ステーキ ハンバーグ 肉料理 ローストビーフ まとめ

人気番組『ソレダメ』で紹介された「牛肉料理の新常識」は、もうご覧になりましたか?どうやら家庭で簡単にできる、プロのマル秘テクニックがたくさん紹介されたようですよ。今回は番組で紹介された内容から、意外と知らない…

まとめ

かぐわしいケンタッキーフライドチキンの香り、大好きだという方も多いでしょう。もしその香りが、キャンドルから漂ってきたら……もれなくお腹がすいちゃうかもしれませんね。今回は、海外で作…

おしゃれな人を中心にいま大注目されているアウトドアスタイル、「ベランピング」を知っていますか?グランピングを自宅でできるスタイルとして、海外でも大注目されているんです。今回は、そんなベランピングの方法や便利な…

レシピ

七草粥は1月7日に食べる習慣がありますが、それはどうしてかと考えたことはありますか?日本人なら知っておきたい七草粥の由来や歴史を改めて確認してみましょう。そしてこれを参考に、ぜひご家庭でも七草粥を作ってみてく…

100均に販売されているまな板やカッティングボードは、インテリアやトレイとして使うこともできます。塗装やシールを使うと、簡単にセンスの良いデザインにできるんですよ。今回は、100均のまな板を使ったDIYリメイ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つ…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

コーヒー まとめ

ほとんどの人が捨ててしまう「コーヒーかす」。しかしそんなコーヒーかすに虫除け効果があると、いま話題を集めています。夏になると虫対策に悩む方も多いのでは?普段捨てていたコーヒーかすが、そんな夏のお悩みを解決して…

レシピ まとめ

暑い夏を乗り切るため、“飲むサラダ”と呼ばれるスペインの冷製スープ「ガスパチョ」を作ってみませんか?よく冷やしたガスパチョは、食欲増進、疲労回復にも効果的です。作り方も簡単な上、さまざ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...