ローディング中

Loading...

皆さんは、古い油を上手に固める方法、ご存知ですか?簡単に処理するためには、この固め方が肝心です。今回は、油を固める便利商品はもちろんのこと、身近な代用品を使って固める方法まで、詳しく紹介していきたいと思います。

古い油の固め方、知ってる?

油を使う料理といえば、唐揚げ、天ぷら、豚カツ、コロッケ、春巻きといったように様々な料理がありますよね。普段からよく揚げ物をされる方もいらっしゃると思いますが、油を固めて捨てる簡単な方法、ご存じですか?

簡単に固められたり、捨てられたりする方法を知っていれば、揚げ物が面倒ということもなくなるかもしれません。今回は、使い終わった古い油の固め方や、スムーズな処理の仕方をご紹介します!

身近な代用品で油を固める!

片栗粉で固める方法

片栗粉で油を固める場合は、油と同じ分量の片栗粉を油がまだ温かいうちに入れます。必ず油が冷えてしまう前に行いましょう。そのまま冷ますとドロッとした固体になります。後は、ビニールに入れて捨てるだけ!小麦粉でも同様のやり方でできるので、片栗粉がないという時は、小麦粉を使ってみてくださいね。

油を捨てるタイミング

揚げ物に使う油は、使用回数は3〜4回が限度となっているようです。それ以上は使わず捨てるようにしましょう。

ちなみに油を長く使うには、使用する順番にコツがあるらしいのです!油を汚しにくい料理から始めて、さし油をしながら使うのがよいとされています。順番としては、素揚げ(野菜)→天ぷら(野菜〜魚介類)→フライやカツ、コロッケ→唐揚げなど下味がついたもの→炒め物がよいといわれています。

牡蠣や魚、鶏肉などは、素材の成分が油に溶け出しやすいので、二度目以降に揚げるのがよいでしょう。また、唐揚げとフライは、パン粉や小麦粉が沈みやすいため、油は汚れやすくなるので注意が必要です。
▼オリーブオイルでも揚げ物ができるって、ご存じですか?

油を固めるおすすめ商品

油を固めることができる商品、使っている人もいるかもしれませんね。簡単に手間なく使えるため、すっかり定着しています。どんなメリットがあるのか、ここでご紹介します。

固めるテンプル

http://macaro-ni.jp/41261

出典:www.amazon.co.jp

テンプル 油処理剤 固めるテンプル 10包入(1包当たり油600ml) 18g×10包

¥325

Amazonで購入
こちらは環境にやさしい廃油処理材です。植物成分のみを利用しているそうなので、安心して使えますね!揚げカスもそのまま固めてくれるので、後始末がとても簡単にできる点が嬉しいところ。油が冷えたら、鍋やフライパンからスルッと取れます。

使い方は、熱い油を処理する方法と冷めた油を処理する方法と2つあります。

熱い油を処理する場合は、コンロの火を止めて熱いうちに「固めるテンプル」を入れ、溶けるまでよくかき混ぜます。油を冷まして、約1時間経って油が固まったら剥がして、燃えるゴミとして捨てましょう。

冷えた油を処理する場合は、再度約80℃まで油を温めてから、熱い油を処理する方法と同じ手順で行います。「固めるテンプル」は火を消して熱いうちに使用するのがベストですので、料理の後、忘れずにすぐ行うのがよいかもしれませんね!そうすれば、温め直す必要もありませんよ。

固めずに捨てられる方法がある!

ここまで、油を固めて処理する方法をご紹介してきましたが、固めずに捨てられる方法もあるのですよ!ご紹介する方法はどれも簡単に行えるので、ぜひ試してみてくださいね。

ポリ袋に入れて捨てる

ポリ袋やレジ袋などに新聞紙・吸油性の良い紙を入れ、冷めた油をしみ込ませます。自然発火を避けるため、水も一緒に染み込ませることがポイントです。輪ゴム等で口をしっかりとめて燃えるゴミと一緒に捨てましょう。油を入れる前に、袋に穴が開いていないかきちんとチェックしてくださいね。袋を二重にすると、漏れ防止になりますよ!

