ローディング中

Loading...

滋賀県で発見された「日野菜」という伝統野菜をご存じですか?漬物にすることが多く、辛味と苦味のバランスがいいのでサラダや天ぷらにもぴったり!日野菜の基本的な漬け方、栽培方法、おすすめレシピなどをまとめました。

日野菜とは?

日野菜という野菜をご存知ですか?日野菜は、滋賀県蒲生郡日野町で室町時代に発見された伝統野菜で、カブの一種です。”あかな”とも呼ばれています。現在は九州から信越までの幅広い地域で栽培されてはいますが、主な産地は滋賀・京都・三重の辺りです。

見た目はほっそりとした大根のような風貌で、根の上の方は紫色をしています。茎や葉にも紫がまじるキレイな色の野菜です。

漬物にすることが多いのですが、辛味と苦味のバランスが良く、サラダや天ぷらなどにも向いています。

名前の由来

室町時代に偶然、日野の地で自生している野生菜を発見したのは、日野の領主だった蒲生貞秀公でした。この野生菜を漬物にしてみたところ、とても美しい色で上品な味わいだったことから、栽培し、京都の公家に献上しました。するとそこでも気に入られ、今度は後柏原天皇にも献上されることとなりました。

後柏原天皇もこの漬物の美しさとおいしさに魅せられ、こんな和歌が贈られたそうです。

『近江なる ひものの里の さくら漬 これぞ小春の しるしなるらん』 

それ以来、日野の地で発見された野生菜を日野菜と呼んで栽培されるようになり、日野菜の漬物は「さくら漬」という名で今なお親しまれています。

栽培方法

梅雨が明けたら、日野菜の種蒔きが始まります。種を播いてから50日程度で収穫を迎えるので、秋までに、何度も種を播いては収穫していきます。何度も種を播くことで収穫時期が長くなるのですが、いちばんおいしく食べられる旬の日野菜は、9月下旬に種を播いて、11月中旬ぐらいに収穫するものです。味もよく、色鮮やかなできばえになります。

日野菜といえば「漬物」

日野菜といえばやはり漬物ですね。日野菜を漬物にすると、パリッとした食感になり、独特の苦味はアクセントになっておいしい漬物に仕上がります。首の部分の赤紫色と葉の緑に混じった赤紫が白いカブの部分も桜色に染め、見た目にも美しいです。

桜色に染まったカブを輪切りにして上品に盛り付け、お酒のおつまみとしてもピッタリですし、葉の部分をみじん切りにして醤油を垂らし、炊き立ての白いご飯に乗せるのも最高です!

日野菜の基本の漬け方

材料

・日野菜…1㎏強
・灰汁抜き用塩…100g
・本漬け用塩…50g
・みりん…大さじ3杯
・酢…大さじ2杯

作り方

1. 日野菜をていねいに水洗いし、1日干してしっかりと水気をとる。
2. 根と葉を切り離し、根は短冊切りにし、葉は刻んで別々の容器に入れる。
3. 根は塩をふって軽くかき混ぜ、葉は塩もみして、灰汁抜きをする。
4. 根と葉それぞれに熱湯をかけたらすぐに水にとり、水洗いする。
5. 根に酢と塩をかけて混ぜ、葉には塩をかけて混ぜる。
6. 漬物容器に、根を下にし葉を上に乗せてしっかりとねじを締めて押さえ、漬け込む。
7. 4日くらいで漬かるので、取り出したら汁気を絞り、みりんで味を整えれば出来上がり!
コツ:お好みで酢をかけるときれいな桜色に!

保存の注意点

日野菜漬けを保存する際は、必ず冷蔵庫で保存してください。また、保存期間が長くなる場合は、水気を絞った状態で密閉袋に小分けし、冷凍庫で保存してください。

日野菜漬けのレシピ

日野菜の塩1本漬け

日野菜をシンプルに塩で1本漬けにします。塩の量は、日野菜の重量の3%です。よく洗って干した日野菜の根の部分を4等分くらいに裂いておくと漬かりやすいですね。ばね式の漬物容器に日野菜を入れながら塩を振り・・・を繰り返し、しっかり蓋をしたら待つだけ。2日目が食べごろです

日野菜と間引き菜の振り糠漬け

材料は日野菜と米糠と塩です。日野菜の根の太い部分は4つに切り込みを入れ、簡易漬物容器に日野菜、塩、糠を交互に入れたらしっかりばねの圧をかけます。2日待てば出来上がりです。