牛乳パックに入れて捨てる

牛乳などの紙パックに新聞紙や使用済みの紙タオルなどを詰めて、冷めた油を染み込ませます。こちらもポリ袋の場合と同じく自然発火を避けるため、水も一緒に染み込ませてください。紙パックの口を粘着テープ等でしっかりとめて、燃えるゴミと一緒に捨てましょう
▼そういえば油の賞味期限って、どれくらい?

回収ボックスの利用がオススメ!

地方自治体などでは、家庭での廃油の回収を行っているところが多くあります。リサイクルをして新しいものへと生まれ変わっていくようですよ。

どのように活用するかというと、「バイオディーゼル燃料」になりゴミ収集車の燃料などに使われているのだそうです。「バイオディーゼル燃料」とは、植物性の廃食油を原料として精製された燃料です。ディーゼル車の軽油の代替燃料として使用することによって、大気汚染物質の削減や温室効果ガスの発生が抑制され、地球温暖化防止にも役立つとして注目されています。

地方自治体により設置場所が異なるので、お住まいの地域で確認をしてみてくださいね!捨て方なども様々なので、必ずお住まいの地方自治体の指示に従いましょう。

油を簡単に固めて、らくらく処理!

油の固め方から処理の方法まで、様々ご紹介してきましたが、試してみたいと思うものは見つかりましたか?簡単にできるとわかれば、油を使った料理に対して抵抗があった方でも、挑戦してみようかなという気持ちになったはずです。

地球にやさしい「エコ」という観点からも、回収ボックスを利用してリサイクルすることもできるので、そちらを活用してみることもよいかもしれません。処理が面倒という方にもこちらはとてもオススメですよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

食パン パン レシピ

食パンの「一斤」という単位をご存知ですか?普段は「枚」で数えることの多い食パンですが、パン屋さんでは「斤」や「本」で数えることがよくあります。食パンの「一斤」とは?カロリーは?さらに一斤丸ごと使ったレシピもご…

たまご まとめ

目玉焼きがパサパサにならず、トロトロの半熟に仕上がるコツをご存じですか?フライパンやレンジを使った上手な作り方のコツ、さらにバターを用いる方法など、誰でも簡単に半熟の目玉焼きを作れるコツをご紹介します。

カレー

家庭料理の定番料理、カレー。作りすぎて余ったカレーは冷凍保存こそ賢い!冷凍保存の上手な方法を覚えれば、常温や冷蔵よりもグンと日持ちします!今回は、カレーを冷凍保存する方法や保存期間について、また、解凍方法も併…

ハンバーグ レシピ まとめ

おいしく仕上がったハンバーグに付け合せをプラスするだけで、レストランで食べるような雰囲気が味わえます。定番のにんじん、じゃがいも、パスタは元より、その他の野菜、スープまで、ハンバーグにぴったりの付け合わせを一…

シュウマイや蒸しパン、さつまいもなど、蒸し器の上手な使い方ってご存じですか?蒸し器ってなんか面倒で難しそうと思われがちですが、コツさえつかめば簡単に使いこなせるのです。今回は蒸し器の基本的な使い方とポイントを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。最後に藤沢のお店も紹介していますよ。これで行…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

日本料理

新米ママが覚えておきたい赤ちゃんに関する伝統儀式は数多くあります。愛しいわが子の健やかな成長を祈るためにも、きちんと行いたいですよね。今回は、そんな儀式のひとつ「お食い初め」をご紹介します。やり方まで徹底的に…

和食

お料理は味はもちろん、見た目がおいしそうであることも大切。今回は「豆皿」と呼ばれる器を使って、豪華でかわいらしく盛りつけした「豆皿御膳」をご紹介します。思わず、自分好みの豆皿をコレクションしたくなってしまうか…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...