日野菜のゆず胡椒和え

日野菜は皮ごと乱切りにし、茎の紫部分は刻みます。塩をまぶして30分程度置いたら水気をきり、ゆず胡椒を全体に合えればできあがりです。

日野菜漬とチーズのおつまみ

輪切りの日野菜漬けと、小さくカットしたチーズを爪楊枝で刺すだけでできあがりです。

日野菜のチャーハン

牛肉は小さく切り、日野菜漬けは1cm角に、葉っぱはみじん切りにします。卵をほぐしたらフライパンにサラダ油を入れ、軽く炒って器に取り出しておきます。葉ねぎと生姜を炒め、香りが出てきたら牛肉と日野菜漬けを入れ、卵とご飯を加えて炒めます。味を調えたら完成です。

おいしくて見た目もキレイ!

さて、日野菜という野菜をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?もともとは自生していた菜っぱだったということにも驚きましたが、こんなおいしいものを見つけてくれた日野の領主にありがとうと言いたいです。

カブなのに細長くて、キレイな紫色をした日野菜。手軽に漬物にすることができますし、色がきれいなので食卓が映えますね。ぜひ召し上がってみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ラムとマトンといえば、どちらも羊のお肉のことを指します。しかし、そのふたつは一体どこが違うのかご存知でしょうか?同じ羊のお肉でも、ラムとマトンでは味や栄養素に違いがあるのです。今回はその違いについてご紹介しま…

レシピ 和食 まとめ

酢の物はきゅうりとわかめの定番だけでなく、さまざまな食材で作ることができます。最近では調味済みの酢も販売されていますので、少し味を足すだけで食べやすい酢の物に仕上がります。今回は、和・洋・中、いろんな酢の物の…

白菜

「白菜」という字を見るとハクサイと読む方が多いと思いますが、実は違う読み方で別の野菜があることをご存知でしょうか?それは「シロ菜」。一体どんな野菜なのでしょう。含む栄養や旬、おいしい食べ方など一挙ご紹介します。

レシピ 調味料 和食

「白醤油」という醤油があるのをご存知ですか?愛知県が発祥で、大豆ではなく小麦で作る、透明感のある美しいお醤油なんですよ。今回は「薄口醤油」との違いや、白醤油を使用したレシピ、おすすめの商品まで、詳しくご紹介し…

ほうれん草 レシピ

ほうれん草を買ったら下茹でする。これはわりと常識だと思います。ただ、面倒なんですよね……。そこで覚えてほしいのが、電子レンジを使って下処理する方法。これまで調理にかけた時間がなんだ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ハワイアン おしゃれ まとめ

ハワイに行きたいけど行けない!そんなときはハワイアンなご飯で気分を味わってみませんか?簡単だけど雰囲気はたっぷりのレシピを紹介します。

寿司 まとめ アレンジレシピ

キャラクターや動物を模した巻き寿司「デコずし」がとてもかわいかったのでご紹介します!キャラ弁ブームの影で密かに各家庭で作られていた「デコずし」はお弁当や節分の恵方巻きにもピッタリ♫厳選した「10」個のアイデア…

サラダ レシピ まとめ

ご飯、味噌汁、おかず、サラダ…。毎日毎日考えていたらネタが尽きてしまいませんか?特に主婦の方は強く共感していただけるのでは?たまには手抜きしてサラダとおかず一緒にしちゃいませんか?ボリュームのあ…

レシピ お菓子 じゃがいも まとめ

トルネードポテトをいう言葉を聞いた事がありますか?大抵ポテトを想像すると細長いポテトを想像する方がほとんどかと思います。いやいや今はそればかりではありませんよ!では一体トルネードポテトとはどの様なものなのでし…

レシピ まとめ

タモリさんと言えば、「笑っていいとも」を長年帯番組として司会を務め、ギネスブックに記録を残すほどのすごい人ですが、お料理の腕も絶品。さてそんなタモリさんのレシピを再現している方がやっぱりたくさんいらっしゃるみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

みなさん「穀物ミルク」をご存知ですか?第4のミルクとも呼ばれ、牛乳の約150倍のビタミンB1を含むんだとか!そんな栄養素たっぷり、話題のスーパーフード「穀物ミルク」の特徴や効能を紹介します。毎日の生活に取り入…

表参道 アサイー

表参道駅を降りてすぐのとこにあるのが「amankula TOKYO(アマンクラ東京)」があります。今年流行ったスーパーフードを使ったメニューがたくさんあります。女子力の高い貴方なら気にならない訳がない素敵なお…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...